活動レポート

幾田りらさんの新曲「ヒカリ」が12月25日(金)にリリース! 楽曲を使用したドキュメンタリームービーに、共感や称賛の声がたくさん集まり話題に!

このエントリーをはてなブックマークに追加

   

2020.12.26 17:00更新

半数近くの人が、「マスクをしていると表情を読みにくくなった」と回答。

コロナ禍、マスクによって表情が伝わらない社会不満が顕在化。

時折訪れる、マスクを外した瞬間の喜びを増やしたい

「会ったことあるのに、はじめまして。」プロジェクト

「YOASOBI」のボーカルikuraとしても活動する幾田りらさんがオリジナル楽曲を書き下ろしたドキュメンタリームービーも配信中。

特設サイト:https://www.isehangroup.jp/kissmeproject/lipshield

ドキュメンタリームービー:https://youtu.be/rAT0gwDSl8M


伊勢半「KISSME」 は、12月7日(月)より時折訪れる、マスクを外した瞬間の喜びを増やしたい「会ったことあるのに、はじめまして。」プロジェクトを開始。
新人として異例のヒットを見せ、若い世代から圧倒的支持を得る音楽ユニット 「YOASOBI」のボーカルikuraとしても活動する幾田りらさんが、このプロジェクトに共感したことから、プロジェクトのためにたオリジナル楽曲「ヒカリ」書き下ろし。楽曲を使用したドキュメンタリームービーに、称賛や共感の声が集まっています。



2020年新型コロナウイルス感染症拡大に伴いマスク着用が定着している中、マスクによって表情が伝わらない社会不満が顕在化しつつあります。株式会社伊勢半が20代~50代の女性を対象に実施した「ニューノーマル時代のリップメイク」調査によると、「ここ半年のマスクコミュニケーションにまつわる困ったこと」の上位に「相手の表情が読みにくくなった」があがるなど、多くの人がマスク着用によって、コミュニケーションに支障を感じていることが浮き彫りとなりました。「KISSME」は、そういった社会的背景を踏まえ、口元がコミュニケーションに果たす役割の大きさに注目。“時折訪れる、マスクをとった瞬間”にも笑顔で自分らしくいてほしいという想いのもと、「会ったことあるのに、はじめまして。」プロジェクトを開始いたしました。


■「会ったことあるのに、はじめまして。展」

「会ったことあるのに、はじめまして。展」ステートメント



■「会ったことあるのに、はじめまして。」ドキュメンタリームービー

年齢も職業も違う4組が、マスクを外した素顔を見たい人のもとへいく様子をドキュメンタリームービーに。「YOASOBI」のボーカルikuraとしても活動する幾田りらさんが「会う」をテーマに、新曲「ヒカリ」を書き下ろしました。

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、撮影ではフィジカルディスタンスをとり、接触を避ける配慮をしています。


URL: https://youtu.be/rAT0gwDSl8M


■幾田りらさん書き下ろしオリジナル楽曲「ヒカリ」

ドキュメンタリームービーには、2020年大ヒット音楽ユニット「YOASOBI」のボーカルikuraと しても活動する幾田りらさんによるオリジナル楽曲「ヒカリ」が使用されています。今回の企画展に共感した幾田りらさんによる書き下ろしの歌詞が、ムービー内の世界観を一層盛り上げます。


幾田りらさんコメント

Q.書き下ろされた楽曲に、どんな想いを込められましたか?

幾田さん:このお話を頂いて、「会うこと」について改めて考えている中で、浮かんできた友人がいました。中学生からの同級生で、彼女は女優、私は歌手というそれぞれの夢を語り合い、そして支え合いながら夢を追ってきました。そして月日が経って、 先日初めて仕事で一緒になることが出来、お互いがあの時の夢を叶えた姿で再会しました。会えない間にも彼女の存在は私の行く道を照らす「ヒカリ」になり続けてきたこと、これから更に夢を叶えていく先で“また会いたい”と願うこと、そんな気持ちを楽曲に込めました。


Q.書き下ろされた楽曲の、聞いて欲しいポイントを教えてください。

幾田さん:歌詞です。私自身の経験をもとに書いているのですが、きっと皆さんの学生時代とも重なる部分があるのではないかと思っています。仲のいい友達と話す帰り道は、時間がいくらあっても足りなくて、このまま時が止まってしまえー!と思っていたこと、ずっと離れていた友達と久しぶりに会った時、表情や口癖、仕草が昔のままでほっとしたり、会えずにいた時間や距離感がぎゅっと縮まって温かい気持ちになったりすること、皆さんの色んな経験と重ねて聞いて欲しいです。


Q.2020年は幾田さん自身にとって、多くの出会いがあった一年だったと思います。 幾田さん自身が「会ったことあるのに、はじめまして。」な方はいらっしゃいますか?

幾田さん:お世話になっているヘアメイクさんとスタイリストさんです。初めて会ったタイミングではもうマスクが必須なご時世になっていたので、マスクの下を見たことがなかったのですが、先日一緒にお弁当を食べた時、初めてお二方のお顔を見ながらお話しをして、「こんな素顔をしていた方なんだ!」と心の中で感動していました。


【リリース情報】

2020年12月25日(金)配信リリース

幾田りら「ヒカリ」

KISSME主催 「会ったことあるのに、はじめまして。」プロジェクト書き下ろしソング


  • 答えてサクッとポイントゲット!モニターアンケート募集中
  • JOL原宿
  • ティーンズラボ
  • プレスリリース