活動レポート

LINE LIVEイベント『大人気 3人組YouTuber “さんこいち”があなたをプロデュース!』1位の“とーま”さん×さんこいちの対談インタビュー!

このエントリーをはてなブックマークに追加

   

2020.10.12 17:00更新

先日、LINE LIVEで開催された『大人気 3人組YouTuber “さんこいち”があなたをプロデュース!』イベントで見事1位に輝いた”とーま”さん。


イベントの特典として、とーまさんのYouTubeチャンネルを大人気3人組のYouTuber“さんこいち”がプロデュース&ゲスト出演。
今回マイナビティーンズでは、イベントを経て初共演を果たした2組の対談の様子をご紹介します!


さんこいち:LINE LIVEの優勝おめでとうございます。


とーま:ありがとうございます。


ほりえ:今回対談ということなんですけど、イベントはどんな気持ちで臨んだんですか?


とーま:そもそもLINE LIVE は、活動の幅を広げたいという思いで始めたんですけど、いろんな媒体とかで登録者数を増やす施策や企画がある中で、影響力があってインフルエンサーとしても活躍されているさんこいちさんのイベントがLINE LIVEで実施されると聞いて、他のイベントなどをやらず今回のイベントに挑みました。


ほりえ:YouTubeを始めて今どのくらいなんですか?


とーま:2年くらいですね。


やっぴ:え!もうそんな経つんですね!僕は始めた頃から、共通の知り合いからお勧めされて、動画拝見してました!


ほりえ:YouTubeを始めたきっかけってなんだったんですか?


とーま:ウチの従業員がYouTubeやっていて、その従業員が「YouTubeすごい大変なんだよね」っていう話をしていて、自分も経験してみたいなと思って、仲良い友達と一緒に始めたというのがきっかけでした。



古川:私たちは、まだYouTubeが今ほど流行っていない頃にりっくんが目をつけて誘ってくれて「なにそれ?」っていう感じで始めたよね。


ほりえ:始めた頃はYouTubeが主流じゃなかったし、大御所さんたちはいたものの、僕たちは炎上しそうなことをしてまで目立つことはやりたくないという気持ちもあったし、当時2人には嫌嫌やってもらってました(笑)


とーま:ほりえさんは、なんでYouTubeやりたいなと思ったんですか?


ほりえ:元々みんな読モだったんですけど、読モ文化が終わりかけていたし、古川なんかは大阪帰るって言ってたよね?


古川:うん、大阪で就職しようとしてた。


ほりえ:それでも、最後だと思って「3人でやってみよう!絶対当たるから!」と、誘いました。



とーま:思い出づくりという思いも?


ほりえ:それは考えてなかったです(笑)


古川:元々遊びの延長線上で動画撮る事も多かったし、遊び感覚で始めましたね。


とーま:「さんこいち」の名前の由来も、適当な決め方だったと聞いてますし、始めるきっかけはそんなものですよね。


ほりえ:さんこいちじゃなかったら、どんな名前になってただろう?


古川:確かに…。


とーま:結局、「さんこいち」にしようと決めた理由はなんだったんですか?


やっぴ:読モ時代からグループラインの名前が「さんこいち」だったんですけど、

当時の事務所にも、勝手に僕らを「さんこいち」として認識していて、YouTubeでのグループ名もそのままさんこいちになりました。


とーま:じゃあ、「さんこいち」での活動は自分たち発信というよりかは、既に周りに「さんこいち」が浸透していたというか。


古川:当時「2こ1」とか流行ってたので、その流れで。


やっぴ:プリクラの落書きとかでよく描いてたよね〜。


ほりえ:もう7年くらい経つもんね。


古川:3人だから「さんこいち」って安直に決めちゃったので、そのあとの3人組は使いにくくなったと思う(笑)


ほりえ:さんこいち、取っちゃったね(笑)


ほりえ:ところで、現在のYouTube活動についてなんですけど、2年やってみて何か困ってることはありますか?


とーま:僕はLGBTの方にちょっとでも助けになればと思い、YouTubeを通して活動していて、

TVで見るような方は女装されてたりする方多いと思うんですが、見た目は普通の男である自分がゲイとして出ることで身近に感じていただけるようセクシャリティを出して活動しているのですが、ゲイ=面白いというイメージがついてしまっているので企画やトークに期待されちゃうというか、ハードルが上がってしまっているなと…。



ほりえ:僕が思うに、YouTubeって登場人物を増やすことが大切なのかなと思っていて、

やっぴもそうなんですけど、好きな人とコラボをすると物語が広がっていくので良いのかなと思います。


古川:私は”人間らしさ”をあえて出すようにしていて、女の子特有の悩みだったり、弱い部分だったりを見せるとすごく共感を得るので、ハードルを上げすぎてしんどくなるよりか、肩の力を抜いてとーまさんの中身の話をする機会があってもいいのかなと思いました。


やっぴ:僕も1年目の時は、2人が普通な分、オネエキャラを確立させてボケに徹していたんですが、4年目ともなると落ち着かないとしんどくなるから、自分を守るようになりました。キャラ的に、飲みの席でも盛り上げ役になりがちなんですけど、楽しい時はハイテンションで、そうじゃない時は落ち着いていたり、動画ではありのままの自分を出すことで僕は楽になりました。


古川:私たちも楽しくないと続かないし、自分たちが楽しいなと思ってる企画が好評だったりするので、プレッシャーを感じずにできる企画が一番良いのかなと思います。


やっぴ:あとキャラを作っても嘘くさくなるし、偽りの姿だとファンの子達にも応援してもらえないから、取り繕わずにしていた方が見てくれる人が増えたなって感じがします。


とーま:日常を切り取ったような動画のが人気があるんですね。


やっぴ:さんこいちのポリシーは「無理をしない」なので!


古川:好きなことだけやってますね(笑)その延長線上に、企画があるというか…。




とーま:でも、その企画を考えるのって難しいですよね…。


古川:対談の前にとーまさんの動画見させて頂いたんですけど、編集とか企画とか正直いうことないなって思いましたけど…。


やっぴ:LGBTカテゴリのチャンネルも結構増えたから、新しいことしなきゃなって焦りも出てきますよね…。


とーま:そうなんですよね…。かなり濃いキャラの方もいますし…。


古川:振り切ってキャラを作れるなら、そういうやり方もあるのかなと思うんですけど、

私なら絶対しんどくなっちゃうので、日常の中で素を出して共感してもらえる方がいいのかなと思いますね。


とーま:いざ動画を撮ろうとカメラをセッティングすると、何を撮ろうってなっちゃうんですよね…。


ほりえ:それでいうと、この2人は天才なんですよ。古川なんて、何をしてるわけでもないのに魅せれる才能があって。

それができる人はVlogとかが人気だったり、逆に作り込まれた企画を撮れる人もいて、今のYouTubeはそれぞれが両極端に伸びているなという印象があります。


やっぴ:それでいうと、とーまさんは「企画」な気がする。


古川:確かに物語がある方が、ドラマみたいにワクワクする次回予告作れる人が今人気あるなと思うので。


とーま:ドラマか…難しそうですね…。


ほりえ:ドラマってガチガチに作り込まれた台本を読むみたいなことじゃなくて、

大まかに起承転結を考えて、この先どうなるんだろうって視聴者さんに思ってもらえるような動画を作ることが大切だと思いますね。


ほりえ:今後の活動についてはどうでしょうか?


とーま:今回色々アドバイスいただいた中で、ドラマやりたいなって思いました!ストーリー性のある企画をやってみたいなと。


古川:いつでも出るんで呼んでください(笑)


ほりえ:ということで、僕たちのコラボ動画もYouTubeアップしているので、ぜひみてください!




\コラボ動画はコチラ/

https://www.youtube.com/watch?v=pAVCcDKDtDA



  • 答えてサクッとポイントゲット!モニターアンケート募集中
  • JOL原宿
  • ティーンズラボ
  • プレスリリース

Ranking