活動レポート

映画『一度死んでみた』の完成披露ミサにティーンズライターが潜入レポート!

このエントリーをはてなブックマークに追加

   

2020.2.24 22:00更新

映画『一度死んでみた』の完成披露ミサが開催されました!ティーンズライターがミサの様子をレポートします!



今回、完成披露ミサということでステージ上には怪しげな棺桶が…。

イベントがスタートすると、なんとその棺桶から豪華キャスト陣が登場!会場から黄色い歓声が上がっていました!




キャストのみなさんから会場のお客さんに向けて一言あいさつ。


まず最初に、反抗期こじらせ女子七瀬を演じた広瀬すずさん



広瀬すず(以下・広瀬):「皆さんこんばんは。今日は完成披露ミサにお越しいただきありがとうございます。撮影が1年半前だったので、やっとこの舞台に皆さまの前に立つことができてとても嬉しく思います。今日は短い時間ですがよろしくお願いします」


ーまさかの棺桶からの登場ということでしたが、どんなご気分ですか?


広瀬:「なんとも言えないご気分でした(笑)。いつ出ていいのかなとか、変な緊張がずっとあってドキドキしていました」


七瀬と行動を共にする存在感ゼロのゴースト社員松岡を演じた吉沢亮さん



吉沢亮(以下・吉沢):「本日は完成披露ミサにお越しいただきありがとうございます。松岡を演じさせていただきました吉沢亮です。最後まで楽しんでいってください、よろしくお願いします」


―棺桶からお客さんの前に出られましたが。


吉沢:「なかなか無い演出ですよね。セットも凝った感じで、お祭り感というか、この映画にぴったりな演出だなと思いました」


七瀬の父で科学オタクの変人社長・計を演じた堤真一さん



堤真一(以下・堤):「本日はコロナウイルスが蔓延する中、多少なりとも微熱のある方はおかえりください(笑)。今日は楽しんでいってください」


―堤さんは劇中で棺桶の中に入られているシーンもありましたが、久々の棺桶いかがでしたでしょうか?


堤:「寝っ転がってないと棺桶感はないです(笑)」


あの世への案内人・火野を演じたリリー・フランキーさん



リリー・フランキー(以下・リリー):「やっとこの映画を皆さんに見ていただけるということで、この完成披露でまだ登場する前からこんなに盛り上がっているのはすごく珍しいなと思って。出たら全員マスクしているという。こんなにマスクしている人たちが盛り上がっているのも中々見れないなと思います。皆さまいろいろあるところをお越しいただきありがとうございます」


計の秘書・渡部を演じた小澤征悦さん



小澤征悦(以下・小澤):「最初にこの台本を読んだ時にすごく面白くて、完成したものを観た時に本当に疾走感のある、スピード感のある映画になっているなと思いました。ぜひ楽しんでいってください」


野畑製薬とはライバル関係にあるワトソン製薬の田辺を演じた嶋田久作さん



嶋田久作(以下・嶋田さん):「わざわざこの時期に足をお運びくださってありがとうございます。どうせですから映画を観ている間はとことん楽しんでいってください。そして気をつけて帰ってください」


七瀬の母であり計の妻・野畑百合子を演じた木村多江さん


 


木村多江(以下・木村):「皆さま本当に大変な時にここまで来てくださって、ありがとうございます。後悔させない映画になっていると思います。めいっぱい楽しんで今日は帰っていただきたいと思います」


野畑製薬の研究員・じいさんこと藤井さんを演じた松田翔太さん



松田翔太(以下・松田):「藤井さんやりました、松田です。今日は桃太郎とは違う現場で浜崎さんといるのは不思議な気持ちです。お祭りみたいな映画になったので、楽しんでいってください」


本作のメガホンをとった浜崎慎治監督



浜崎慎治監督(以下・監督):「今回初監督をやらせていただいて、すごいメンバーだなって思ってます。このメンバーでCM一本とるといくらくらいかかるのかなっていう…(笑)。ものすごいメンバーでできたことは嬉しいですね。今ってオリジナル作品が少ないと言われていて、そこを打破すべく澤本さんのオリジナル脚本で、チャレンジ的な作品だと思っているので、皆さまよろしくお願いします」


広瀬「(七瀬は)自分の中にあるやさぐれ精神がバーンと出た感じ」

吉沢「(松岡は)内面的な部分はほぼ役作りしていない」




―広瀬さんはコメディ初挑戦ということで、今回の役作りはどのようなところを意識されましたか?


広瀬:「一回現場に行ってみないと皆さんの役の感じも全然わからなかったので、とりあえず攻撃的に行こうと心に決めて、お父さんへの反抗がとても強いっていうのをとにかく意識することくらいしか準備ができなかったです」


―七瀬という役柄とご自身で似ているなという部分はありましたか?


広瀬:「私の中にあるやさぐれ精神がパーンと出た感じで、気持ちよく発散する感覚でセリフが出るようになりました。気持ちよかったなと思います」


―吉沢さんは今回存在感がなさすぎる役ということで、イケメンオーラを完全に封印してもらったんだと(監督が)話しておりましたが、どのように存在感を消す役作りされましたか?


吉沢:「前髪を伸ばして目を隠したり、姿勢をすごく悪くしたり、メガネなどで表面的なものは作りました。内面的な部分でいうとほぼ役作りしてないというか、僕自身めちゃくちゃ根暗なので、素の吉沢亮でやってました。スンと入りましたね」


―噂だと現場でも存在感のなさを発揮されていたみたいですけど


吉沢:「基本気づかれないから、いるのに”吉沢さん待ちです”みたいな空気が流れることがたまにありました」


―堤さんは今回娘の七瀬に「くさい」や「一度死んでくれ」と罵られる場面も多かったと思うのですが、役柄とはいえ多少堪えた部分はありましたか?


堤:「多少というか、僕娘いるんですけど、いずれ言われるだろうなって。いいシミュレーション…。怒らない、傷つかないという気持ちになりました」


―広瀬さんの七瀬の反抗ぶりというのはいかがでしたか?


堤:「お仕事ご一緒するのが初めてだったんですけど、本当にそういう音楽が好きな子だと思っていたので、ちょっと怖かったですね」


広瀬:「なかなか堤さんと距離が掴めないなって思っていたのはそこだったのかなと思いました」


堤:「でもおじさん普通に堪えていたのかもしれない(笑)」


一生のうちに一度はしてみたいこと

広瀬:「リリーさんとラジオ」

吉沢:「ウユニ塩湖を見たい」




—映画タイトル『一度死んでみた』にちなんで、皆さんが一生のうちに”一度”してみたいことは?


広瀬:「リリーさんとラジオ!食べ歩きラジオをしてみたいです」


リリー:「それは伝わりにくいんじゃないか?(笑)」


広瀬:「食べ歩きはやめます(笑)なんかリリーさんいろんなお店に詳しいというイメージがあるので、お店や食べ物を教えてもらいながらラジオをしたいです」


―リリーさんどんなお店教えてくれると思います?


堤:「ラジオの話でしょ?(笑)」


広瀬:「前にラジオでご一緒した時に面白くて、これが続けばいいなと思っていたので考えて、リリーさんとラジオだって思って」


―吉沢さんは?


吉沢:「純粋にウユニ塩湖を見てみたいです。写真でしかみたことないので、リアルにみたらどうなんだろうって気になりますね」


―ウユニ塩湖行ったらなにをされたいですか?


吉沢:「なにをしたい(笑)。何をする場所なんですか…?何かしらをします!(笑)」


小澤:「舐めるのかな?」


吉沢:「塩を舐めます(笑)」


―堤さんは?


堤:「一度木を切り倒してみたい…」


―それは森の中の斧を使って?


堤:「一回本当の木を切りたいなと思って、チェーンソーも買ってしまいまして。そのチェーンソーのパワー的には普通の木を切るには弱いので、いつの日か木を倒したい」


―リリーさんは?


リリー:「さっきからずっと考えてたんですけど、広瀬さんからラジオをやりたいと言っていただいて、共演したことは何度かあるんですけど、いつも近所の変なおじさんとか、よくてお父さんなんです。だから共演してー度だけでもすずに壁ドンしたいなと思います。あともう一つ思いついたのが、浜崎さんが僕と堤さんでずっとやってくださった”ヒノノニトン”を死ぬ前に復活させたいです」


監督:「やりましょうよ!」


―広瀬さんまさかの壁ドンというコールが返ってきましたけど。


広瀬:「ラジオでそのドンを聞かせましょう」


―小澤さんは?


小澤:「昔から思っていることなんですけど、変に捉えてもらいたくないんですけど。船で世界一周旅行してみたいなって。今はちょっとなんとなく…今はね(笑)。もう一個考えたことがあって、映画監督になって広瀬すずちゃん主演でリリーさんに壁ドンしてもらうというのが僕の夢ですから」


―それはどういうジャンルに…?


小澤:「それはもうアドベンチャーですよ」


リリー:「俺が言っているのはアドベンチャーのドンじゃないよ?」


小澤:「そっちじゃないのか、じゃあラブコメ的なやつですね」


―嶋田さんは?


嶋田さん:「今までそういう発想がなかったので、びっくりして考えつかないんですけど。お釈迦様じゃないですけど、死水じゃなくて本当に死ぬまでに美味しい水を一杯飲んでみたいですね(笑)」


―木村さんは?


木村:「なんかみんなスケールが大きかったり、深い話だったりするんですけど。私らっきょうが苦手で、でも死ぬまでにらっきょうを愛してあげたいなと思います。頑張って私は好き嫌いがなにもないって言えるようになりたいです」


―松田さんは?


松田:「考えてたら真面目になっちゃうんで、浜崎さんの次回作で壁ドンしてみたいです」


監督:「ありがたいですね」


最後に広瀬さんから締めの挨拶


広瀬:「この作品は本当に笑って泣けるハートフルSFコメディになっています。いっぱい笑って、最後ほろっとするようなシーンもありますので、ぜひ楽しんで笑ってもらえたら嬉しいなと思います。楽しんでください、本日はありがとうございました」


映画『一度死んでみた』は3月20日(金)公開デス!

笑って泣ける最高の映画デス!ぜひ春休みに友達を誘って劇場に足を運んで観てください!


広瀬すず 吉沢亮 堤真一

     リリー・フランキー 小澤征悦 嶋田久作 木村多江 松田翔太

     加藤諒 でんでん/柄本時生 前野朋哉 清水伸 西野七瀬

     城田優 原日出子 真壁刀義 本間朋晃/野口聡一(JAXA宇宙飛行士)

     佐藤健/池田エライザ 志尊淳/古田新太 大友康平 竹中直人 妻夫木聡

脚本:澤本嘉光 監督:浜崎慎治  音楽:ヒャダイン

配給:松竹    製作:松竹 フジテレビ 


『一度死んでみた』3月20日(金・祝)ROADSHOWデス

©2020 松竹 フジテレビジョン


  • 答えてサクッとポイントゲット!モニターアンケート募集中
  • JOL原宿
  • ティーンズラボ

Ranking