活動レポート

なにわ男子の大橋和也さん、藤原丈一郎さん、Aぇ!groupの末澤誠也さん、草間リチャード敬太さんが出演する舞台『青木さん家の奥さん』のゲネプロ&囲み取材をレポ―ト!

このエントリーをはてなブックマークに追加

   

2020.1.23 11:30更新

1月22日、関西ジャニーズJr.内のユニット・なにわ男子の大橋和也さん、藤原丈一郎さん、Aぇ!groupの末澤誠也さん、草間リチャード敬太さんが出演する舞台『青木さん家の奥さん』が初日を迎えました。基本設定以外は、役者たちのアドリブで構成される本作。2002年にはバラエティ番組『少年タイヤ』内で嵐の大野智さん、相葉雅紀さん、櫻井翔さんの3人が、2003年には舞台上演で大野さんと関ジャニ∞の横山裕さんがこの作品に挑んでいます。


この即興劇の金字塔的作品に、先日京セラドーム公演を成功させた関西ジャニーズJr.から演技者4人が出演。演出にはこの作品への思い入れを持つ横山裕さんが携わり、抱腹絶倒のアドリブバトルを繰り広げます。


以下、1月22日(水)に実施されたゲネプロ後の囲み取材の模様を一部お届けします!



撮影/阿部章仁


―ゲネプロを終えて、いかがですか?


末澤誠也(以下・末澤):どうですか? みなさん?


藤原丈一郎(以下・藤原):そっち側ちゃうん?(笑)


大橋和也(以下・大橋):いいやん、言うたらええやん!


末澤:アドリブがほとんどなので、そこを僕らも楽しみながら、観ている人たちにも、どこからがアドリブで、どこが台詞なのかっていうのを楽しんでもらいながら、観てもらえたらなとは思いますね。


―今日、チラッと演出の横山裕さんがいらっしゃっていました。


藤原:今日来れへんって。


末澤:来れへんって言うてたましたよ!今日。


藤原:横山くん、そういうところあるねん!


大橋:サプライズでな。


草間リチャード敬太(以下・草間):始まるほんま直前に、電話かかってきて。


藤原:「電話してきて〜」ってマネージャーさん経由で(連絡が)きて、俺、電話したんですよ。一言目「誰?」って言われたんですよ(笑)。(番号が)登録されてなかったんですよ、どう思います? それで、昨日通しをしたので、そのときに言えなかったことをアドバイスしてもらって、最後「お前ら、自信持って頑張れよ」って言ってくれました。


―昨日は、なんと言われたんですか?


大橋:昨日はそうですね、お年玉をもらいました。


末澤:まずそれなん?(笑)


藤原:いっぱいあるやん、「もうちょっとああしたほうがいいよ」とか、アドバイスが(笑)。


大橋:あの本番直前で、変わりましたね。最後のセリフとか。


末澤:丈(藤原)なんかガラッと、(セリフが)まるまる変わった。昨日の夜にな。


藤原:(横山さんの真似をしながら)「あそこ、ああしたほうがええちゃうんかな? ちょ、言って言って、ああ、もう少しこうしたほうがええちゃうかな?」ってだんだん変わっていって、最終的に全部変わった。気づいたら。


末澤:オチとかも昨日の夜に変わって、今日の朝、もう一回やり直してって感じやったんです。


大橋:そうやね。


―横山さんからはお年玉をもらったんですか?


大橋:お年玉もらいました!


藤原:もらったんじゃないよな、あれ。リチャ、言うたって。


草間:せびりとりましたね。すごい無理やりでしたけど。(大橋さんの真似をしながら)「1月始まって結構経ったじゃないですか〜、え〜?忙しかったんですか〜?」


藤原:(横山さんの真似をしながら)「俺もドラマとかで結構忙しかったで?」


草間:「そうなんすね〜、誰かにお年玉渡しました〜?」「お前それ、ほしいっちゅうことやろ」って。


末澤:直球すぎるやろ(笑)。


藤原:横山くんは三が日に会った人に(お年玉を)渡すっていうルールがあるんですよ。けど俺らが、「あれ、俺らもらってないよな。大橋、ちょっとうまい感じで言って」って言ったら、結果、ああなりました(笑)。


―今回の設定や演出は、その先輩が今後どういうふうに輝いていったらいいか考えてくれたものだと思うのですが、それはどう受け止めていますか?


末澤:それぞれのキャラクターにあった衣装もそうですし、キャラ設定もそうですけど、(役の)名前も草間くんであったりとか。絶対、草間くんじゃないじゃないですか。


草間:絶対草間くんじゃないってどういうこと? 草間くんは合ってんねん!


末澤:絶対リチャードやんか! 普通だったら。


藤原:俺らはだいぶ見慣れたもんね。(今回草間さんは民族的な衣装を着用)


末澤:最初ヤバかったやん。だいぶ見慣れましたけど。


草間:見慣れてないやろ。舞台上で見て、笑ってるときあるやん。


末澤:違うやん!


藤原:演技演技! お前見て笑うわけないやん!


草間:笑うてるやん!


―でも、脚もキレイですよね。


大橋:脚キレイっすよねー。


草間:今日のために……。


末澤:染めてきたらしいですよ、昨日。


草間:すね毛、染めたんですよ。ブリーチしました。


藤原:役作りです。


草間:めっちゃ寒いですけど。


藤原:ずっと袖で、「寒い、寒い」言うてるんですよ。


末澤:僕、めっちゃ暑いんですよ。結構着てるんで暑いんですけど、(草間さんは)「寒い、寒い」って。


草間:布の面積、差ありすぎでしょ!


藤原:衣装代、だいぶ誠也さん側にいってる(笑)。



―キャラ設定っていうことは、作中の誠也様のキャラは普段のままですか?


末澤:僕ですか?


一同:うんうん。


末澤:うんうんじゃないやん。


藤原:普段からこんなんですよ!


末澤:なわけないやろ!


大橋:普段からバラ出してるし。


末澤:出してるわけないやろ! なんで普段からバラ出してんねん! 全然違いますけど、普段は。でも横山くんの中ではこういうイメージがあるみたいで、丈も、ほんまいますもんね、バイトリーダーのこの感じ。ほんまに似合うから。


藤原:そうっすかね?


―元野球少年役の大橋さんと野球好きの藤原さんが、逆でもよかったのでは?


大橋:こっちが野球っぽいから? なるほどね。


藤原:野球の役じゃないですか。だから俺めっちゃいつも言ってるんですよ。「お前、あそこツースリーってことはもうちょっと追い込まれる役やで」って。


大橋:分かんなかったんですよね、セリフが。だから丈くんに聞いてました、野球の部分は。


藤原:あとは個人的にオリックスが好きなので、もともと違ったんですけど、(横山さんが)「丈、お前オリックス好きやろ?じゃあ(セリフを)オリックスに変えよ」ってなって。とうとう僕の好きなチームが舞台の中のセリフになりました!


大橋:それでさ、オリックスのファンの人が観に来てくださるの、いいよね!


藤原:いや、それはわからんよ。告知してないし(笑)。


末澤:どういうこと? 「オリックスって言いますよ」って?(笑)


草間:そこだけを聞きに来るってこと?(笑)


藤原:ならもっとオリックス、アピールせんと(笑)。


大橋:ごめんごめん(笑)。


―今回は稽古の期間がすごく短かったんですよね。


末澤:すっごく短かったですね。


藤原:ありがたいことにね、なにわ男子は大阪城ホールもやっていましたし、12月はAぇ!groupもツアーをやっていて、で、1月の頭に(関西ジャニーズJr.で)京セラドームをやって、そのときの合間合間に、京セラドームが終わってからやったりとか。横山くんも47都道府県(ツアー)をやっていて、終わってから来ていただいて。そこで稽古とかもやっていたので、ほんまにありがたかったですね。


末澤:これだけの稽古で舞台に立ったの、初めてです。


―お仕事の忙しさに、関西ジャニーズJr.の勢いを感じますね。


大橋:いや〜ありがたいですね。今が人生華やかみたいな感じで嬉しいっすね。


藤原:今なの? これからやろ!(笑)


大橋:いやこれからね、ずーっとずーっと幸せですね。ありがたい!


―今日は(※取材日当日は1月22日)SixTONESとSnow Manのデビュー日ですが、刺激を受けますか?



末澤:同世代でもありますし、(向井)康二も頑張っていますしね。そこは、僕たちも負けずに、頑張らないとなとは思いますね。


―デビューについては、向井さんと実際に話しましたか?


藤原:結構(ライブに)来てくれたりもしていて、京セラも見にきてくれましたし。そのときは康二がだんだん成長してきた感じ、雰囲気も変わっていて、デビューする人ってこんなに自身に満ち溢れてんのかなって思って。


大橋:でも終わったあとさ、「よかったよー!」って言ってたけどさ、スタッフさんから(向井さんが)泣いていたって話を聞いて、ジーンときた。すごい嬉しいな〜と思いました。


―デビューする2グループに向けて、お祝いのコメントを伝えるなら?


大橋:みなさん、まずデビューおめでとうございます!


一同:おめでとうございます!


大橋:僕たちも精一杯頑張りますので、みなさんにガーンっていけるようにね、頑張ります! ありがとうございます!


藤原:追い抜けるようにねっていうことです、ガーンっていうのはそういう意味です(笑)。


大橋:そうそうそうそう、ガーンっていけるように頑張りますので、みなさん、頑張ります!(ガッツポーズ)


草間:みなさんが頑張りますっていうこと?(笑)


藤原:特別な日ですから、今日は。嬉しいことですよ。デビュー日と『青木さん家』の初日もあるし。


大橋:あと、“えんがにち”?


草間:天赦日?


大橋:あ、天赦日か。


末澤:あと一粒万倍日。全然ちゃうやん(笑)。


大橋:教えてもらってん、スタッフさんから。


藤原:そういう幸せな日でありますので、正直ちょっと悔しい気持ちもありますけども、僕らの『青木さん家』もありますので、ジャニーズ自体すごく盛り上がっているっていう意味も込めて、今日はいい日になるんじゃないかなと思います。


―最後にファンの方にメッセージをお願いします。



大橋:僕たち『青木さん家の奥さん』をやらせてもらうんですが、僕たち精一杯ね、アドリブなんですが、もっともっと仲良い雰囲気も見てもらいつつ、僕たちの演技も見てもらいつつ、あとはアドリブ、演技、どっちか分からんところも見てもらいつつ、頑張りますので、みなさん応援よろしくお願いします!


藤原:ぐだぐだやん(笑)。アドリブ、絶対できひんやん!


末澤:よういけたな、ゲネプロ(笑)。


草間:これ見たら不安しかないやろ(笑)。


大橋:いけるいけるいける! 観てください! お願いしまーす!


(ライター/東海林その子)


「青木さん家の奥さん」
作:内藤裕敬
演出:横山裕
出演:大橋和也・藤原丈一郎(なにわ男子)/末澤誠也・草間リチャード敬太(Aぇ!group)

制作協力:ジャニーズ事務所
主催・企画製作:東京グローブ座


■東京公演
公演期間:1月22日(水)~2月2日(日)
会場:東京グローブ座


■大阪公演
公演期間:2月13日(木)~19日(水)
会場:サンケイホールブリーゼ


■チケット料金 S席6,700円 A席5,700円(全席指定・税込・未就学児童入場不可)
■お問い合わせ:東京グローブ座 03-3366-4020


  • 答えてサクッとポイントゲット!モニターアンケート募集中
  • JOL原宿
  • ティーンズラボ

Ranking