活動レポート

山田涼介さん、芳根京子さん等が登壇!映画『記憶屋 あなたを忘れない』公開記念舞台挨拶にティーンズライターが潜入!

このエントリーをはてなブックマークに追加

   

2020.1.18 17:00更新

山田涼介さん、芳根京子さん、佐々木蔵之介さん、蓮佛美沙子さん、平川雄一郎監督が登壇!映画『記憶屋 あなたを忘れない』公開記念舞台挨拶にティーンズライターが潜入してきました。


映画上映後の舞台挨拶には、主演を務めた山田涼介さん、芳根京子さん、佐々木蔵之介さん、蓮佛美沙子さん、平川雄一郎監督の5名が登壇されました。



イベントでは、映画のタイトルに『記憶屋 あなたを忘れない』にちなみ、キャストの「忘れられない一言」や撮影での裏話などが語られ、最後には監督からキャストに向けてサプライズレターもおくられました。


終始和やかな雰囲気に包まれた舞台挨拶の様子をティーンズライターがレポートします!


豪華キャスト陣から一言ご挨拶


豪華キャスト陣から、寒い中劇場まで足を運んでくれた観客に向けて一人ずつメッセージがおくられました。


恋人から消えた記憶を取り戻そうと奮闘する吉森遼一を演じられた山田涼介さん。

山田涼介(以下・山田):「本日は朝早くから映画をご覧になっていただき誠にありがとうございます。吉森遼一を演じました山田涼介です。短い時間ではありますが今日は楽しんでいってください、よろしくお願いします」


遼一の幼馴染で遼一の記憶屋探しを手伝う河合真希を演じられた芳根京子さん。

芳根京子(以下・芳根):「みなさんこんにちは、河合真希役を演じました芳根京子と申します。公開を迎えてみなさんに観ていただけること本当に嬉しく思います。『記憶屋 あなたを忘れない』の輪がここから広がっていくと嬉しいなと思いますので、どうかご協力よろしくお願いします」


遼一と一緒に記憶屋探しを手伝う弁護士・高原智秋を演じられた佐々木蔵之介さん。

佐々木蔵之介(以下・佐々木):「こんにちは佐々木蔵之介です。本日は寒い中、そしてセンター試験があるのにこちらを選んでくださった方もいるかもしれません。楽しんで行ってください」


ある日恋人の遼一との記憶だけを失った遼一の彼女・澤田杏子を演じられた蓮佛美沙子さん。

蓮佛美沙子(以下・蓮佛):「みなさんこんにちは、澤田杏子役を演じさせていただきました蓮佛美沙子です。私はこの作品は映画館からの帰り道がすごく豊かになる作品なんじゃないかと思っています。観終わった後の余韻を噛み締めて味わって、芳根ちゃんもさっき言っていたように輪をたくさん広げていっていただけたらと思います。今日はよろしくお願いします」


今作のメガホンを取られた平川雄一朗監督。

平川監督:「みなさま本日は雨の中朝早くからご覧いただいたみたいで、本当にありがとうございます。今日は少しの間ですけど楽しんでいってください。みなさん観たということですが面白かったですか?面白くなかったという人は、今日は雨降ってるので劇中の遼一くんみたいに雨に濡れて帰っていただけたらと思います(笑)」


映画公開を迎えて「みなさんに観て頂けて、嬉しい気持ちが強い」


MC:撮影・編集、宣伝もたくさんされたかと思いますが、それを経て全国でたくさんの方にご覧いただいておりますが改めてお気持ちというのはいかがですか?


山田:「やっぱり映画は公開までにすごく時間がかかるので、その時間をワクワクしながらドキドキしながら待っていました。僕たちが撮影して映画が公開されるまで約1年かかるんです。この『記憶屋 あなたを忘れない』という映画を制作すると決まった時から考えると、約3年くらいの長い時間かけてこの作品が出来上がって、いよいよみなさんに観ていただけるということで、今はすごく嬉しい気持ちが強いです」



MC:今観ていただいたお客さんの目の前で表情をご覧になっていかがですか?


山田:「そうですね…みなさん...泣いてくれた方もいるのかな?(笑)。いい映画だったという風に思っていてくれてる方が何人かいるのかなという風に思うのと。双眼鏡でこんな近い距離で何を観てるのかなという気持ちでいっぱいですね」


芳根:「毛穴?」


山田:「毛穴ですか?困ります(笑)」


MC:芳根さんははいかがですか?


芳根:「映画が公開される前になるとすごいそわそわするので、ちょっと怖さと子離れする寂しさもありながら、ワクワクしている気持ちもあります。今回はすごく楽しみという気持ちが一番だったかなと思います。なので昨日からSNSでどうかなって検索しているんですけど、(みなさんが)いい言葉をたくさん書いてくださっているので、すごく嬉しいなと思っています」


MC:平川監督は映画公開を迎えていかがですか?


平川監督:「僕も(SNSで)検索しました。今日観ていただいたみなさん一人一人がSNS時代ですから、一言ずつ呟いていただいて広がっていくといいなと。僕ら映画を作っていてたくさんの人に観てもらいたいという思いがものすごく強いので、応援していただけたらなと思います」


山田:「(SNSに書き込むのは)良いことをですよ?(笑)。悪いことはあまり気持ちよくないので」


平川監督:「悪いなと思った人はね、(劇中の遼一のように)雨に濡れて帰ってください」


山田:「叫んでいただいて(笑)」


山田さんの忘れられない一言はジャニーさんからの「YOUのこともう嫌いだよ」


MC:本作『記憶屋 あなたを忘れない』のサブタイトルに”あなたを忘れない”にちなみ、みなさんにとっての“この人のこの一言が忘れられない”とか“この人とのこのエピソードが忘れられない”というお話を教えてください。


蓮佛:「私は大林宣彦監督と16歳くらいの時に初めてお仕事させてもらった時に、言われた言葉が今もすごく私の中でのベースになっていて『お芝居に正解も不正解もないんだから思ったようにとにかくやってみなさい』ということを、当時お仕事を始めて1年目か2年目くらいだった私に毎日現場で言ってくださって。それがすごく当時の救いだったし、今もお芝居に向き合うのに大事にしていて。今回の『記憶屋』は割と一発OKがなかった現場だったので、何回も何回もある種のOKカットという正解を見つけていかなきゃいけないんだけど、正解も不正解もない中で試行錯誤をして、お芝居をみんなで作っていくという時間が今回の現場が久々でした。何度もトライできる現場だったので、その言葉を思い出してやっていました」


MC:その一言があるだけで、やり方やトライの仕方って変わっていきますよね。


蓮佛:「そうですね、いかに自分を信じられるかという部分が大事だったりするのかなと思うので、“正解も不正解もないんだ”という言葉に私は結構支えられてやっていた感じがあります」


MC:佐々木さんはエピソードなどありますか?


佐々木:「今蓮佛さんの話を聞いて思い出したんですけど、僕が20年くらい前に東京に来て、それまで関西で舞台しかやってなかったんですけど初めて映像をやったんです。ドラマで松岡(昌宏)さんのお兄さんの役というのをさせていただいて。舞台だと稽古があって本番なんですけど、映像だと会ってその日に”兄さん”というのが分からなくて。(撮影を)終えて帰りタクシーの中でマネージャーに『僕映像は向いてない、もう出来ません』って言ったんです。そしたら『いやいけると思うよ、向いてると思うよ』って言ったんですよ。それでそっかと思ってやってるんですけど、マネージャーは言ったこと一切覚えてないんですよ(笑)。そんなもんなんですよ、なんとも思ってなかったんです(笑)」


MC:芳根さんは何かありますか?


芳根:「私は最近母に言われた言葉で、『昨日には感謝、今日には情熱、明日には希望』という言葉をもらって、すごく素敵だなと思ったらいつも通る床屋さんの前のホワイトボードに書いてあったっていう(笑)。言ってたんですけど、でもそうだなって深く納得しました。なので辛い時とか苦しい時とかでも今のその言葉を忘れないようにしてます」




MC:山田さんはあります?


山田:「僕はジャニーさんなんですけど、僕がジャニーズJr.時代にジャニーさんから急に電話かかってきて『YOUのこともう嫌いだよ』って急に言われたんですよ。”何を言ってるんだろう”って思うじゃないですか。そのあと理由を聞いたら僕全然関係ないことだったんで“なんで僕は関係ないのに嫌われてるんだろう”と思いながら、もうきっとこれは残れないだろうなって思ったんですよ。そのままなんやかんやで続けることができて。数年経って滝沢くんの舞台に出させていただいて、自分がソロで舞台上で踊らせてもらう機会があったんですね。その公演後に楽屋にジャニーさんがバーって走って来て、僕のこと抱きしめて『YOU最高だよ』って言われて。“この人わけわかんないな”っていう風に思ったんですけど、それがジャニーさんなんだなっていう。その時々を生きてる人なので、その記憶は僕は忘れられないなっていう風に思いましたね」


MC:『嫌いだよ』って結構インパクト強いですよね。


山田:「その時は”終わった”って思いますよね。でもそのあと『最高だよ』って言ってくれたので」


平川監督:「”嫌い”というのは”好き”があるからですよ。だから好きだったんじゃないですか?」


山田:「ジャニーさんどうなのかな?(笑)。(天井を仰ぎながら)ジャニーさんどうよ?…そうか。好きだったみたいです(笑)」


MC:監督はご自身の心にの残っているエピソードや一言というのはありますか?


平川監督:「就職するときに、亡くなった父に『とにかく一生懸命やれ、そしたら誰かが見ていてくれる』と言われてそれだけ信じてこんなところに来ちゃいました。ありがたい話だなと思いますけど」


監督からキャストのみなさんにサプライズレター「山田くんは“唯一無二の存在”」


本作は記憶をめぐる愛の物語ということで、サプライズでキャストのみなさんに平川監督からお手紙がおくられました。



「キャストの皆様へ。1年前に撮影していた映画『記憶屋 あなたを忘れない』がついに公開を迎えました。


山田くん、初めて山田くんに会ったときあなたの顔の美しさに『綺麗だね』と思わず言ってしまうほど、アイドルとして第一線で活躍するあなたに圧倒されたのを今でも覚えています。でもそれは外見の美しさだけではなく、内面の美しさだったと言うことに、ここに来て知った気がします。それは撮影が始まると俳優山田涼介が完全に吉森遼一としてそこにいてくれたからです。撮影中よく意見を交わし、ときには納得いかない部分があったと思います。完成した映画を観て山田くんは『平川ワールドですね』と言ってくれましたが、僕からしたら山田ワールドにもなった作品だと思います。同じ事務所の先輩方とも仕事をしたこともある僕は、クランクインをするまで山田くんに対して木村拓哉さん、岡田准一さん、二宮和也さんらに通ずる系譜だと勝手に思っていましたが、撮影が進むにつれて山田くんは先輩方とはまた違ったオリジナリティを持っている”唯一無二の存在”だと感じました。山田くんの持っている色を大切にいろんな作品に挑戦していってほしいなと思いますし、また一緒に作品を作れることを願っています。


芳根さん、私の要求が少し多かったと反省しています。ほんの少しです(笑)。この作品では真希という役が最も難しかったかもしれません。それでも僕のイメージする真希に近づけようと何度も何度も表現をする姿には思わず胸が熱くなりました。本当に撮影中は辛かったこと、苦しかったことと思います。何度も涙を流させてしまってごめんなさい。女優・芳根京子に出会えて良かったと思います。


最後に佐々木蔵之介さん、蓮佛美沙子さん撮影前からいろいろな意見をいただき、現場でも忠実なお芝居で非常に助けられました。本当にありがとうございました。
本日無事に映画公開を迎えられたのは、今日ここに一緒に立っている登壇者をはじめとするキャスト・スタッフみなさまのおかげです。みなさん一人一人に感謝を伝えたいところですが、お時間も限られておりますのでこのへんにしておきます。またみなさんとお仕事できるのを楽しみにしています。


平川雄一朗」



MC:山田さん今のお手紙で撮影中のこと振り返られましたか?


山田:「そうですね、フラッシュバックして…僕もそうなんですけど、芳根さんが本当に大変なお芝居をしている中、監督が『もう一回もう一回』何度もテイクを重ねていく中でも、芳根さんが負けじと前回よりもいいお芝居をさらにいいお芝居をと繰り返しても負けないという姿勢を僕は見てて感動しました。監督はみなさんに対してもこの作品に対してもすごく愛を持って接してくれているんだなという風に思いながらも、キャストは納得いかない部分もたくさんあって。でも本当にこの映画を観てくださった方にはわかる通り、平川監督だからこそ撮れた作品なんだなという風に僕たちキャスト全員が思っていると思います。そこは僕たちも監督に感謝しているので、みんなで力を合わせてこの作品ができてよかったなって改めて監督のお手紙を頂いて思いました」


MC:同時に監督は山田ワールドでもあるという風におっしゃっていましたが。


平川監督:「いろんな山田くんを観たいと思って脚本を作ったところがあって、それを自分のイメージをどんどん超えていく山田くんを見てるとそうかなという風に思います」


MC:“山田ワールド”という言葉に対してはどうですか?


山田:「山田ワールドですか?(笑)…いろんな僕見れましたか?でも監督は絶対言われたくないと思うんですけど、僕がすごく嬉しかったのは監督がクランクアップの時に涙されてたじゃないですか」



平川監督:「そうでした?覚えてないです。記憶にございません」


山田:「絶対言われたくないなと思うんですけど、泣いてらっしゃいまして(笑)。それを見た時に本当に強い思いを持って、この作品に挑んでたんだなって思いました。僕の目線で言うのも変なんですけど、僕たちが知らないところでの監督の努力というか、この作品に対してどこまで自分ができるのかと言うのを常に模索しながら挑んでいたんだなという風にクランクアップの時に思いました。すごく主演として嬉しかったですし、だからこの作品が完成して観た時に『平川ワールド全開だな』と温かい気持ちになりました。だから山田ワールドなんてそんなのいいんですよ。平川ワールドですよこの作品は」


MC:芳根さんは今のお手紙を聞いていかがでしたか?


芳根:「やっぱり撮影を振り返ると正直辛かったです。でもその辛さがあったから、今ちょっと自信を持ってここに立ててるんだろうなと思います。監督がもっともっとって求めてくださることがすごく負けず嫌いな私としては、絶対監督に”芳根でよかった”と思われたいと思ったし、私としては辛かったけどすごく感謝しております。本当にありがとうございました」


MC:芳根さん。今回は山田さんが座長として隣にいらっしゃいましたけど、山田さんの座長っぷりはいかがでしたか?


芳根:「本当に中心に立つ方なんだなって何度も思いました。やっぱりこのチームをまとめてくださって、今いろんな番宣期間ですごくお忙しい中いろんな取材の記事を読んで、撮影中にちゃんと中身を見てくれてたんだなとかすごく嬉しい気持ちになりました。あまり面と向かってお礼を言う機会がなかったんですけど、本当にありがとうございました。ご一緒出来てよかったです」


MC:佐々木さんも先ほどのお手紙で山田さんの先輩方との違うオリジナリティがあるという監督の言葉にすごく頷いてらっしゃったように思えたんですけど、ご一緒されて山田さんはいかがでしたか?


佐々木:「作品に対してのリスペクトというか作品をよくするために神経を注いでたなという気がしますね。だからこそ他のキャストであり監督であり、脚本のことに関してすごくフィットしてたんだと思います。そこが一番だと思います。そこありきだったところが素敵でした」



MC:蓮佛さんも監督のお手紙をお聞きになって思い返されましたか?


蓮佛:「やっぱりフラッシュバックしますね、”平川ワールド”、”山田ワールド”というのも本当に両方そうだよねって思いますし。芳根ちゃんの言っていたように本当に何度もテイクを重ねてより良いものと妥協を一切しない監督だったので、そういう情熱は山田くんもみなさんにもあって、すごく情熱を感じる現場だったなと思いました」


最後に主演・山田さんから締めの挨拶


山田:「ご覧いただいた方にはわかると思うんですけど、この作品本当に温かい作品になっていまして人と人との繋がりの大切さというのを再確認してもらえる作品と思います。若い男女の方だったら真希と遼一にフォーカスを合わせながら、年上の方で親御さん世代の方だったら蔵之介さんの芝居にフォーカスを合わせて見るのかななんて思ったりしています。

どの世代の方にも本当に楽しんでいただける、感動していただける作品が出来上がったなと思っておりますので、これからもっともっとたくさんの方に観ていただきたいです。なのでぜひ『記憶屋 あなたを忘れない』をこれからみなさんの手で育てていただければという風に思ってますのでよろしくお願いします」


映画『記憶屋 あなたを忘れない』は現在公開中!
寒い季節にぴったりの心温まる映画、ぜひ大切な方と一緒に劇場でご覧ください。


(ティーンズライター/あみ)


映画『記憶屋 あなたを忘れない』1月17日(金)全国ロードショー
©2020「記憶屋」製作委員会


  • 答えてサクッとポイントゲット!モニターアンケート募集中
  • JOL原宿
  • ティーンズラボ

Ranking