活動レポート

はい、公開日にテスト出します!星野源×高橋一生ら超豪華キャストが挑む 幕末の国家プロジェクト 「国替え」って何!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

   

2019.8.30 08:00更新

\はい、公開日にテスト出します!/

星野源×高橋一生ら超豪華キャストが挑む

幕末の国家プロジェクト

「国替え」って何!?


『超高速!参勤交代』シリーズをはじめ、これまでになかったユニークな視点で時代劇の新しいジャンルを開拓し続ける土橋章宏の傑作小説「引っ越し大名三千里」を、『のぼうの城』を手掛けた犬童一心が監督を務める

映画『引っ越し大名!』

8月30(金)に公開!


本作のテーマである「国替え」とは、江戸時代、幕府が大名の領地を移し替える、いわゆる“藩全体のお引っ越し”のこと。またの名を、「転封(てんぽう)」という。

この制度は、戦国時代が終わり、豊臣秀吉が天下統一を果たしてから行われるようになったと言われている。天下統一後は大名の領土であっても、究極的には土地は幕府の所有物であるという考えの元に、幕府が権力を維持する方法として実施されるようになった。「国替え」を命じられた藩は、全ての藩士とその家族全員で引っ越すため、移動人数は時に10,000人、費用は20,000両(現在の15億円)に上ることもあり、参勤交代とは比べ物にならない規模で、藩にとっては大きな負担になったことは言うまでもない。


この物語は、江戸幕府より何度も国替えを命じられ、「引っ越し大名」のあだ名をつけられた歴史上の人物である姫路藩主・松平直矩(及川光博)のもと、姫路藩の書庫番として書庫にこもりっきりで人と話すことが苦手な引きこもり侍の片桐春之介(星野源)が【引っ越し奉行】に任命され、失敗すれば、即、切腹!という絶体絶命の危機に陥る。




当時の引っ越しは、参勤交代を遥かに上回る費用と労力がかかり、前任者があまりの激務に亡くなってしまうほど。過酷な国家プロジェクト(=引っ越し)に、いつも本ばかり読んでいるから色んな知識をもっているだろうという浅い考えから任命された春之介に、引っ越しのノウハウはまるでない。突然の大役に怖気づく春之介は、幼なじみで武芸の達人・鷹村源右衛門(たかむらげんえもん/高橋一生)、姫路藩の金庫番である中西監物(なかにしけんもつ/濱田岳)、さらに前任の引っ越し奉行の娘・於蘭(おらん/高畑充希)の力を借りて移動人数10,000人!移動距離600km!予算なし!?の前代未聞の引っ越しという超難関プロジェクトに挑む!



超無理難題だらけのお国の一大事を救うべく、藩士たちがあらん限りの知恵と工夫で乗り切ろうと奮闘する笑いと感動の物語に、歴史の断片を見てはいかが?


姫路藩の書庫番、片桐春之介(星野源)は、人と話すのが苦手でいつも書庫にこもりっきり、周囲から「かたつむり」とあだ名で呼ばれている引きこもり侍。あるとき、藩主の松平直矩(なおのり)(及川光博)は、幕府から国替え(引っ越し)を言い渡される。行先は遠く離れた豊後(大分県)の日田。すべての藩士とその家族全員で1万人の引っ越しという、参勤交代をはるかに上回る費用と労力が必要な一大事業。これを成し遂げるには、引っ越し奉行の手腕にかかっている。お国最大のピンチに、いつも本ばかり読んでいるのだから引っ越しの知識があるだろうと、春之介に白羽の矢が立つことに。国替えの減封による人減らし。無理難題とも言える大役に怖気づく春之介だったが、幼馴染で武芸の達人・鷹村源右衛門(高橋一生)の説得もあり、嫌々引き受ける羽目になる。しかし、引っ越しの経験がない春之介は、どこから手をつけて良いか見当がつかない。そこで、前任の引っ越し奉行の娘である於蘭(高畑充希)に助けを借りることに。こうして源右衛門たち仲間の協力や於蘭の厳しい引っ越し指南に助けられて引っ越しの準備が始まった!果たして春之介はこの一世一代のプロジェクトを知恵と工夫で無事に成し遂げ、国を救うことができるのだろうか?!


■監督:犬童一心 ■原作・脚本:土橋章宏「引っ越し大名三千里」(ハルキ文庫刊)

■出演:星野源 高橋一生 高畑充希 小澤征悦、濱田岳、西村まさ彦、松重豊、及川光博 ほか

■主題歌:ユニコーン「でんでん」作詞:川西幸一/奥田民生 作曲:奥田民生(Ki/oon Music)

■配給:松竹 

http://hikkoshi-movie.jp



『引っ越し大名!』8月30日(金)荷造り開始!

ⓒ2019「引っ越し大名!」製作委員会


  • 答えてサクッとポイントゲット!モニターアンケート募集中
  • JOL原宿
  • ティーンズラボ

Ranking