チャレンジ

【サイン&チェキプレゼント】アニメーション映画『君は彼方』で主人公の澪を演じた松本穂香さん、主人公の幼馴染の新を演じた瀬戸利樹さんにJKメンバーがインタビュー!

このエントリーをはてなブックマークに追加

   


撮影/米玉利朋子


アニメーション映画『君は彼方』で主人公の澪を演じた松本穂香さん、主人公の幼馴染の新を演じた瀬戸利樹さんにJKメンバーがインタビューしてきました。


—今回松本さんは声優初主演、瀬戸さんは声優初挑戦ですが、この作品の出演が決まった時の心境を教えてください。


松本穂香(以下・松本):今回、監督が私の所属事務所にわざわざ来て頂いて、「松本さんがいいんです」と熱を持ってお話しをしてくださったんです。そこまで私の声を褒めてくださる方が初めてだったので、その期待に応えたいなという気持ちでした。


瀬戸利樹(以下・瀬戸):このタイミングで声優に挑戦できるとは思っていなかったので、機会をくださった瀬名監督に感謝していますし、何より作品に対する監督の熱意に応えられるように頑張りたいなという思いでいっぱいでした。


—実際に声をあてるにあたって、監督からリクエストなどはありましたか?


松本:収録前に監督と二人でリハーサルをさせて頂いて、監督が全ての相手役になってくださったんです。ただ読み合わせるわけではなくて、動きながら熱を持って演出してくださりました。収録の日も(澪と新の)二人の日常シーンが大切ということで、即興でデートシーンを本人として演じたりしながら、一緒に作っていただきました。



—瀬戸さんは声優初挑戦ということで、取り組むにあたって準備したことはありますか?


瀬戸:瀬名監督とのマンツーマンレッスンを受けさせていただきました。そこで声優の基礎を学んだり、自分が一番出しやすい音を教えてもらったりしました。アニメは声だけなので、高すぎる音を出してしまうと、違うキャラクターに聞こえたりするんです。なので、音域は気をつけるように練習をしていました。



—今回演じられた澪と新に共感する部分やご自身に似ている部分はありましたか?


松本:私は結構ありました。自分にあまり自信が持てない部分や、物事が長続きしなくて諦めてしまうところとか。特に学生時代は、そんな自分が他の人よりダメだと思っていましたし、自分から思いを伝えたりしていなかったので、消極的な部分は似ているかなと思います。


瀬戸:僕は新の真っ直ぐなところは似ていると思います。ただ、僕は奥手な方なので、真っ直ぐなところ以外は似ているところの方が少ないかな。


—それぞれ演じられたキャラクターの魅力はなんだと思いますか?


松本:好きなことがたくさんあるところです。歌が好き、新が好き、クジラが好きとか。言葉で伝えることは難しいのですが、そういう気持ちをたくさん持っていて、新と同じように真っ直ぐなところは素敵だなと思います。


瀬戸:大事な人に対する行動力は、男の僕でも素敵だなと思いました。想いを伝えることができる人って今は特に減っていると思うんです。僕もその一人で。そんな中でも、自分の気持ちを言葉でちゃんと伝えられる部分は魅力的だなと思います。


―この作品の中では主人公・澪がたくさんの”選択”、”決断”をしている場面があったと思います。お二人の一番の”選択”はなんですか?


松本:選択と言えるかはわからないですが、大阪から東京に上京したことです。選択したというよりかは、そうするのが当然という気持ちで東京に出てきました。


瀬戸:僕は高校で野球を続けるか、やめるかという選択が一番大きな選択だったなと思います。腰を痛めたというのもあって野球をしない選択をしたのですが、野球をやっていたら、今の仕事に出会えてなかったなと思うので、一番の選択です。



—今作では”記憶”が物語の鍵を握っていますが、お二人は台本や思い出など”記憶”するのは得意ですか?


松本:台本は覚えないと仕方ないですが…(笑)。 記憶はすぐスーと抜けてしまいます。


瀬戸:僕も(笑)。


松本:中学とかの記憶がごちゃ混ぜになってる気がする。


瀬戸:わかる。中学で起きたと思っていたことが、実は高校のときの出来事だったり。いつ何があったとか全然覚えてないです(笑)。



—今回の作品は青春が描かれていますが、お二人の経験の中で”青春だったな”と思うことあれば教えてください。


松本:(瀬戸さんは)いっぱいありそうですね(笑)。


瀬戸:ないんですよ、実は。


松本:好きな人とお祭りに行ったりしていました。浴衣着て…、浴衣を着てたかな?(笑)。ただ、すごい人混みだったので、ケンカしたのを覚えています(笑)。


瀬戸:僕、高校は千葉だったんですが、友達と一緒に自転車で東京まで行ったことがあります。すごく遠かったんですが、ママチャリで往復しました(笑)。友達から「秋葉原に買いたいものがあるけど、電車で行くと交通費がかかって、買いたいものが買えない」と言われて。そこまでして買いたいのと思いましたけど(笑)。自転車で東京までいくことに興味があったので一緒に行きました。


松本:どれくらいかかるんですか…?


瀬戸:片道4時間半くらいかな。午前中に出て、ちょっと見て帰ったらもう夜みたいな(笑)。滞在時間は1時間でした(笑)。


—もしマイナビティーンズの読者と同じ高校生に今戻れるとしたらやりたいことはありますか?


松本:いろんな方と話したいです。この仕事を始めて良かったなと思えるのは、いろんな方と出会えて、いろいろ感じられることです。若い時の方が色んなことを吸収するっていうじゃないですか。なのでいろんな方と話して、いろんなことを知っておくと良いんじゃないかなと思います。


瀬戸:良い人がいたら、思いを伝えておけばよかったなと思います。付き合った人数が多い方がいいとか少ない方がいいとかではないと思うんですが、良いなと思う人がいたら気持ちを伝えるのは良いことだと思うので、色んな恋愛をして、余裕のある人間になりたかったなと思います。



—最後に夢に向かって頑張る10代にメッセージをお願いします。


松本:夢がまだ見つからなくて悩んでいる方もいるかもしれませんが、きっといつか出会えると思うので、どんな状況でも焦らなくて大丈夫かなと思います。好きなものさえあればそのままでいいと思います。一緒に頑張りましょう!


瀬戸:何事も挑戦が大事だと思うので、後悔するとしても、とりあえず行動する。そして言葉にして伝えるということが大事だと思います。是非この映画を観て行動してください!



1.マイナビティーンズの公式Twitterをフォローしてね!

  


2.下記のツイートをRTしてね!

3.ページの下部にある「申し込む」から応募。


以上で応募完了


松本穂香

2015年、「LOTTE SWEET FILMS」企画の主演短編映画『MY NAME』でデビュー。その後も、ドラマ「この世界の片隅に」(18)で連続ドラマ初主演、映画『おいしい家族』(19)で長編映画初主演を果たす。近年の主な出演作に『わたしは光をにぎっている』(19/主演)、『his』、『酔うと化け物になる父がつらい』(主演)、『君が世界のはじまり』(主演)、『みをつくし料理帖』(主演)、ドラマ「竜の道 二つの顔の復讐者」(20)などがある。


瀬戸利樹

14年にドラマ「弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~」(NTV)で俳優デビュー。「仮面ライダーエグゼイド」(16~17/EX)で注目を集める。近年の主な出演作にドラマ「偽装不倫」、『チア男子‼』(19)、『カイジファイナルゲーム』、『シグナル100』(20)などがある。現在は、ドラマ『マリーミー!』に出演中。また「ヒルナンデス!」に金曜シーズンレギュラーとして出演している。


澪(松本穂香)は幼馴染の新(瀬戸利樹)の事が気になっているが、気持ちを伝えられず微妙な関係を続けていた。ある日、些細な友人の言葉をきっかけに2人はケンカをしてしまう。澪は何とか仲直りをしようと雨の中を新の元へ向かう途中、交通事故に遭ってしまった。意識を取り戻した澪が目を開けると、そこには不思議な世界が広がっていた。


映画『君は彼方』11月27日(金)TOHOシネマズ池袋ほか全国ロードショー!

©「君は彼方」製作委員会

(ライター/東海林その子)

募集概要 【サイン&チェキプレゼント】アニメーション映画『君は彼方』で主人公の澪を演じた松本穂香さん、主人公の幼馴染の新を演じた瀬戸利樹さんにJKメンバーがインタビュー!
応募条件 マイナビティーンズに登録している13〜19歳の女の子
募集人数 1名様
応募期間 2020年12月26日(土)まで
応募形態 モニター
当選について 当落は、12月下旬にマイページにてお知らせ致します。
   

このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 答えてサクッとポイントゲット!モニターアンケート募集中
  • JOL原宿
  • ティーンズラボ
  • プレスリリース