チャレンジ

【サイン&チェキプレゼント】映画『とんかつDJアゲ太郎』に出演する、北村匠海さん&山本舞香さんにマイナビティーンズがインタビュー!

このエントリーをはてなブックマークに追加

   

撮影/米玉利朋子


映画『とんかつDJアゲ太郎』に出演する、北村匠海さん&山本舞香さんにマイナビティーンズがインタビューしてきました。


―5年ぶりの共演はいかがでしたか?


山本:最初はやっぱり人見知りというか、また1から関係を作る感覚になっちゃって。匠海くんには通りすがっても無視をされたと言われて、そんなことしたっけ?という感じなんですけど。まあしたんでしょうね、きっと(笑)。でも今回共演できたことで、みんなと一緒にお酒を飲みに行ったり今はそれくらい仲良しです。


北村:同世代なので、共演は心強かったですね。今回、自分はかなりチャレンジングな役だったので、舞香ちゃんとか(伊藤)健太郎とか、あと三代目(道玄坂ブラザーズ)のみんな(加藤諒、浅香航大、栗原類、前原滉)との関係性に救われることがすごくたくさんあって。かなり心強い仲間という感じでしたね。


山本:匠海くん、これが初主演作なんだよね。


北村:そう、単独主演は初めて。


山本:初主演でこんなに振り切った役って、追い込まれるのなんてわかっているじゃないですか。それをしっかり受け止めて、こっちは支えるだけっていうか。演じやすい環境を作ってあげられたらいいなと思っていましたね。


北村:本当にみんなに助けられていました。今日もみんなと番組の収録をしていて思ったんですけど、僕に座長感なんてみじんもないんですよ(笑)。だから、本当にこのメンバーでよかったなと思う瞬間が撮影の中でもたくさんありました。



―三代目道玄坂ブラザーズの動画では、実際に渋谷でロケ撮影を行ったんですよね。


北村:今日少し加藤諒くんと喋っていたんですけど、渋谷が発展している中で今の渋谷というのを映像に残せたというのがすごく嬉しくて。緊張とかはなかったですけど、恥ずかしさは多少(笑)。でもとんかつの被り物をしたりとか、ギミックのある振り切ったシーンしかなかったので、それがありがたかったです。それが一個のスイッチになっていたかもしれないですね。


山本:公園でも子どもの前で踊って、絶対恥ずかしいなだろうなって思ったけど、やっぱり三代目とかフワちゃんがいるから心強いよね。


北村:それこそみんなが同じ格好をしているからっていう強さもあった。恥ずかしいけど、逆に堂々としているほうが気持ち的には楽でした。


山本:コロナじゃなかったらゲリラで渋谷とか行きたかったよね。タワレコとか!


―撮影中、もしくは完成作をご覧になって一番笑ったシーンは?


北村:アゲ太郎としては、誰かを笑うみたいなことなくて。(山本さんに)どうですかね?


山本:匠海くんが面白すぎるんだよね。部屋で1人踊っているシーンとか、短パン・ノースリーブで走りに行くときとか、わがままボディすぎるだろ!ぽっちゃりすぎるだろ!って(笑)。


北村:あえて……と言っておきますが、まあ普通にぽっちゃりしていたんですよ。でもアゲ太郎としてはそれが逆によかったというか...(笑)。


山本:とんかつ屋の息子っぽい感じ。食べたいものを食べて生きてきたんだろうなっていうね。(笑)


北村:別に自分に対してなんの努力もしてこなかった、っていうアゲ太郎のボディです(笑)。


山本:(ポスタービジュアルを見て)これも顔が違うもん。丸い!


北村:丸いよね。映画を観ていて一番自分でびっくりしたのは、赤いランニングを着て、(ブラザートムさん演じる)親父に「俺、DJになるよ」と言うところ(笑)。


山本:撮影もタイトだったからめちゃくちゃむくんでいて、3時間くらいしか寝てないでしょうっていう顔だよね。でもそれでかわいらしい、愛おしい感じがうまく出ていたと私は思う。


北村:カッコつけても仕方がないかなぁと。笑ったシーンじゃないですけど、苑子として大事なシーンを最序盤くらいに撮っていたんですよ。三代目が集まる部屋に苑子が来て背中を押されるところなんですけど、そこで舞香ちゃんが堂々とやっているのを見て、身を委ねられるなって感じて。そこからいろいろ月日が流れ、最後にDJをするシーンで客席の苑子というか、舞香ちゃんの満面の笑みのような「よく頑張ったね!お疲れさま!」感のある顔には、すっごい救われた感じはありました。アゲ太郎としても、僕自身としても。


山本:お互い泣きそうになっていたもんね。ステージと客席で目が合った瞬間に、頑張ったなって(笑)。


北村:『仰げば尊し』以来の共演で、親友である健太郎とセッションできたことも感慨深かったし、かつ舞香ちゃんの笑顔だったり、(ブラザー)トムさんなんかも見ていて、そういういろんなことが相まってこれはアゲ太郎として感動しているのか、北村匠海として感動しているのか分からなくなって。それくらい、最後は役との垣根がほぼない不思議な感覚になっていました。



―キャストのみなさんで感動を分かち合っていたんですね。


山本:言葉には出さないんですけどね。感じるものがすごく大きかったというか、同世代だからこそ、それがあったんじゃないかな。終わるときは本当に寂しかったです。まぁ番宣で会えるし!みたいな感じで別れたんですけど(笑)。


―クラブと同じくらいとんかつ屋でのシーンも印象的ですが、アゲ太郎の父親を演じたブラザートムさんとの共演はいかがでしたか?


北村:トムさんはスタートとカットの概念がないくらい、現場でとんかつをずっと揚げていて。


山本:しかもそのとんかつ凄く美味しいんでしょ?


北村:めちゃくちゃ美味いです。本当においしくて、もうプロでした(笑)。トムさんは事務所の大大大先輩ですけど、その背中を見て偉大さを感じたし、打ち上げでは「WON'T BE WRONG」を歌ってくれて。


山本:みんながノらないから、なかなか始まらないんだよね(笑)。


北村:そう(笑)。本当に最高でしたね、トムさん。



―アゲ太郎は模索しながらDJとしての自分のスタイルを見つけていきますが、お二人にとって、今のお仕事での自分のスタイルとは?


北村:着飾らないこと、とかですかね。仕事をする上で自分の本意を包み隠すことをやめたというか。それが結局、お芝居に生きてきている気がしますし、自分の生き方が演じる上でのプロセスにすごくハマってきているというか。昔は何かを演じたり、言いたいことが言えなかったりして、だいぶ自分を偽って生きていたんですけど、もう偽るのはやめました(笑)。


山本:すごく自由にやっているなとか、ストレートにものを言っているなとか言われるけど、“強くいなきゃ”ってある意味猫を被っているのかもしれないなと思っていて。本当は弱いんですということではなく。20歳になったくらいからはすごく自由に好きにやっているけど、どこか自分を作っているなというのはあるから。


北村:自分は作っちゃうよね、どうしても。そういう人のほうが多いイメージがある。


山本:どこに行っても山本舞香でいなきゃいけないし、匠海くんも北村匠海でいなきゃいけない。そこってやっぱり大変だし、でも続けていくんだったら貫いていかなきゃいけないことだなと思うし。だから今は思っていないけど、生き方を変えようと思えば変えるし、やりたいことをやりたいときにやるのが今のスタイルなのかな、という感じです。


―作中で「最初の経験のときに感じた恐怖を忘れるな」というセリフがありましたが、お二人が忘れられない、お仕事での最初の怖かった経験があれば教えてください。


北村:初めて仕事をしたのが8歳のときでCMの撮影だったんですけど、カメラの前で震えましたね。カメラを向けられるってことと、たくさんの人に囲まれているっていう恐怖があった時期も...。もともと、どちらかというと裏方になりたい気質ではあるので、自分がカメラの前に立っているっていう違和感もすごくありました。その頃から何かが変わったわけではないのかもしれないですけど、今でもその違和感とかを忘れずに自分に残っているということは、ずっと核はそこにあるかもしれないです。


山本: 私も初めての撮影のときで、1日か2日で70カットを撮っていたらフラッシュがすごくて気持ち悪くなってしまって…。12、3才のときだったかな。いろんな大人の方が用意してくれた物を汚しちゃったから、凄く謝ったのを覚えています。それがトラウマで地元の鳥取に早く帰りたかったし、ホームシックにもすごくなりました。でも気づいたら9、10年くらい続いているから、結局この仕事が好きなのかなと気づかされたというか。そういうトラウマを経験してこそ、今の自分がいるんだなと思うようになりました。



―今回、アゲ太郎と苑子の恋模様も描かれていますが、アゲ太郎が窓越しに見かけた苑子に惹かれていったように、おふたりが異性に惹かれてしまうポイントは?


北村:僕はすごく知識にグッときちゃう系なんで、僕より何かを知っているとか、何かがうまいと素敵だなって思っちゃいますね。なんでもいいんですけど、例えば宇宙とか、深海とか、料理でもいいし、音楽・洋服とかの歴史とか、そういうのを一緒に話せたらどんなに楽しいんだろうって思います。


山本:私はずっと追いかけたいタイプだったんですけど、でも最近は追われるのもいいなって(笑)。大した理由はないんですけど、追いかけることにも疲れて。


北村:男は追いかけたいですよね。ボロボロになりながら追いかけたい、七転び八起き精神で。


山本:あと、ひとつのものを大事にするというのはすごく大切なことだなと最近思いました。趣味とか、その人が好きなものとか。私、影響されるタイプなので。


北村:影響されちゃうんですね。


山本:結構される(笑)。




1.マイナビティーンズの公式Twitterをフォローしてね!

  


2.下記のツイートをRTしてね!

3.マイナビティーンズの公式Instagramをフォローしてね!


  

4.下記の投稿に「いいね!」を押してね!

5.ページの下部にある「申し込む」から応募。


以上で応募完了


北村匠海

1997年11月3日生まれ。東京都出身。2008年『DIVE』で映画初出演。2013年には、ダンスロックバンド「DISH//」のメンバー(Vo&Gt)としてメジャーデビューし、俳優・ミュージシャンとして幅広く活躍。主な出演作に『君の膵臓をたべたい』(17)、『OVER DRIVE』(18)、『十二人の死にたい子どもたち』(19)、『思い、思われ、ふり、ふられ』(20)などがある。今後は『さくら』、『アンダードッグ』、2021年には『砕け散るところを見せてあげる』、『東京リベンジャーズ』の公開が控えている。


山本舞香

1997年10月13日生まれ。鳥取県出身。

「鳥取美少女図鑑」に掲載された写真がきっかけで2010年にスカウトされ、2011年にデビュー。主な近年の出演作に、『SUNNY 強い気持ち・強い愛』、『ギャングース』(18)、『東京喰種 トーキョーグール 【S】』(19)、『今日から俺は!!劇場版』などがある。現在放送中のドラマ「あのコの夢を見たんです。」の6話にヒロイン役で出演が決まっている。


老舗とんかつ屋三代目の跡取り息子・アゲ太郎。ある日、“とんかつ”も“フロア”もアゲられる男「とんかつDJ」を目指そうとする!すべては一目惚れした苑子ちゃんの心を射止めるために――。でも、豚肉にもDJ機材にも触ったことがないノーテンキなアゲ太郎は、いい加減な落ち目のDJオイ

リーに弟子入りしたり、大人気DJ屋敷を勝手にライバル視しちゃったり。その道のりは、一に勢い、二に勘違い、三に運命の出会い!?と爆走爆

笑の大ハプニングだらけ!果たして「とんかつDJ」として頂点を目指せるのかーーー!?


映画『とんかつDJアゲ太郎』10月30日(金)全国ロードショー

オフィシャルサイト:https://wwws.warnerbros.co.jp/agaru-movie-tdajp/

(ライター/東海林その子)

募集概要 【サイン&チェキプレゼント】映画『とんかつDJアゲ太郎』に出演する、北村匠海さん&山本舞香さんにマイナビティーンズがインタビュー!
応募条件 マイナビティーンズに登録している13〜19歳の女の子
募集人数 1名様
応募期間 2020年11月29日(日)まで
応募形態 モニター
当選について 当落は、11月下旬にマイページにてお知らせ致します。
   

このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 答えてサクッとポイントゲット!モニターアンケート募集中
  • JOL原宿
  • ティーンズラボ
  • プレスリリース

Ranking