チャレンジ

【サイン&チェキプレゼント】映画『トロールズ ミュージック★パワー』で声優を務める上白石萌音さん、ミキのお二人にJKメンバーがインタビュー!

このエントリーをはてなブックマークに追加

   

撮影/米玉利朋子


映画『トロールズ ミュージック★パワー』で主人公ポピーの声を担当する上白石萌音さん、トロールツァルトの声を担当するミキの昴生さん、クラウド・ガイの声を担当するミキの亜生さんにJKメンバーがインタビューしてきました。


—今回声優を務めると決まった時の感想を教えてください。


上白石萌音(以下・上白石):歌がたくさん出てきて、すごく元気になれる作品だと聞いて今の少し疲れた時代にぴったりで、正に今観たい!映画だなと。私自身も楽しみながら、元気をいっぱいもらいながらやろうと思いました。


亜生:また僕の才能を爆発させる場をいただけて嬉しいなと。


昴生:めちゃくちゃ上からやん。


亜生:僕は声優業界で生きていこうと思います。あの一件以来、ここの舞台でも僕の爆発をいかにうまく使えるかがポイントだなと思いました。


昴生:めっちゃ嬉しかったです。亜生くんばっかりが声優の道に行くかなと思いきや、僕も声優のお仕事をやらせてもらえて。制作側の人も言ってたんですけど、標準語もなんとかクリアできて。収録した時、監督も嫌な顔一切せずに笑顔で。


亜生:あんま嫌な顔しないでしょ(笑)。


昴生:首かしげることあるやん。でも今回の現場はそんなこともなく。「いいですね、いけますね」って感じやったので。「ちょっとトロールツァルトの感じでやりましょうか」って最初に言われてやっていたんですよ。でもその後「じゃあ昴生さんの感じでいきましょう、お願いします」と言われて僕の感じでやったんですけど、トロールツァルトが抜けなくて、昴生さんを忘れるっていう。


上白石:俳優の鏡ですね。憑依型!憧れる!(笑)。


亜生:才能やからね、憑依型って。


上白石:欲しくて手に入るものじゃないですもんね。


亜生:そうそう。


昴生:いじっとんのか。



—それぞれ声を担当したキャラクターの魅力を教えてください。


上白石:ポピーはとにかく可愛いんです。一挙一動が可愛くて、観ているだけで元気になりますし、目が離せない女の子だなと思います。でも明るいだけじゃなくて、ポップ・トロールの女王として成長しようとする上での葛藤とか、繊細な揺れ動きもあって。トータルで愛さずにはいられないキャラクターだなと思いました。


亜生:クラウド・ガイは、一番ちゃんとしたやつなのかなと思いきや、映っているのにスイッチを切っていたりする場面が映っていたり。僕もオンオフ激しくて、平気でスイッチ切っていたりするので僕とめっちゃ似ているなと思いました。


昴生:(亜生は)ラジオで不機嫌な時、一言も喋らなかったりすることあります(笑)。


亜生:いじられてもっと不機嫌になって、一言も喋らない時もあるので、めちゃくちゃ似ているなと思って。なので、無理することなく、そのままの感じでバーっとやったので収録も早く終わりました。僕を見て作ったキャラかなと思うくらい似ています。


昴生:そんなわけないやろ。


亜生:プレッシャーはありましたけど、楽しくやらせてもらいました。


昴生:トロールツァルトはなんといっても僕と一緒で可愛らしさがあって。


亜生:シーン、シーン。


上白石:ちょっと寒いですね。


昴生:空調(温度)あげられます? すみません、萌音が40度くらいにしてほしいって。


亜生:あっつ(笑)。


昴生:可愛さとちょっと気弱なところが僕と一緒で、素敵だなと思いました。


上白石:気弱なんですか?


昴生:僕、気弱よ? 引きずるタイプなの。


—完成した作品をご覧になった感想を教えてください。


上白石:音楽が大好きだし、世の中的にも鬱々とした時期というのもあって、(作品が)私の心にすごく響いて、ラストは泣いちゃいました。「映画を観たら泣くと思います」ということではないのですが、忘れがちな大事なことを教えてくれる映画だなと思いました。楽しみながらそれを実感できる映画なので、間口が広い作品だと思います。


亜生:事前に台本をいただいていたんで、なんとかここから巻き返して、本番で監督にアピールしたらウエンツさんの役とかできないかなと思って、ウエンツさんのとこだけ練習しました。


上白石:歌もですか?


亜生:歌も(笑)。とりあえず覚えとこうと思って覚えて。監督に直接「ウエンツさんもいけます」と言ったら「大丈夫です」と言われました(笑)。まだ完全にできあがった作品を観られていないので、観るのが楽しみです。


昴生:色合いがポップで、音楽もイマドキの感じですけど。よく聞いてみたら80、90年代の音楽も入っているので、全世代が楽しめる映画になっていると思います。



—皆さんはマイナビティーンズ読者と同じ高校生の頃どんな高校生でしたか?


上白石:地味でした。


昴生:言うても最近やもんな。4、5年前とかやろ?


上白石:5、6年前ですね。芸能の学校でもなく普通の学校に通っていました。高校から上京したんですけど、高1の頃は毎日カルチャーショックを受けていました。勉強を頑張る学校だったので、1年生の時から大学受験のことを言われ続けて。ひたすらガリガリ勉強してました。


昴生:芸能界の仕事をやりながら勉強も?


上白石:はい。だから青春活動みたいなものはしてないんです。


昴生:恋愛とかは?


上白石:全然ですね。


昴生:かわいそう。


上白石:でも好きな子はちゃんといました。もっともっと行事とかも楽しんでおけばよかったなと思います。


亜生:僕は逆に全てを出し終えました。高校で一番目立つような子いるじゃないですか、そんな人です。サッカー部で、バンドもしていてギターボーカルをやっていました。


昴生:僕とお母さん内緒で(亜生のバンドを)見に行ったんよ。そこで亜生が歌いながら好きな人に告白するっていう。俺どんな顔で見ていたらいいんやろって(笑)。


亜生:好きな人のために歌っているのにお兄さんとお母さんと目が合って。まぁ、(2人も)好きやしと思って家族愛に変えたんです(笑)。男女が仲良い高校だったので恋愛とか関係なくみんなで遊んで青春していました。


上白石:モテました?


亜生:めっちゃモテた。


昴生:亜生の教室の外で女の子がキャーキャー言っているのを見てました。その子らが「実は3年生に兄ちゃんいるらしいねん」って僕の教室にきて、大爆笑が起こっていましたね。


上白石:高校の時から笑いをとっていたんですね。


亜生:そう、爆笑王。


昴生:(笑いを)とろうと思ってとってないからね。そういう感じやったから僕はもう地味よ。地味というか、好きな人は好きやけど、嫌いな人は嫌いみたいな。無茶をして笑いをとるような感じで、裸になったりしていたから、女子からはめちゃくちゃ嫌われてました。男の人とかは「面白いな」と言ってくれる子もおって、圧倒的男性人気。でも恋愛もしていましたよ。好きな子もいたし、付き合ったりもしたし。高校の時は彼女いました。


亜生:おかんと同じ名前の彼女おったよね。選ぶときに普通「え?」ってなるでしょ。


昴生:僕も(彼女を)どう呼ぶかをね、悩んでいたんですよ。


上白石:名前を呼ぶたびに。


亜生:おかんが浮かぶでしょ? それが考えられへん。


昴生:懐かしい。


—最後に夢に向かって頑張る10代の女の子にメッセージをお願いします。


上白石:何にでもなれます!


亜生:可能性は未知数です。


上白石:本当に無限大。高校生だと夢がないことに悩む子も出てくるかもしれないのですが、私は自分の好きなことをずっと好きでいることが一番大事だと思います。それが仕事に繋がらなくとも、いつか自分の役に立つので。“自分はサッカーが好きだから絶対サッカー選手になる!”というのも素敵なことだと思うのですが、仕事に関係なくても自分の大好きなことを一つ作って、それをずっとずっと愛し続ける人生も素敵だと思います。好きなことを見つけて、それに打ち込む日々を送ってほしいです。


亜生:一ミリでもやりたいと思うことはやったほうがいいと思います。僕は32歳になってから“あれをやっておけば良かったな”と思うことが結構あって。ほんまにしょうもないですけど、ブレイクダンスやっていたらくるくる回れてなんかできたかもしれんし。僕はサッカーだけだったので、違うスポーツをやっていたらとか英語を喋れたらとか思ったりして。学生時代は自由な分、一ミリでもやりたいと思ったことはやったほうがいいと思います。


上白石:では最後、昴生さん。


昴生:なんやそのフリ、とんでもない。


亜生:ちょっと面白いやついい?


昴生:あの~…、分かれへん(笑)。


亜生:あかんよ、急に分からへんって。


昴生:全部この二人のせいですよ。共演NGにしよ、萌音ちゃんも亜生も。


亜生:そっちから(笑)。萌音ちゃんからはあると思うねん。でもコンビでNGは終わってんねん(笑)。


昴生:(笑)。僕はこの歳で勉強をしたくなっていて。そんなこと絶対にないと思っていたのに。学生の頃に先生が「将来大人になって勉強しておけば良かったってなるで」、「勉強したくなるからしとけ」と言っていたのを聞いて“嘘つけ”と思っていたんですけど、この歳になったらちょっと勉強したいなって。なんで学生の頃に先生が細かく教えてくれていたのに興味を持たんかったのか。興味を持ったら広がるのに、興味を持たないことってほんまにゼロで。やりたいことや好きなことがないという人も、全然興味ないことでもちょっとやり出したら、違う方向でやる気出てきたり可能性広がったりすると思うので、10代のうちに色々やっていくのがいいと思います。




1.マイナビティーンズの公式Twitterをフォローしてね!

  


2.下記のツイートをRTしてね!

3.マイナビティーンズの公式Instagramをフォローしてね!


  

4.下記の投稿に「いいね!」を押してね!

5.ページの下部にある「申し込む」から応募。


以上で応募完了



上白石萌音

1998年1月27日生まれ。鹿児島県出身。

2011年、第7回「東宝シンデレラ」オーディションで審査員特別賞を受賞し、同年デビュー。主な出演作に、『舞妓はレディ』(14)、『君の名は。』(16)、『ちはやふる』三部作

(16/18)、『溺れるナイフ』(16)などがある。歌手としても活動しており、8月に初のオリジナルフルアルバム『note』をリリースしている。


ミキ(昴生、亜生)

昴生:1986年4月13日生まれ。京都府出身。

亜生:1988年7月22日生まれ。京都府出身。

先に芸人の世界に足を踏み入れていた兄の昴生と、介護職員だった弟の亜生が2012年に大阪で結成。17年から2年連続「M-1 グランプリ」決勝進出。亜生は、映画『ライオン・キング』(19)で吹き替え声優に挑戦。昴生は、TVドラマ『恋はつづくよどこまでも』(20)にレギュラー出演。同作の最終話では兄弟でドラマ初共演を果たしている。


ポップ村に住む、歌と踊りそしてハグが大好きな妖精、トロールズ。

元気いっぱいのポピーがみんなの女王様だ。実はトロールズの村はかつて王国として

繁栄していたのだが、音楽のジャンルごとに6つの村に分裂してしまっていたのだ。

「私たちと違う歌や踊りをするほかのトロールズがいるなんて素敵!」と胸を弾ませるポピー。しかし、ロック村のクィーン・バーブが全ての村を乗っ取ろうとしていたのを知る。

ポピーは仲間達と一緒に世界を守る旅に出かけるのだが…。


『トロールズ ミュージック★パワー』10月2日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほかにて全国ロードショー 


A UNIVERSAL PICTURE ©2020 DREAMWORKS ANIMATION LCC.ALL RIGHTS RESERVED.


そして『レゴランド®・ディスカバリー・センター東京』に、レゴで作られた女王ポピーが展示されているということでJKメンバーが潜入してきました!



レゴポピーは29,061ブリックが使用されており、総重量はなんと60kg!

製作期間はおよそ6日間(147時間)。



映画の公開が待ちきれない人も、そして劇場で映画を楽しんだ後にも、レゴランド®・ディスカバリー・センター東京のレゴポピーにぜひ会いにいってみてね☆


レゴ®ブロックができるまでの過程をみることができる

『レゴ®ファクトリー』



「やわらかいプラスチックから、どのようにしてレゴ®ブロックを作っているのか、レゴ®博士のツアーの話を聞きながら知ることができるよ!」


160万個以上のレゴ®ブロックで東京の名所が再現されている

『ミニランド』



「レゴ®ブロックで再現された東京タワーや国会議事堂(1枚目)に新国立競技場(2枚目)。本物そっくりで感激!」


その他にも『レゴランド®・ディスカバリー・センター東京』には、レゴ®ブロックの楽しさを知ったり、見たり、感じたりすることのできるアトラクションがたくさん!


『レゴランド®・ディスカバリー・センター東京』は、みなさまが安心して遊んでいただけるように、安全対策や衛生環境を整えて運営しています。16歳以上の方のみでの入場はできないため、16歳以上の方は15歳以下の妹や弟、お友達と一緒に遊びに行ってね。


INFORMATION

レゴランド・ディスカバリー・センター東京

〒135-0091 東京都港区台場1-6-1デックス東京ビーチ アイランドモール 3階

※レゴランド®・ディスカバリー・センターは大人(16歳以上)のみ、お子様(15歳以下)のみのご入場はご遠慮いただいております。


公式ホームページ:https://tokyo.legolanddiscoverycenter.jp/

募集概要 【サイン&チェキプレゼント】映画『トロールズ ミュージック★パワー』で声優を務める上白石萌音さん、ミキのお二人にJKメンバーがインタビュー!
応募条件 マイナビティーンズに登録している13〜19歳の女の子
募集人数 2名様
応募期間 2020年11月1日(日)まで
応募形態 モニター
当選について 当落は、11月上旬にマイページにてお知らせ致します。
   

このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 答えてサクッとポイントゲット!モニターアンケート募集中
  • JOL原宿
  • ティーンズラボ
  • プレスリリース

Ranking