チャレンジ

【サイン&チェキプレゼント】映画『喜劇 愛妻物語』で夫婦役を演じる、濱田岳さん&水川あさみさんにJKメンバーがインタビュー!

このエントリーをはてなブックマークに追加

   


撮影/米玉利朋子


映画『喜劇 愛妻物語』で夫婦役を演じる、濱田岳さん&水川あさみさんにJKメンバーがインタビューしてきました。


—本作は足立監督の自伝的小説を自ら脚色した作品とのことですが、最初に脚本を読まれた時の率直な感想を教えて下さい。


濱田岳(以下・濱田):主演のお話がくるのは、俳優としてとても胸躍ることなのですが、台本を読んだらとてもがっかりしました…(笑)。カッコいい役で主演を務めたかったなと(笑)。ただ足立監督の脚本は、読み始めるとどんどんページが進んでしまうほど一冊の本としてすごく面白かったです。脚本を読んで、この怖い奥さんを誰が演じるのだろうと思っていたら、水川あさみさんが演じると聞いて。“これは絶対面白い映画になる。じゃあ嫌だけどやろうかな”と思いました(笑)。


水川あさみ(以下・水川): “チカ”という身も心も明け透けにしないといけないような役を、私に委ねていただけたことがとても嬉しかったです。脚本も緻密なセリフのやり取りが本当に素晴らしいなと思いました。そして岳くんと一緒で、こんなクソみたいな(豪太)役を誰がやるのだろうと思っていたんです(笑)。そしたら岳くんが演じると聞いて、とても嬉しかったのを覚えています。



—それぞれ役を演じる上で意識されたことはありますか?


濱田:高校生から見ても(豪太は)ダメなおじさんだったでしょ?(笑)。だから僕がまず(豪太を)好きになってあげないと、奥さんのチカちゃんに対してアクションが始まらないなと思ったんです。僕と豪太は似ているけれど違う人間なので、理解しがたい部分もあって。でも豪太の愚かな部分の根底には、チカちゃんが好きという気持ちがあって、チカちゃんがいないと自分はダメだということが分かっているからこその行動だと理解できたので、豪太の愚かな部分も演じることができました。


水川:豪太に対してあれだけの罵声を浴びせることのできる、エネルギーのある女性なので、表面上で“嫌な女の人”と捉えられたら嫌だなと思ったんです。私も基本的にはチカと似ているのですが、何であんなに怒るのだろうと根本的な理由を考えた時に、チカは豪太の才能を信じて期待しているからだと思ったんです。結婚して夫婦になって日常を過ごしていく中で、そんな気持ちが埋もれてしまうこともあると思うのですが、本当に大切な気持ちは忘れないようにしながら、罵声を浴びさせるようにしていました。



—本作の中では豪太とチカが一緒に買った赤い勝負下着がキーアイテムとなっていますが、お二人のここぞという時の“勝負アイテム”はありますか?


濱田:クランクアップの時に、映画に出てくるお店の赤い下着をプレゼントしてもらったんです。なので、勝負でもある今作の公開初日には、その下着を穿こうと思っています。


水川:ゲン担ぎでね(笑)。


濱田:そう(笑)。僕は穿いている姿を見せられますけど、水川さんの穿いている姿は誰もチェックできないので…穿いていると信じます(笑)。普段、ゲン担ぎをすることがないので楽しみです(笑)。


水川:私も楽しみです(笑)。


—過去にも何度か共演されていますが、今作で共演されてお互いの印象に変化はありましたか?


濱田:以前、『今度は愛妻家』という映画で、最後に結ばれる若いカップルを演じたんです。その時に水川さんと一緒なら安心して自分のことに専念できるなと思ったのですが、その印象は変わらなかったです。今回、夫婦役をして「こんなに(撮影が)楽しいんだ、やっぱりこの人はすごいや」と改めて気付かされました。


水川:私も絶大な信頼を寄せています。(濱田さんとの現場は)余計なことを考えずに自分の役を全うできるので、ありがたい存在だなと思います。許されるならずっと夫婦の役をやりたいと思うくらい(笑)。


濱田:ずっとあいつら夫婦役やってるよと言われるくらいね(笑)。



—お二人はマイナビティーンズの読者と同じ高校生の頃、どんな高校生でしたか?


水川:大阪から上京してお仕事を始めていたので、勉強と仕事を並行してやっていました。


濱田:バイトはしていたんですか?


水川:してないです。やっておけばよかったなと思うこともあって。唯一の後悔です。


濱田:僕もバイトをしたことなくて。高校生の頃、友達を遊びに誘った時に「今日は棚卸だから、ダメなんだよ」と言われて、当時は“棚卸”という言葉が異様にキラキラしたワードだなと感じたのを覚えています(笑)。純粋にレジ打ちをしてみたいなと思ったし、引越し屋のバイトの苦労も味わってみたかったですね。

僕自身、高校生の頃はラグビー部だったので、部活を一生懸命やっていました。でも『金八先生』という学園モノのドラマに出て、実際の学校を辞めなければいけなくなるっていう…(笑)。僕のターニングポイントは高校生です。


—最後に夢に向かって頑張る10代の女の子に向けて、メッセージをお願いします。


水川:最近10代の子は夢がないという話をよく聞きますけど、(インタビュアーの女子高生が夢を持っている話を聞いて)実際はそんなことないのだなと思えてすごく嬉しいです。何も疑わず自信持って突き進んでください。


濱田:今までうるさく言っていた大人のルールみたいなものが、世の中いろんなことが起きたことで、通用しなくなってきたなと思うんです。でもそれは夢を持っている子にとっては、すごくチャンスだと思っていて。今までの当たり前が通用しなくなった分、みんなまっさらな状態なので、こんな時でも上を見ている子には、今までよりもっとチャンスが転がっていると思います。姉さんの言う通りそのまま突き進んでください。





1.マイナビティーンズの公式Twitterをフォローしてね!

  


2.下記のツイートをRTしてね!

3.マイナビティーンズの公式Instagramをフォローしてね!


  


4.下記の投稿に「いいね!」を押してね!

5.ページの下部にある「申し込む」から応募。


以上で応募完了


濱田岳

1988年6月28日生まれ。東京都出身。

2006年に『青いうた〜のど自慢 青春編』で映画初主演を果たす。その後『アヒルと鴨のコインロッカー』(07)で高崎映画祭最優秀主演男優賞を受賞。近年の主な出演作に『永遠の0』(13)、『偉大なる、しゅららぼん』(14)、『HERO』(15)、『ヒメアノ〜ル』(16)、『引っ越し大名!』(19)、『決算!忠臣蔵』(19)、『グッドバイ 嘘からはじまる人生喜劇』(20)などがある。


水川あさみ

1983年7月24日生まれ。大阪府出身。

1997年に『金田一少年の事件簿 上海魚人伝説』(97)で女優デビュー。近年の主な出演作に『バイロケーション』(14)、『太陽の坐る場所』(14)、『福福荘の福ちゃん』(14)、『後妻業の女』(16)、『グッドバイ 嘘からはじまる人生喜劇』(20)などがある。今後は『ミッドナイトスワン』(9月25日公開)『滑走路』(11月公開予定)の公開が控えている。


売れない脚本家の豪太は、大学で知り合ったチカと結婚して10年目。5歳の娘のアキとの3人暮らしだが、脚本家としての年収は50万円程度。生活費はチカのパートに頼っている。若い頃は豪太の才能を信じて支えてくれていたチカも、今では豪太の情けなさに呆れ果て、口を開けば罵倒の言葉が飛び出す毎日。ある日、豪太に仕事のチャンスが舞い込む。映画の脚本を作るには四国に取材に行かねばならないのだが、取材費は出ない。取材先を巡るにも運転免許がない豪太は、チカに運転係として同行してくれるよう説き伏せ、なんとか親子3人で四国旅行に行くことになったのだが、旅行先では次々に豪太に災難が降りかかる。果たして豪太はチカと仲直りすることができるのか…?


『喜劇 愛妻物語』9月11日(金)全国ロードショー

ヘア&メイク/池田美里[濱田分]、岡野瑞恵[水川分] スタイリング/勝見宜人(KoaHole inc)[濱田分]、岡部美穂[水川分]


ⓒ2020『喜劇 愛妻物語』製作委員会


\JKメンバーになってインタビュー

  してみたい!という方募集中!/


募集概要 【サイン&チェキプレゼント】映画『喜劇 愛妻物語』で夫婦役を演じる、濱田岳さん&水川あさみさんにJKメンバーがインタビュー!
応募条件 マイナビティーンズに登録している13〜19歳の女の子
募集人数 2名様
応募期間 2020年10月10日(土)まで
応募形態 モニター
当選について 当落は、10月中旬にマイページにてお知らせ致します。
   

このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 答えてサクッとポイントゲット!モニターアンケート募集中
  • JOL原宿
  • ティーンズラボ
  • プレスリリース

Ranking