チャレンジ

【オリジナルグッズプレゼント】ケイティ・ペリー 5枚目のオリジナル・アルバム『スマイル』8月28日(金)リリース!

このエントリーをはてなブックマークに追加

   

8月28日(金)にニュー・アルバム 『スマイル』をリリースするケイティ・ペリーのオフィシャルインタビュー!

アルバムの発売を記念して、オリジナルハンディファンをのプレゼントも!最後までチェックしてね★


ケイティ・ペリー:日本ジェネリック・インタビュー訳


ーアルバム制作を始めたのはいつ頃ですか? その出発点において、どんな作品にしたいというアイディアがあったのでしょうか。その理由と共に教えてください。

今作に最初に取り掛かったのは、前作『ウィットネス』のツアー中だったから、2年ほど前のことね。

でも、アルバムを作るつもりだったわけじゃなく、ただ思いつくままに曲を書き続けていただけだった。

思いを曲にして表現することで、自分が抱えているものをきちんと理解する必要があったの。

取り組み始めた当初は、人生で一番に近いくらい精神的に参っていた時期で、ものすごく落ち込んでいたから、そこから抜け出すために曲を書こうとしていた。

8月28日にリリースされる今回のアルバムは、立ち直る力や、諦めない心、励まし、そして希望と喜びに満ちた作品になったと思う。

人として今、私たちには、これまで以上に元気づけが必要な気がする。

誰だって最高の人生を送りたい。特に、一夜にして人生が変わることもあり得ると分かったから、生きていることを当たり前と思ってはいけないし、夢を棚上げにしてはいけない。

手を伸ばせばきっと届くはず。今作の曲の多くは、そういったことを歌っているの。

それに今年の夏、人々は安全な環境があれば、屋外や家の中、あるいは友達と一緒に踊りたくなると思う。そしたら、きっと新しい音楽が欲しくなるでしょ。

だからもしかしたらそういった場面でかける曲を、このアルバムがお届けできるんじゃないかな。


ーアルバムのタイトルと、そこに込めた思いを教えてください。

今回のアルバムのタイトルは『スマイル』。

「スマイル」という表題曲が収録されていて、要するに、“笑顔を取り戻そう”というのがテーマなの。しばらくの間、私は笑顔を失っていた。

しばらく笑えなくなっていたから、感情的にも、心理的にも、精神的にも、笑顔を取り戻すための旅に出て、自分の真価を理解しなくてはならなかった。

その過程で、思いがけず世界がこんな状況になり、おそらく沢山の人が笑顔を失ってしまっている。

今までなかったことだけど、常にマスクを着けていなきゃならなくて、人が笑っているかどうかも分からない。

だから最近は笑顔が見られると、いっそう素敵だと感じるのよね。

それが本作のテーマ。つまり、笑顔を取り戻すということよ。


ー今回のアルバムは特に個人的な色合いが濃いと言えるでしょうか?

ええ、そうね。これまでのアルバムはどれも個人的だと言えるけど、そういった面に触れることを私は恐れてはいないの。

なぜなら当たり前のこととして、自分が経験した感情のジェットコースターや絶望感について話せたらいいと思うし、落ち込んだり不安になったり、何か精神的な問題に直面している人たちに、自分だけじゃないんだと感じてもらえたら、解決策についても話をすることができるから。

自分が何を抱えているのか話してみなければ、解決法も分からないでしょ。


ー先行シングル「デイジーズ」について教えてください。デイジーの花言葉は、“純潔”や“美”ですが、この曲でのデイジーはどういった象徴ですか?

この曲は「デイジーズ」という題だけど、変な話、花のことを歌っているわけではないの。花について歌っているような、甘く楽しい歌じゃない。

「デイジーに埋もれるまで」という英語の言い回しには、実は「埋葬されるまで」という意味があって、別の言い方をすれば、「息絶えるまで」ってことね。

だから私は最後の一息まで、自分を偽らずにいよう、と。そして誰に何を言われようと、自分の夢や目的に忠実であり続けよう、と。

自分で決めたことならね。つまり「デイジーズ」は、どんな障害があろうと諦めず乗り切ろう、と歌っている曲で、また、誰かが自分のSNSに何かを書いてきても、耳を貸すのはよそうっていう歌でもある。

誰かに「あー、無理だね、そんな大きな夢を抱いても、大き過ぎて無理だよ」とか、背景にある世界や文化について何か言われたり、「そんな風になれると思うなんて、何様のつもり?」とか言われても、なぜ無理なのか、なぜ私たちでは駄目なのか、分からないでしょ。私はずっとそう思っていた。「なぜ私じゃ駄目なの?」って。

私には特にこれといった背景はなかったけど、でも、私が素質と声を授かったことは間違いない。

とにかくこの曲は、人が新しい夢を描く時にぴったりなサウンドトラックだと思う。


ーザ・モンスターズ&ストレンジャーズと組んだのは、この曲が初めてでしょうか? 今回なぜ彼らと組むことにしたのか、教えてください。

この「デイジーズ」という曲は、ザ・モンスターズ&ストレンジャーズと、あと数人の人たちと一緒に書いたんだけど、そのうちの一人がジョン・ベリオンというアーティストで、彼もまた素晴らしいソングライターなのよ。

彼らと一緒に仕事をすることにしたのは、実はこのアルバムのための曲作りを、最後にあともう1ラウンドだけやろうと決めたからだった。

その少し前に一旦書き終えてはいたんだけど、絞っても、もう一滴も出ないところまで、自分を追い込むのが私は好きなのよ。

これ以上語ることは何も残っていない時に、あともう一つ、何かちょっとしたものが生まれることがある。

その時のセッションから得られたものが幾つかあって、本当に嬉しかった。彼らとは一緒にやれたらいいとずっと思っていたから。

限界に達したと思っても、さらに追い込めば、ちょっとした何か生まれる余地があるってことね。


ー「デイジーズ」を第1弾シングルに選んだ理由を教えてください。

「デイジーズ」を5作目第1弾シングルに選んだのは、この曲がアルバム全体の基盤となっているからだと思う。新作全体の土台だと言える。

収録曲は全体として多種多様なんだけど、そのうちの75%は、“立ち直る力”についてのメッセージや、 “励まし”や、“希望”“喜び”といったメッセージを込めたものになっていると思う。

「ファイヤーワーク」や「ロアー ~最強ガール宣言!」系の曲も数曲ある。

そんな中でも「デイジーズ」が、アルバム全体の方向性を完璧な形で打ち出しているなと思ったのよ。

この曲に決めて良かったのは——

楽しくてノリのいい曲を選ぶのもアリだったかもしれないけれど、今現在の世の中に必要なのは、そういったものではないと思うから。


ー現在初めての妊娠中ですよね。新しい生命が宿ったことで、音楽に対する意識が変わったり、書きたい曲、歌いたい曲が変わったりなど、何か変化はありましたか。

妊娠は、間違いなく人を成熟させるし、急成長しなくてはという覚悟を持たせてくれると思う。でも多分その急成長はまだこれからね。

つまり、この一山を越えた後は、またものすごくインスピレーションが湧いてくる気がする。

私は常々、「愛犬以上に愛せる存在なんて、いないと思う」と言っていたのよね。

だって、愛しくてたまらないんだもの!

でもこれからきっと、すごくびっくりすることが待っているんだろうな。

人生の見方がこれまでとは全く違ってくると思うし、その心構えはできている。完璧なタイミングだわ。

よりにもよってパンデミックの真っ只中だとはいえ、説妙なタイミングね!


ーアルバムが完成してから、全ての曲を通しでお聴きになりましたか?

ええ、もちろん、この期間ずっとね。全てを完璧に整えたいから。

それに思いがけず、少し時間の余裕ができたでしょ。

元々は6月にアルバムを出す予定だったんだけど、新型コロナ感染拡大と外出制限の影響で、数ヶ月延期したから、

それで時間に余裕ができ、私がやりたいと思っていた微調整を加えた。地元のサンタバーバラまでは車で往復1時間半ほどだから、車中で頻繁に聴いていると言えるわね。

このアルバムには、私自身ものすごくワクワクしているの。世界中の人に聴いてもらいたくてウズウズしてる。

1ヶ月ほど全く聴かないで寝かせていた時もあって、そのあと改めて聞き直して思ったのよ。「アルバムは準備OK。私たちも準備OK。さあ、やろう」ってね。


ーアルバム・リリース後の活動予定について教えてください。

皮肉な話、皆、予定は立てていたと思うんだけど、特に年内は、予定通りのままの人なんて、もうほぼいないんじゃないかな?

奇遇なことに私は元々、本作の発表直後にツアーする予定は入れていなくて、しばらく家で過ごすことになっていた。

でも、今は誰もが家で過ごしているような状況でしょ。足並みを揃えてステイホームしている。

だから来年はもっと精力的な年になって、コンサートに関して言えば、誰にとっても面白い年になると思う。

今後はアルバムが出るまで、私は色んな違った形でパフォーマンス活動を行っていくつもりでいるの。

アルバム発売前にさらに曲を発表したりして、あらゆる面で革新的なことをやり続けていく。

自分の音楽と組み合わせることができる様々なテクノロジーに、すごく興味を持ち始めたのよね。とにかくもっと楽んでもらえることをしたい。

自宅からであれスタジオからであれ、退屈を吹き飛ばせるようにね。

もちろんライヴで観客の皆さんと通じ合う時の感覚は替えの効かないものだけど、でも今は皆、同じ考えだと思う。


ーあなたはこれまでも様々な新しいテクノロジーを駆使してきましたよね。例えばアレクサを用いたり、『アメリカン・アイドル』でのパフォーマンスも然り、またオンラインでファン・ミーティングを開催したり。今回のアルバム発売前にも、何かやっていただけると期待して良いですか?

そうね、確かに私はテクノロジーを活用しているわね。自分の曲を演出するのに、興味をそそるような面白い方法を模索しているのは間違いない。当たり前の方法だけではなくてね。特に現状では、テクノロジーが頼りでしょ。

そして私には、とてもクリエイティブな、最高のチームが揃っている。きっと日本のファンの皆さんのために、特別なパフォーマンスを披露するからね。私も今からすごく楽しみしてるのよ。

たとえ今年は来日が無理だとしても、絶対にまた行くし——

いつもなら必ず毎年、1年も欠かさず日本を訪れていて、本当なら今年も4月に行くはずだったのに!

でも、来年は絶対行くからね!


ー日本のファンにメッセージをお願いします。

コンニチハ! ケイティ・ペリーです。

私のインタビューを読んでくださって、どうもありがとう!

そして「デイジーズ」を聴いてくれて、本当にどうもありがとう。

いよいよ8月28日に新譜が発売されることになり、今からワクワクしています。

もしあなたが笑顔になれずにいた時があったなら、このアルバムを聴いて笑顔を取り戻せますように。

私がどれほど日本のファンの皆さんのことを愛し、想っているかは知ってるよね?

これからもZoomを通じて、そしていずれは直接、皆さんに会えるのを楽しみにしています。

多分、来年かな!そうなったら最高に嬉しいな。

皆さん、愛してます!


【ニュー・アルバム】

Katy Perry “Smile”

ケイティ・ペリー『スマイル』8月28日(金)発売!

*国内盤CD:UICC-10049 / 2,500 円(税別)/ 歌詞・対訳・解説付 / ボーナス・トラック6曲収録

*試聴・購入はこちら:https://umj.lnk.to/Katy_Smile




1.マイナビティーンズの公式Twitterをフォローしてね!

  


2.下記のツイートをRTしてね!

3.マイナビティーンズの公式Instagramをフォローしてね!


  

4.下記の投稿に「いいね!」を押してね!

5.ページの下部にある「申し込む」から応募。


以上で応募完了


(^^)ABOUT KATY AND “SMILE”(^^)

米・カリフォルニア州出身のシンガー・ソングライター。2008 年に本国でデビュー。

ポップな歌やライヴの演出、キュートなルックス、天真爛漫なキャラクター、そして抜群のファッション・センスで、デビューと同時に世界的大ブレイクを果たした“プリンセス・オブ・ポップ”。2ndアルバム以降3作連続全米アルバム・チャート1位を獲得し、世界総売上枚数は4,500万枚以上、と全世界で圧倒的人気をほこる。 2020年7月現在、婚約者のオーランド・ブルームとの第1子を妊娠中のケイティ。2020年8月は、約3年ぶりで、5枚目のオリジナル・アルバムとなる今作『スマイル』と、尊い命のダブル・リリース!今作は、2020年に世界中で暗いニュースや深刻な状況が続く中、“たとえマスクの下で表情が分かりにくくても、みんなに笑顔でいてほしいし、笑顔になってほしい”と言うケイティが、世界中にたくさんの笑顔を咲かせるために作ったアルバム。今日は辛いことや悲しいことがあったとしても、明日はきっといい日になる。『スマイル』を聴いたら、そう確信できるはず(^^)


・日本公式サイト:http://katyperry.jp   ・海外公式サイト:http://katyperry.com/

・日本公式twitter:https://twitter.com/katyperryjp  ・公式LINE:@katyperry https://line.me/ti/p/%40katyperry

・Twitter:https://twitter.com/katyperry  ・Instagram:https://www.instagram.com/katyperry

・Facebook:https://www.facebook.com/katyperry/  ・YouTube: https://www.youtube.com/katyperry

募集概要 【オリジナルグッズプレゼント】ケイティ・ペリー 5枚目のオリジナル・アルバム『スマイル』8月28日(金)リリース!
応募条件 マイナビティーンズに登録している13〜19歳の女の子
募集人数 3名様
応募期間 2020年9月27日(日)まで
応募形態 モニター
当選について 当選は、9月下旬にマイページにてお知らせ致します。
   

このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 答えてサクッとポイントゲット!モニターアンケート募集中
  • JOL原宿
  • ティーンズラボ
  • プレスリリース

Ranking