チャレンジ

【サイン&チェキプレゼント】Netflixオリジナルドラマシリーズ『呪怨:呪いの家』に出演する荒川良々さん、黒島結菜さんにマイナビティーンズがインタビュー!

このエントリーをはてなブックマークに追加

   

Netflixオリジナルドラマシリーズ『呪怨:呪いの家』に出演する荒川良々さん、黒島結菜さんにマイナビティーンズがインタビューしてきました。



撮影/堤博之


―今回の作品への印象を教えてください。


荒川良々(以下・荒川):今までは笑いの要素が多い作品に出ていたので、こんな淡々としたホラーに出演するのは初めてですし、緊張と不安と喜びがすべて混ざった感じでしたね。このインタビューを読んでいる10代の子にも荒川でいけるのか?と思われるかもしれないですし、知り合いからも僕と黒島さんで『呪怨』をやるっていうニュースを見て、「どんな役なんだ?」って聞かれて。僕もどう答えていいかわからなくて、心霊研究家って言ってもわかりづらいので、「白塗りして、ブリーフでずっと現場にいました」って伝えて。「寒かったな〜」って(笑)。


黒島結菜(以下・黒島):私は以前、呪怨作品に出演していて、今回違う話・違う役でこうしてまた参加できるというのはありがたいですし、嬉しかったです。あと、現場がとにかく楽しかったなって印象です。



―撮影現場はどんな雰囲気でしたか?


荒川:天気も良くて、ホラーを撮っている感じではなかったですね。僕たちの出るシーンは血とかもあまりなかったので。


黒島:そうですね。


荒川:ドドメ色みたいなメイクをしている俳優さんを「痛そうだな」って思って見ていました(笑)。


黒島:私は、三宅監督とカメラマンさん以外は以前ご一緒したことがあったので安心感もありましたし、和気あいあいとした現場でした。みなさん、ホラー作品を楽しみながら撮っているという印象で。どうやったら怖く見えるんだろうと、みんなで話し合いながら撮影していた印象が強いです。


荒川:作中に出てくる家のインテリアも時代ごとに美術さんが変えているのを見ていて、「また変わった!」ってびっくりしたり。


黒島:すごかったですよね。


荒川:内装だけですけど、「大変だな〜」って思いながら現場で見ていました。


―お二人ではどんなお話をされましたか?


黒島:良々さんとの会話で覚えているのが焼き鳥屋さんの話です。「1人でカウンターで飲んでいる女性がカッコいい」って(笑)。


荒川:多分、撮影が早く終わったときに焼き鳥屋へ行って、そういう女性を見たのかな。


黒島:そうおっしゃっていました。そのお店にはそういう女性が多いんだって。


荒川:黒島さんはやらないですか?


黒島:まだやったことはないです(笑)。


荒川:やってほしいな〜(笑)。



―特に印象に残っているシーンはありますか?


黒島:現場でもちょっと感じていたんですけど、完成した作品を観て、鏡を使ったカメラアングルが象徴的だなと思いました。そのアングルから動いていって、実像が見えてくるというのが怖さを強調しているのかなと。


荒川:僕と(柄本)時生くんが面会室でガラス越しに話すシーンで、ひとりの顔だけを撮っているけど、反射でもう片方の顔が映ったり。鏡じゃないですけど、そういう部分も丁寧にカメラマンや三宅監督が考えて撮っていましたね。あと子供が怖かった。何が見えているのかわからない、子供の目が印象的でした。


―マイナビティーンズの読者に、10代のうちにやっておいたほうがいいことなど、アドバイスをいただけますか?


荒川:10代の頃、何も考えていなかったですね。実家が商売をやっていたので後を継ぐから大丈夫だ、みたいな。バカだったんでしょうね……(笑)。だから今この仕事をしているのも不思議です。もしアドバイスをするなら、ひとり旅とかいいですよね。僕もカッコつけて行ったんですけど、同じアジア人でも差別がある地域があったり、逆に肌の色が近いからってすごく優しくしてくれる場所があったり。そういうのがいろんな発見になったし、自分自身も変わったなって思いましたね。友達とわいわい行くのも楽しいですけど、ひとりで頼る人がいないっていう状況もいいと思います。


黒島:私はもっと外で遊んでおけばよかったなと思いますね。今はSNSやリモートでなんでもできるようになってきていて、人と直接会わないのが当たり前になるんだろうなとこの期間で思ったんです。山登りとか、もっと自然があるところに行っていたらよかったなって。




―今後、行ってみたい場所は?


黒島:日帰りで行ける山に行きたいですね。前に富士山に登ったことがあるんですけど、それがすごく楽しくて。


荒川:1合目から?


黒島:5合目から登り始めて8合目の山小屋に泊まって、朝日を見ました。登ることというか、そういう経験をすることが好きで。登るときも下るときもずっと楽しかったですね。


荒川:しんどくないんですか?


黒島:しんどいんですけど、しんどくないんですよ。ただただ楽しかったです(笑)。




応募方法


1.マイナビティーンズの公式Twitterをフォロー


https://twitter.com/mynavi_teens


2.下記のツイートをRTしてね!

3.マイナビティーンズの公式Instagramをフォロー


https://www.instagram.com/mynaviteens/


4.下記の投稿に「いいね!」を押してね!

5.ページの下部にある「申し込む」から応募。


以上で応募完了


荒川良々

1974年1月18日生まれ。佐賀県出身。

主な出演作に、『謝罪の王様』(13)、『福福荘の福ちゃん』(14)、『ジヌよさらば~かむろば村へ~』、『予告犯』(15)、『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』(16)、『心が叫びたがってるんだ。』(17)、ドラマ「先に生まれただけの僕」、『覚悟はいいかそこの女子。』(18)、ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」(19)などがある。


黒島結菜

1997年3月15日生まれ。沖縄県出身。

主な出演作に、大河ドラマ「花燃ゆ」(15)、「時をかける少女」(16/主演)、「アシガール」(17/主演)、『十二人の死にたい子どもたち』、大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」、『カツベン!(仮題)』(19)、「スカーレット」(20)、「行列の女神〜らーめん才遊記〜」(20)などがある。


1988年、心霊研究家の小田島(荒川良々)はオカルト番組で共演した新人タレント、はるか(黒島結菜)が経験した怪現象に興味を引かれる。同じ頃、あるトラブルによって転校を余儀なくされた女子高生の聖美(里々佳)は級友たちに誘われ、“猫屋敷”と呼ばれる空き家を肝試し気分で訪れることに。6年後、ソーシャルワーカーの有安(倉科カナ)は虐待されている子どもを救おうと、必死の行動を起こす。まったく接点のなかった彼らは一軒の家を中心に引き寄せられていく。


『呪怨:呪いの家』7月3日(金)Netflixにて全世界独占配信


ライター/東海林その子

募集概要 【サイン&チェキプレゼント】Netflixオリジナルドラマシリーズ『呪怨:呪いの家』に出演する荒川良々さん、黒島結菜さんにマイナビティーンズがインタビュー!
応募条件 マイナビティーンズに登録している13〜19歳の女の子
募集人数 2名様
応募期間 2020年8月2日(日)まで
応募形態 モニター
当選について 当落は、8月上旬にマイページにてお知らせ致します。
   

このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 答えてサクッとポイントゲット!モニターアンケート募集中
  • JOL原宿
  • ティーンズラボ
  • プレスリリース

Ranking