チャレンジ

【サイン&チェキプレゼント】映画『記憶屋 あなたを忘れない』に出演する、芳根京子さんにJKメンバーがインタビュー!

このエントリーをはてなブックマークに追加

   

映画『記憶屋 あなたを忘れない』に出演する、芳根京子さんにJKメンバーがインタビューしてきました!


 


撮影/米玉利朋子


―今作で初の大学生役を演じられていましたが、大学生の役を演じるにあたっての思いやキャンパスライフへの憧れはありますか?

 

芳根:キャンパスライフへの憧れはすごくあります。衣装合わせの時に、今どきの大学生はどんな服を着ているのだろうと考えたのですが、全く分からなくて。少し切なくなりました。でも自分の人生は自分で選んだので、後悔はないです。



―今回主演の山田さんとは初共演でしたが共演された印象はいかがでしたか?


芳根:イメージ通りの方だなと思いました。顔合わせの時に山田さんが先にお部屋にいて、後から私が入ったのですが、部屋の前の廊下がすごくいい香りがして!多分山田さんだと思うんです!(笑)なので、いい香りのする方というイメージです(笑)。



―初共演の山田さんと幼馴染の役を演じるにあたって、意識されたことはありますか?


芳根:私は自分からアプローチがすることが苦手なのですが、そんな中、山田さんと二回目にお会いした時に(山田さんが)『タメ口でいいよ』と言ってくださったんです。恐れ多いと思って『無理です』と断ってしまったのですが(笑)。『でもその方が遼ちゃんと真希としてのいい関係性になると思うから』と言ってくださって、その一言で一気にホッとして砕けられた気がしたので、すごく感謝しています!


 


―今作には人の記憶を消すことができる「記憶屋」というのが出てきますが、芳根さんは記憶屋に消して欲しくない記憶はありますか?


芳根:消してほしくない記憶というよりも、消して欲しい記憶がないんです。真希は劇中で「(記憶を)消した方がいい時もある」と言っていて、遼ちゃんは「(記憶を)消さないでいた方がいい」と言っていましたが、どちらの意見にも共感できました。消した方がいい記憶を消すことで救われる人がいるのも分かります。でも私は消したい記憶を消すのではなくて、いい記憶に塗り替えられたらいいなと思っています。もし失敗をしてしまったら、次は失敗をしないようにしようとか。今まで私自身がそんなに派手にやらかしたことがないから言えるのかもしれませんが。消すというのはあまり前向きでないなと、今回『記憶屋』を観て、記憶を振り返ってみてそう思いました。


―作品を観て改めてそう思われたんですね。


芳根:過去があるから今があるし、今があるから未来があるんだと思った時に、そう思いました。でも分からないですよね。3年後、もしかしたら「この記憶消したいです」と言っているかもしれないのですが、今のところは何もなく過ごせています(笑)。


 


―これだけはとくに消されたくないと思う嬉しい記憶はありますか?


芳根:作品が決まって、放送された作品を観た後の家族の顔です。初めて朝ドラに挑戦させてもらう直前に、もう亡くなってしまったのですが、祖母に「朝ドラに出ている京子が見たい」と言われたんです。その時に丁度、受けていた朝ドラのオーディションに受かって。その記憶は絶対に忘れちゃいけないと思っています。

あと祖父が病気で入院していた時に直感で“会いたい”と思って、地元の北海道まで会いに行って“ずっとここにいたい”と思ってしまったのですが、祖父に「お前はやるべきことがあるし、行くべき場所があるから、ちゃんと東京に戻って自分のやるべきことを全うしてこい」と言われて。その3日後に亡くなったのですが、その言葉にすごくパワーを感じました。

いま一緒に住んでいる祖母にも「あなたが頑張っているのが生き甲斐で、それが嬉しい」と言われて。家族のために何かをやれている自分、それを見て喜んでいる家族の顔が私のパワーの源なので、それは忘れないし、忘れてはいけないことだなと思います。


―最後に映画の公開を楽しみにしている方にメッセージをお願いします。


芳根:ちょうど1年前に撮影をしていて、やっとみなさんに観てもらえると思うとすごく嬉しいです。私は真希をとにかく大切に丁寧に演じさせてもらいました。なので、真希の苦しみや強さを分かち合ってもらえたら、真希はすごく救われると思います。真希のことを大切に思ってくれる人が1人でも多くいてくれたら、私もすごく救われます。一度だけでなく、二度観てもまた違う感覚で観ることができる作品だと思うので、大きなスクリーンでたくさん観て頂けたら嬉しいです!


 



★応募方法★


1.マイナビティーンズの公式Twitterをフォロー

https://twitter.com/mynavi_teens



2.下記のツイートをRTしてね!

3.マイナビティーンズの公式Instagramをフォロー

https://www.instagram.com/mynaviteens/



4.下記の投稿に「いいね!」を押してね!


5.ページの下部にある「申し込む」から応募。

以上で応募完了★



芳根京子

1997年生まれ。東京都出身。

2013年にフジテレビ系ドラマ「ラスト♡シンデレラ」で女優デビュー。2015年にはドラマ「表参道高校合唱部!」でドラマ初主演を務め、2016年にはNHK 連続テレビ小説「べっぴんさん」でヒロイン坂東すみれ役を務める。主な出演作に『心が叫びたがってるんだ。』(17)、『累-かさね-』(18)、『散り椿』(18)、『居眠り磐音』(19)、『ぼくらの7日間戦争』(19/声の出演)など。今後は『峠 最後のサムライ』(2020年公開)の公開が控えている。


大学生の遼一は年上の恋人・杏子にプロポーズするが、その翌日から彼女と連絡が取れなくなってしまう。数日後に再会した彼女は、遼一の記憶だけを失っていた。信じられない遼一は、人の記憶を消せるという都市伝説的な存在「記憶屋」のことを知り、大学の先輩で弁護士の高原に相談して今日この記憶喪失の原因を探り始める。記憶屋の正体に近づくにつれ、遼一は多くの人が記憶屋に人生を救われていることを知る。だとしたらなぜ杏子の中から遼一の記憶だけが消えたのか。彼らがたどり着いたその先には、運命を大きく変える真実があった…。


映画『記憶屋 あなたを忘れない』1月17日(金)全国ロードショー

©2020「記憶屋」製作委員会

募集概要 【サイン&チェキプレゼント】映画『記憶屋 あなたを忘れない』に出演する、芳根京子さんにJKメンバーがインタビュー!
応募条件 マイナビティーンズに登録している13〜19歳の女の子
募集人数 1名様
応募期間 2020年2月16日(日)まで
応募形態 モニター
当選について 当落は、2月中旬にマイページにてお知らせ致します。
   

このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 答えてサクッとポイントゲット!モニターアンケート募集中
  • JOL原宿
  • ティーンズラボ

Ranking