チャレンジ

【サイン&チェキプレゼント】映画『羊とオオカミの恋と殺人』に出演する、杉野遥亮さん、福原遥さんにJKメンバーがインタビュー!

このエントリーをはてなブックマークに追加

   

映画『羊とオオカミの恋と殺人』に出演する、杉野遥亮さん、福原遥さんにJKメンバーがインタビューしてきました!


撮影/三橋優美子


―今作で演じられた役はお2人とも両極端な役柄でしたが、演じる上で大切にしたこと、また演じた役はどんな人物だと思いましたか?


杉野:監督には、この世界の端っこの物語という話をお聞きしていたので、観ていただいた方にファンタジーとか自分に遠い世界の話だと思われないように、できるだけリアルにできればいいなと思っていました。
僕が演じた黒須は、「私のどこが好き?」と(宮市に)聞かれて、「まるっと」と答えられほど、温かみがあって、包み込んでくれる人だなと思います。


―福原さんは演じられた宮市というキャラクターはどんな人物だと感じましたか?


福原:すごく真っ直ぐな子だなと思いました。殺人鬼というところは共感できませんでしたし、謎も多いのですが、それ以外は、喜怒哀楽が少しだけ激しい可愛らしい女の子だなと思いました。


―台本を読んで想像していたお互いの役と、実際にお二人でお芝居した時とでギャップを感じたところはありましたか?


杉野:今回が二度目の共演で、前回とは役の関係性がガラッと変わったので、ギャップを感じたところはありました。


福原:そうですね。





―今回はどんな印象を受けましたか?


杉野:僕の知らないところで監督とすごく話されていたんだろうなと思いました。(宮市の)設定だけを見ると遥ちゃんとはとかけ離れた人物だと思います。遥ちゃんの持っている透明感が、宮市さんにすごく馴染んでいるなと思いました。


福原:漫画を読んで想像していた黒須くんそのままだなと思ってビックリしました。以前共演したときは、今回の役とは正反対のかっこいい役だったので、黒須くんを演じている姿は、まったく別の人を見ているようでした。


―二度目の共演ということで、お互いの新たな一面を見つけることはありましたか?


杉野:一度共演しているのに人見知りを発揮してしまって、最初はお互い探り探りでした(笑)。


福原:毎回そうなると思います(笑)。


杉野:でも今回は以前よりもすごく話しました。お互いの考えを共有するのは初めてだったので新鮮でした。


福原:前は、そういう話はほとんどできなかったですね。


杉野:今回は一緒に手を取り合って越えていったところもありましたし、一年振りに共演して、お互いに成長しているところも感じられて、良い刺激を受けました。



―映画の中のお二人は理解しがたい恋愛をしていましたが、お二人自身の周りから理解されないこだわりなどはありますか?


杉野:理解されないかどうかは分からないけど、お風呂入ったあとは真っ裸です(笑)。


福原:ずっとですか?


杉野:体を自然乾燥させているので、しばらくは(笑)。


福原:それは理解出来ない(笑)。


杉野:確かにあんまりそういう人はいないかもしれないですね。下着や洋服は寝る直前か、寒くなってきた頃に着る(笑)。


福原:嘘でしょ?!(笑)。自然乾燥する前に体はタオルで拭くの?


杉野:タオルで拭くよ(笑)。体を拭いたら裸のままテレビを観たりして、そろそろ寒くなってきたなと思った頃に着ます。


福原:絶対にやめた方がいいですよ(笑)。


杉野:そんな事やってるから、風邪を引くんでしょうね…(笑)。


福原:私は髪と体を拭くバスタオルが別です。


杉野:そっちの方が理解できない(笑)。


福原:一回にバスタオルを2枚も使うのはもったいないので、一日目に髪を拭いたタオルで二日目に体を拭いています。首から上と下で拭くタオルが別なんです。(杉野くんは)しない?


杉野:しないね。髪短いから(笑)。


―今回お互い価値観の違う相手に惹かれましたが、お二人自身は自分に似た相手を好きになりますか?それとも違う相手を好きになりますか?


杉野:どっちかというと似てない方です。相手が考えていることが透けて見えない人の方が好きになる傾向があります。“なんでそんな発想になるんだろう”と思う人や、自分にないものを持っている人に惹かれます。


福原:私も似てない方ですね。“こんな人になりたい”と自分が尊敬できるような人がいいです。やりたいこと事があっても、なかなか出来ないことってあると思うのですが、そんな自分には出来なかったことが出来ているところを見ると“かっこいいな”とか“人として素敵だな”と思います。




―2019年も残りわずかですが、この一年で印象に残っていることはありますか?


杉野:今年は主演をやらせてもらう機会が多く、それがこの一年の印象深い出来事でしたし、来年への糧になりました。


福原:私は「3年A組 -今から皆さんは、人質です-」というドラマに出演させていただけたことが印象に残っています。自分のお芝居への想いを改めて実感することが出来ましたし、これからも色々な役に挑戦したいなと思えた作品でした。そこで出逢えた人たちと濃密な時間を過ごせたことも良い思い出です。


—2020年の目標があれば教えてください。


杉野:今年色々と経験させていただいて、同世代のライバルだけでなく、自分に対しても勝たなければいけないなと思うところが見つかったので、2020年は色んな意味で勝負の年だなと思っています。


福原:2020年は自分の意見を持って、思っていることをきちんと伝えられるようになりたいなと思います。


—最後に映画の公開を楽しみにしている10代女子へメッセージをお願いします。


杉野:10代の女子の方がどんな風に作品を観てくれるのか楽しみです。少し自分とはかけ離れた世界だなと思われるかもしれないのですが、描いていることは結構単純で、でもその中に色んな意味がたくさん含まれていて。それを一つ一つ汲み取りながら観ても面白いと思うので、ぜひ劇場でご覧ください!


福原:10代の女の子たちに、この作品がどう受け取ってもらえるのか、想像しきれませんが、二人(宮市と黒須)の初々しさにキュンキュンしてもらえるんじゃないかなと思っています。お互いの不器用な愛情表現に共感できるところもあると思うので、自分と照らし合わせられるところがあれば照らし合わせながら楽しんでいただきたいです。そして恋っていいなと思っていただけたら嬉しいです!



★応募方法★

1.マイナビティーンズの公式Twitterをフォロー

https://twitter.com/mynavi_teens



2.下記のツイートをRTしてね!


3.マイナビティーンズの公式Instagramをフォロー



https://www.instagram.com/mynaviteens/



4.下記の投稿に「いいね!」を押してね!

募集概要 【サイン&チェキプレゼント】映画『羊とオオカミの恋と殺人』に出演する、杉野遥亮さん、福原遥さんにJKメンバーがインタビュー!
応募条件 マイナビティーンズに登録している13~19歳の女の子
募集人数 2名様
応募期間 2019年12月27日(金)まで
応募形態 モニター
当選について 当落は、1月上旬にマイページにてお知らせ致します。
   

このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 答えてサクッとポイントゲット!モニターアンケート募集中
  • JOL原宿
  • ティーンズラボ

Ranking