チャレンジ

【サイン&チェキプレゼント】映画『地獄少女』に出演する、玉城ティナさん&森七菜さんにJKメンバーがインタビュー!

このエントリーをはてなブックマークに追加

   

映画『地獄少女』に出演する、玉城ティナさん&森七菜さんにJKメンバーがインタビューしてきました!


撮影/米玉利朋子 ヘア&メイク/今井貴子(玉城分)、佐藤寛(森分) スタイリスト/:丸山佑香[まきうらオフィス](玉城分)、小泉美智子(森分)


―今作の役を演じる上で、苦労されたことや意識したことはありますか?


玉城:原作を小学生の時に読んでいたので、ストーリーは分かっていたので、閻魔あいを演じると聞いた時は驚きました。閻魔あいというキャラクターは本当に独特で、圧倒的な存在感だったので、どういう風に演じようかと最初は戸惑いました。


森:個性豊かで魅力的な方ばかりの中で、私は唯一普通の引っ込み思案の女の子を演じました。この非現実的なテーマの中で、観ているお客さんにもしかしたら本当に起こりうるかもしれないと思ってもらえるような存在でいれたらなと思ったので、普通というのを意識して演じました。




―白石監督と玉城さんは2回目で、森さんは初めてとのことでしたが、白石監督の演出はいかがでしたか?


玉城:私たちは被ったシーンが1シーンくらいしかなかったんです。なので、試写で観させてもらった時に、森さん演じる美保が普通の女の子から染まっていく感じとか、他のキャラクターのシーンも初めて観たので圧倒されました。私自身でいうと、監督に閻魔あいを任せてもらった感じがありました。この世のものでも人間でもないので、これまでの演技の仕方とは全く違っていて。体の軸をほとんど動かさないようにして、声は原作のアニメやドラマを何回もリピートして聴いて参考にしたり、本当に地味な作業を続けていました。


森:私も原作を見ていたので、閻魔あいを実写化すると聞いた時にどなたがどんな風にやるのだろうとすごく気になっていたんです。玉城さんとは初めて一緒のシーンを撮影する時にきちんとお話をさせてもらったのですが、「あいちゃんだ!」と思ってビックリしました。出で立ち、立ち振る舞いがいい意味で人じゃないなと。


玉城:人だけどね(笑)。ありがとうございます!



―瞬きをされなかったんですよね?


玉城:そうなんです。でもドライアイなので割と得意なんです。あとは息を大きく吸うと肩が動いてしまうので、そこを気をつけるのが難しかったです。感情がほとんど動かないので、体で作る閻魔あいは難しかったです。


森:早くこれを原作ファンの方や皆さんに共有したいなという気持ちでいっぱいです。


―初共演いかがでしたか?


玉城:もっとお話をしたかったですね。共演シーンでは美保の感情がバッと出るシーンだったので、引っ張られてしまうんじゃないかと心配でした。(森さんの演技を)すごいなと思いながら見ていました。


森:いつもこういった感情が大きく振れるシーンは、心の構えをしていく方なんですけど、玉城さんとご一緒させていただいたシーンだけはそれを意識的にせずとも自然と惹かれていって、自分の感情が動いたんですよね。玉城さんの吸引力に飲み込まれてお芝居できたなと思うと本当にすごい方なんだなと思いました。


玉城:恐れ多いですね。ありがとうございます。



―劇中に出てきたシーンのように、自分が学校で生活するために必要な居場所を確保するための友達か、学校の居場所がなくなったとしても自分と気の合う友達、どちらを大切にしたいと思いますか?


玉城:自分の中高生時代を思い出しても、教室の雰囲気って異様で独特な世界でしたね。気の合う、合わないは別として、なんとなくグループとして固まっていて、卒業して学校以外の世界を知ったら、自然と自分の個性を出して生きていくと思うので。私自身中学校まで沖縄にいたのですが、沖縄の友達とは未だに仲がいいし、高校でできた友達もたくさんいます。どちらが大切かは難しくて選べないですけど、学生時代にできた友達はすごく特別だなとは思います。


森:同じ高校生として、今玉城さんがおっしゃった「教室が異様だった」というのが今ちょっとグサッときました。確かに、少なからずとも無理をしないといけないというところはあるなと。さっきまで「どっちも大事です!」と良いことを言おうと思ったのですが、それは言えないなと。でも私は気の合う友達の方が良いのかなと思います。私は無理してでも誰かといないと不安になってしまうので、どちらと大切に楽しくいたいなと思います。



―劇中に出てくるキャラクターのように、自分を犠牲にしてでも守りたいモノやコトは何かありますか?


玉城:自分はすごく大事なんですけど(笑)。地獄少女がいる世界で、自分が犠牲になってでも誰かを助けたいという気持ちにはもちろん寄り添うことができるのですが、私自身そこまで放っておかないと思うんです。自分を潰したり犠牲にしたりするまで誰かを助けるというよりも、一歩手前のところで話し合いたいなと思います。


森:いま私は些細なことが楽しくて、学校に行って冷房つけるとかつけないとか、寒いとか寒くないとかっていうやりとりをする日常が本当に愛おしいんです。だからそういう平和な日常が壊れるくらいなら、私が居なくなろうかなと思います。





玉城ティナ

1997年生まれ。沖縄県出身。
2012年に講談社主催の「ミスiD(アイドル)2013」でグランプリを獲得。その後、2012年から2018年にかけて、「ViVi」の専属モデルを務める。主な出演作に『わたしに××しなさい!』(2018/初主演)、『ういらぶ。』(2018)、『チワワちゃん』(2019)、『Diner ダイナー』(2019)などがある。今後は『AI崩壊』(2020/1/31公開予定)の公開が控えている。


森七菜

2001年生まれ。大分県出身。
中学3年生の夏休み、地元でスカウトされる。『心が叫びたがってるんだ。』(2017)で映画デビュー。2019年はテレビドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」、『天気の子』(ヒロインVC)、『東京喰種 トーキョーグール【S】』、『最初の晩餐』などに出演。今後は岩井俊二監督の『ラストレター』(2020/1/17公開予定)、NHK連続テレビ小説「エール」の出演が控えている。



「午前0時に〈地獄通信〉ってサイトにアクセスして
ムカつく奴の名前を入力したら、地獄送りにしてくれるって」

怨みを晴らしてくれるというサイト〈地獄通信〉の都市伝説に沸く女子高生たち、そのグループになじめず、浮かない表情を浮かべる、市川美保。
大好きなアーティスト、魔鬼(マキ)のライブで知り合った南條遥の奔放さに魅了された美保は、居場所のない教室から逃げるように、一緒に魔鬼のコーラスのオーディションを受ける。だが、受かったのは遥だけだった。
やがて遥は美保に冷たくなり、様子がおかしくなっていく。心配した美保は、魔鬼が遥を<儀式>の生贄にしようとしていることを知る。遥を奪い、その命までも奪おうとする魔鬼を地獄送りにするため、美保は〈地獄通信〉にアクセスするが─。



監督・脚本:白石晃士
出演:玉城ティナ、橋本マナミ、楽駆、麿赤兒、森七菜、仁村紗和、大場美奈(SKE48)、森優作、片岡礼子、成田瑛基/藤田富、波岡一喜
原案:わたなべひろし 原作:地獄少女プロジェクト
配給:GAGA
映画『地獄少女』11月15日全国ロードショー

©地獄少女プロジェクト/2019 映画『地獄少女』製作委員会
公式HP: gaga.ne.jp/jigokushoujo-movie/


募集概要 【サイン&チェキプレゼント】映画『地獄少女』に出演する、玉城ティナさん&森七菜さんにJKメンバーがインタビュー!
応募条件 マイナビティーンズに登録している13~19歳の女の子
募集人数 2名様
応募期間 2019年12月13日(金)まで
応募形態 モニター
当選について 当落は、12月下旬にマイページにてお知らせ致します。
   

このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 答えてサクッとポイントゲット!モニターアンケート募集中
  • JOL原宿
  • ティーンズラボ

Ranking