チャレンジ

【ムビチケプレゼント】映画『ブラック校則』に出演される、佐藤勝利(Sexy Zone)さん、髙橋海人(King & Prince)さんにインタビュー!

このエントリーをはてなブックマークに追加

   

映画『ブラック校則』に出演される、佐藤勝利(Sexy Zone)さん、髙橋海人(King & Prince)さんにインタビューしてきました。


作品のことから今回の共演で発見したお互いの新たな一面まで、たっぷりとお話を聞いてきました♡



―佐藤さんと髙橋さん、そしてSixTONESの田中樹さんが共演するというキャスティングを聞いての印象はいかがでしたか?


佐藤勝利(以下・佐藤):SixTONESもデビューしますし、3グループの共演って感じはしますよね。僕は先輩と共演することが多くて、その現場で学ばせていただいたので、いつかは先輩みたいになりたいなと思っていたんです。だから今回この作品に後輩の海人が出てくれて、ちょっとでも先輩っぽくなれてきてるのかな〜って思いますね。


髙橋海人(以下・髙橋):僕は映像作品に出せていただくのは2回目で、前回はメンバーと一緒だったのですごく心地よかったんです。今回も同じ事務所の先輩が一緒ということですごく心強いなって思ったのと、いつもはアイドルとしての先輩後輩なので、こうやって一緒に作品に出ることでどんな化学反応が起きるのかなって楽しみでした。



―今回、ご自身が演じた役はどういう人物だと思いますか?


佐藤:根暗やクラスの最底辺というキーワードがあるので、プロットを見たときは暗いやつだと思ってたんですけど、本読みや海人と(演技を)あわせたときに監督から「単に暗いわけじゃないほうがいい」と言われて。それで考えて気づいたのは、創楽は個性がない、キャラクターがないキャラクターだから、逆にすごく制約があるんですよ。暗く演じると創楽の感情の動きや何を考えているかを、自分の芝居で制限しちゃうなって気づいて、猫背や伏し目がちなところとか外見は作っていますけど、喋り方とかは自分の素に近い感じで演じています。自分では制限しないで、スタッフさんに客観的に見てもらっている感じですね。



髙橋:僕はバカでまっすぐでKYで、テンション高くてクラスで浮いているって書いてあったのを見て、自分と似ているところがあるなって思ったんで、そのままの自分で、ちょっとテンション高いくらいで演じてます。まっすぐで真面目でバカな創楽のことが好きで、興味があって一緒にいるんだろうなって思いますね。あとは自分の周りにもまっすぐなバカな人間がたくさんいるんで。


佐藤:キンプリに?(笑)


髙橋:キンプリ以外にも(笑)。やっぱ類は友を呼ぶから。


佐藤:そういうこと?(笑)


髙橋:僕の周りにもそういう人がいるので、友だちの癖だったり、ちっちゃいことでもちょっと取り入れてみようと思っています。


―創楽と中弥の会話も見どころのひとつだと思うのですが、お互いに役について話すことはありましたか?


佐藤:どうでした?


髙橋:もともと先輩後輩っていう関係ではあるんですけど、勝利くんに「敬語は使わないでいいよ」とか「友達感覚でいいよ」っていう育てられ方をしてきたので。


佐藤:親じゃないけどね(笑)。


髙橋:なので、わざわざ同級生っぽくしようって話し合いはしてなくて、なんとなく自然にできてるのかなって思います。遊びの範囲内ですけど、休憩中に2人でその役のまま日常会話をしてみたりして、会話のテンポ感もあえて打ち合わせはしてないです。


佐藤:そんなに年も離れてないし、あんまり先輩後輩って感じではないんで、現場に入る前から同級生感をどう出そうかみたいなことでは悩まなかったですね。あと、現場入る前に初めてごはんを食べに行ったんですけど、そこで友だちとして喋ったらどんな感じかな?っていうのが掴めて、この作品に向けての助走になったのかなって思います。


―ごはんは先輩から誘ったんですか?


佐藤:俺からかな?


髙橋:そうです、勝利くんから。「入る前に一回行こうか」って話をしてくれて。超ありがたかったですね。


―現場はどんな雰囲気ですか?


佐藤:この現場が映画、ドラマ、Huluで放送されるので映画のスタッフさんの中にドラマのスタッフさんが混ざっていて、すごく独特ですね。それが面白いところでもあると思うし、新しいものができそうな空気感があるので、うまくいくといいなと思いながら撮影しています。


髙橋:僕はちょっとずつ慣れてきて、スタッフさんともたくさん話したり、同世代のキャストから刺激をもらってます。カットがかかって教室内でみんなが息抜きしながら話しているときは、本当の学校みたいですごい楽しいです。あと、ひとつだけネックなのは、僕って多分雨男なんですよ。タイミングがいいときに雨が降ってるのは、僕の仕業なんじゃないかなって思ってて。


佐藤:びっくりしたのが、海人が待機場所から外に出た瞬間、雨が降り出したんですよ。根っからの雨男って聞いていたけど、それを目撃しちゃって。


髙橋:岸(優太)くんが自分で雨男って言ってて、ずっと岸くんのせいにして生きてきたんですけど、実は俺のせいなのかもしれない。


佐藤:あわさってるんだよ、岸と海人と。


髙橋:King & Princeで大きな行事があるときはいつも雨降ってて。


佐藤:まじか……。


髙橋:そういうところでスタッフさんにまたお前かと思われてたら嫌だなとか思ったりしつつ(笑)、でも自分の中では楽しんでます。



―撮影現場で佐藤さんが頼りになるなと思った瞬間は?


髙橋:細かいところまで気配りしてくれて、ちょっと前に僕が夏風邪という病を患ってしまったときに、勝利くんがすごく効くのど飴を僕に渡してくれたんですよ。すごく嬉しかった。


佐藤:ありがとう(笑)。


髙橋:大事なときに舐めようと思って、まだとってあります(笑)。


佐藤:早く治して!


髙橋:まだ3個しか舐めてない(笑)。


―そういった気配りは、佐藤さんが先輩から学んだことでしょうか?


佐藤:そうですね。山下(智久)くん主演のドラマ『SUMMER NUDE』に出させていただいたときに、僕はデビューしたばっかりで、仕事は楽しむものじゃなくて責任を感じてちゃんとやらなきゃって、すごくかたく考えていたんです。そんな僕に山下くんは「楽しむだけでいいから」って言ってくれて。その言葉をそのまま海人に伝えました。


髙橋:作品入る前に勝利くんとごはんに行かせてもらったとき、大丈夫かな、役になりきれるのかなって結構ビビってたんですよ。そんなときに勝利くんが「現場の雰囲気作りとかは俺が全部やるから、海人は役を楽しんでくれたらそれでいいよ」って言ってくれたんで、今はとりあえず楽しむことに徹しています。めちゃめちゃ頼もしいです。


佐藤:そんなことないでしょ、別に。


髙橋:ふふっ(笑)。


佐藤:いや、笑うだけじゃん(笑)。


髙橋:本当に!頼りになりますよ!現場の立ち振る舞いとかも。


佐藤:嬉しいです(笑)。



―撮影が始まって見えた、お互いの新しい一面は?


髙橋:これまでジャニーズの中の先輩後輩として生きてきたんですけど、外部の人もいる現場で新しく見えたのは、勝利くんってめちゃくちゃシャイで、人しみりで。


佐藤:人見知りね。“み”と“し”が逆になってる。


髙橋:人見知りなんで(笑)、そういう一面を知れて、なんか愛しいな〜って。


佐藤:もう少し先輩後輩感出してほしいんだよね(笑)。


髙橋:なさすぎ?


佐藤:いいんだけど(笑)。僕から見た海人は、現場に入る前も入ったあとも印象は変わんないんですよね。何も変わらないけど……肉を焼くのがめちゃくちゃうまい。本当にみんなに見せたいくらい。


髙橋:撮影しているあいだも、「海人が焼いた肉食いたくなってきたな〜」って(笑)。


佐藤:焼くって簡単ですよ、そりゃ。簡単だけど、なんか奥深さを醸し出してくるんですよ。肉によって焼き方変えてるでしょ?


髙橋:そう、秒数が変わってくる。


佐藤:それが分かるんですよ。一緒にごはんに行ったのが焼肉だったんですけど、店員さんが「焼きますか?」って聞いてくれて、僕はプロに焼いてほしかったんです。でも海人が「僕が焼きます」って言うから最初は嫌だな〜って思ってて。


髙橋:そこは確固たる自信があったんで。


佐藤:いいお店で店員さんも焼くのがもちろん上手なんですけど、海人は肉によって見極めていて……うまいんですよね。


髙橋:こんな喜んでくれる人も、また焼きたいって思える人もはじめて(笑)。ありがとう(笑)。


佐藤:本当に特技だよ、びっくりしたもん。


髙橋:公式プロフィールに入れとこうかな(笑)。


佐藤:絶対入れたほうがいいよ、あれはすごい。その一面しか、僕はまだ発見できてないですね。


髙橋:いやいやいや(笑)。上げて落とすのうまいな!


佐藤:落としてないよ、印象が変わんないってだけだよ(笑)。



(ライター/東海林その子)



★応募方法★



1.マイナビティーンズの公式Twitterをフォロー

https://twitter.com/mynavi_teens


2.下記のツイートをRTしてね!


3.マイナビティーンズの公式Instagramをフォロー

https://www.instagram.com/mynaviteens/


4.下記の投稿に「いいね!」を押してね!


5.ページの下部にある「申し込む」から応募。


以上で応募完了★


佐藤勝利(Sexy Zone)

1996年生まれ。東京都出身。

Sexy Zoneのメンバー。テレビドラマ「ハングリー!」(12/CX)、「SUMMER NUDE」(13/CX)、「49」(13/NTV)に出演。2017年には『ハルチカ』(市井昌秀監督)で映画初出演にして主演を果たす(※橋本環奈とのW主演)。その後も「99.9 –刑事専門弁護士- SEASON Ⅱ」(18/TBS)、「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」(18/NTV)などに出演。本作は、映画単独初主演作となる。


髙橋海人(King & Prince)

1999年生まれ。神奈川県出身。

King & Princeのメンバー。「部活、好きじゃなきゃダメですか?」(18/NTV)でテレビドラマ初主演。(※神宮寺勇太、岩橋玄樹とのトリプル主演)。グループとしての活動に加え、舞台やバラエティ番組でも活躍。現在は「坂上どうぶつ王国」(CX)にレギュラー出演中。本作で映画初出演となる。


さえない青春を生きていた高校生・創楽(佐藤勝利)と親友の中弥(髙橋海人)。彼らが通う高校には理不尽に生徒を縛り付ける校則=“ブラック校則”がはびこっていた。

ある朝、登校してきた1人の女子生徒に創楽は心を奪われる。彼女の名前は希央(モトーラ世理奈)。生まれ持った美しい栗色の髪を黒く染めるよう強要された希央は、反発して不登校となり、退学寸前に。そして創楽と中弥は決意する。「ブラック校則をぶっ壊す!」。

1人では何もできなかった2人が、恋するあの子のため、そして500人の生徒の青春を取り戻すために、ブラック校則と大人たちに立ち向かう!恋と友情の行方は?果たしてブラック校則は?


■佐藤勝利(Sexy Zone) 髙橋海人(King & Prince)

モトーラ世理奈 田中樹(SixTONES/ジャニーズJr.)箭内夢菜 堀田真由 葵揚 水沢林太郎 達磨

   成海璃子 片山友希 吉田靖直 戸塚純貴 星田英利 坂井真紀 / 光石研 でんでん / 薬師丸ひろ子

■脚本:此元和津也 ■監督:菅原伸太郎 ■音楽:井筒昭雄

■主題歌:Sexy Zone「麒麟の子」(ポニーキャニオン)

■企画製作:日本テレビ/ジェイ・ストーム ■配給:松竹 ©2019日本テレビ/ジェイ・ストーム


映画『ブラック校則』11月1日(金)全国公開


©2019日本テレビ/ジェイ・ストーム

募集概要 【ムビチケプレゼント】映画『ブラック校則』に出演される、佐藤勝利(Sexy Zone)さん、髙橋海人(King & Prince)さんにインタビュー!
応募条件 マイナビティーンズに登録している13~19歳の女の子
募集人数 2名様
応募期間 2019年11月6日(水)まで
応募形態 モニター
当選について 当落は、11月上旬にマイページにてお知らせ致します。
   

このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 答えてサクッとポイントゲット!モニターアンケート募集中
  • JOL原宿
  • ティーンズラボ

Ranking