チャレンジ

【オリジナルグッズプレゼント】映画『マレフィセント2』に出演する、アンジェリーナ・ジョリーさんとサム・ライリーさんにJKメンバーがインタビュー!

このエントリーをはてなブックマークに追加

   

映画『マレフィセント2』に出演する、アンジェリーナ・ジョリーさんとサム・ライリーさんが来日されるということで、JKメンバーがインタビューしてきました!


撮影/三橋優美子


『マレフィセント2』を観て、人間、マレフィセント、妖精とそれぞれ個性があって、そして悩みがあるところに自分を重ねる瞬間が多くありました。私達のような10代の女の子は勉強や人間関係、将来のことについて一番悩む時期でもあると思います。そんな10代女子に向けてお二人からメッセージをお願いします。


アンジェリーナ・ジョリー(以下・アンジェリーナ):自分というのは自分なわけで、それにも理由があるわけですよね。自分の求めているものや、自分がすごく大切にしているものは何よりも自分が一番知っていると思うんです。大切なのはこれから歳を重ねるごとに、何が自分をユニークにしているのかということを見つけることじゃないかなと思います。時々、私も色々と見失ってしまっている瞬間があります。そんな時は世界であったり、自分の子供達のためだったり、何か役に立っていると感じることで、気分を上げています。


サム・ライリー(以下・サム):10代の頃、自分もすごく大変な思いをしたのを覚えています。たくさん混乱しました。例えば初恋だったり、身長が突然伸びて自分の体の居心地が悪かったりと色んなことを経験した時期でもありました。

でも、そういったものとどう向き合えばいいのかというのは、人生が教えてくれるものだと思うんです。成長すること、大人になることの良いところは、ありのままの自分を受け入れることを学べる。そしてどうしたら良いのかということが分かることだと思います。ちなみに僕もインタビュワーの方々と同じように学生服を着ていたので、あなたたちを見てその頃のことを思い出して震えました(笑)。


いま私たちはすごく緊張しているのですが。


サム:僕らもだよ(笑)。


お二人は緊張を緩和させるとき何をされますか?


アンジェリーナ:友達を見るのがいいんじゃない?よくやっているのだけど、たくさん人がいる時は友達と目を合わせる。気持ちを誰かと分かち合うことが良いと思う。


サム:これはあまりシリアスなことじゃないから大丈夫と自分に言い聞かせるようにしているかな。どちらかというと、事が起きる前の不安が一番緊張に繋がってしまっていて、実際始まるとリラックスできたりするものだから。



今作を観て〝究極の愛“には色々な形があるのだなと実感しました。お二人にとって、〝究極の愛“とはどんなものですか?


サム:やっぱり無条件の愛ということじゃないかな。究極の愛というものがなんなのかは僕には100%は理解できないけれど、やはり誰もが自分が愛されたいと思うような愛し方をするべきだし、それが実は無条件の愛ではないかなと思う。


アンジェリーナ:愛は、他人の幸せを優先できるそういう気持ちを持てた時に持つのが“究極の愛”ではないかと思います。言葉にするのはとても難しいんだけれど、例えば自分の子供に対しての愛情は、考えなくても意識しなくても、そこにあるんですよね。だから“究極の愛”というのは自分を説得しなくても、考えなくてもそこにただ存在しているものではないかなと思います。


10代の頃にお二人は夢に挫折しそうになった時に、どうやって乗り越えましたか?


アンジェリーナ:10代の時は、何か目標を持っていてそれがうまくいかなかったとしても、他の目標や他の道に向かって頑張っていましたし、それを形にしようと忙しくしていました。


サム:僕はどちらかというと、常にデイドリーマーで夢見る少年というタイプでした。一つ目標があったとして、それがうまくいかなかったら、違うことをしてみる。だって人生は自分をどんな方向に連れて行くかわからないからね。


Sサイズ/Mサイズ

各1名様


応募方法


1.
マイナビティーンズの公式Twitterをフォロー

https://twitter.com/mynavi_teens


2.下記のツイートをRTしてね!


3.マイナビティーンズの公式Instagramをフォロー

https://www.instagram.com/mynaviteens/


4.下記の投稿に「いいね!」を押してね!


5.ページの下部にある「申し込む」から応募。


以上で応募完了


アンジェリーナ・ジョリー

1975年生まれ。アメリカ・カリフォルニア州出身。

1995年に映画『サイバーネット』で主演を務め、注目の的に。1999年『17歳のカルテ』でアカデミー賞助演女優賞を受賞。主な出演作に『トゥーム・レイダー』(2001)、『Mr.&Mrs.スミス』(2005)、『マイティ・ハート/愛と絆』(2007)、『マレフィセント』(2014)などがある。女湯としてだけでなく『最愛の大地』など4作品で監督も手がけている。


サム・ライリー

1980年生まれ。ウェスト・ヨークシャー州出身。

10,000 Things》というバンドのボーカリストとして活動した後に俳優の道へ。2007年に映画『コントロール』で映画デビュー。その後も『サブリミナル』(2008年)、『ロシアン・ルーレット』(2010)、『ビザンチウム』(2012)、『オン・ザ・ロード』(2012/主演)、『マフレフィセント』(2014)、『高慢と偏見とゾンビ』(2016)に出演している。


アンジェリーナ・ジョリーを再び主演に迎え、『美女と野獣』のディズニーが「眠れる森の美女」の新たなる伝説を実写映画化!永遠の眠りから目覚めたオーロラ姫が、フィリップ王子のプロポーズを受け入れた時、妖精界を滅ぼそうとする恐るべき罠が動き出す。結婚式の日、オーロラ姫に危機が迫る。愛するオーロラ姫を救うため、美しきヴィラン、マレフィセントの“究極の愛”が今、試される。


『マレフィセント2』日米同日1018日(金)全国ロードショー

©2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

募集概要 【オリジナルグッズプレゼント】映画『マレフィセント2』に出演する、アンジェリーナ・ジョリーさんとサム・ライリーさんにJKメンバーがインタビュー!
応募条件 マイナビティーンズに登録している13〜19歳の女の子。
募集人数 2名様
応募期間 2019年11月15日(金)まで
応募形態 モニター
当選について 当落は、11月下旬にマイページにてお知らせいたします。
   

このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 答えてサクッとポイントゲット!モニターアンケート募集中
  • JOL原宿
  • JK編集部とは

Ranking