チャレンジ

【サイン&チェキプレゼント】映画『ダンスウィズミー』に出演する、三吉彩花さん、やしろ優さん、chayさんにJKメンバーがインタビュー!

このエントリーをはてなブックマークに追加

   

映画『ダンスウィズミー』に出演する、三吉彩花さん、やしろ優さん、chayさんにJKメンバーがインタビューしてきました!


撮影/三橋優美子


―ご自身の役を演じるにあたって苦労したことはありますか?


三吉彩花(以下・三吉):全部苦労しましたね(笑)。催眠術にかかって、自分の意に反して体が勝手に歌ったり、踊ったりしてしまうという役でしたので、ダンスのレッスンや歌のレッスンもそうですけど、お芝居の中で見せていく強弱みたいなところはかなり難しかったです。表情一つに何十テイクも重ねることもありました。クタクタになりながらも、どんどん自分が鍛えられていって、自分も静香と一緒に成長していった感じがしました。大変でしたけど楽しかったです。


やしろ優(以下・やしろ):私は役と似ているところがありすぎて…(笑)。なので、役作りに苦労することは無かったです。監督に「自由に踊ってください」と言われた時に「どうしようかな…」と悩むことはありましたけど、基本は楽しく自分らしく、千絵になりました。


chay:私は演技自体初めてだったので、本当に右も左も分からないまま、みなさんとご一緒させて頂きました。ただその中で監督が「自分らしく、別に演じようとしなくていい」とおっしゃってくださったので、すごくやりやすかったです。一番苦労したのは叫ぶシーンです。練習では大勢の人がいる中で叫ぶ演技が中々できなかったんです。そしたら監督が叫びレッスンをしてくれださって。そのレッスンというのがスタッフさんが一人ずつ順番に「今日暑いんだよ!」とか「冷やし中華食べたい!」とか叫んだ後に私がセリフを叫ぶというものでした。そのお陰で本当に叫べるようになったので、監督には感謝しています。


―共演されたお互いの印象を教えてください。


やしろ:最初は(三吉さんと)二人のシーンが多かったので、仲良くなれなかったらどうしようと思っていました。全く会ったことのないジャンルの方だったので(笑)。


三吉:そうでしたか(笑)。私も会ったことのないジャンルの方でした(笑)。


やしろ:そうでしょ!(笑)。普段会わないじゃないですか、モデルさんに。


三吉:バラエティとかじゃないとね。


やしろ:そうそう!バラエティで会ったとしても、少しの時間なので仲良くなるまでは難しいし。今回ずっと一緒に撮影をするのでら、本当に仲良くないと辛いだろうなと思うくらい不安で。でもそんな不安は一瞬で取っ払われるくらいフレンドリーな方だったので、意識することなく友達になれたので良かったです(笑)。


三吉:打ち解けてから仲良くなるまで早かった。私の方が年下だったので、どういう風に接したらいいかとかどこまでフレンドリーにしていいのか悩みました。でもオフの時もオンの時も本当にずっとこの感じのままなんですよ。すごく楽しませてくれて、色んな話をしてくれるし、話も聞いてくれる。その懐の大きさに安心して飛び込みました。
後からchayちゃんが参加して、演技が初めてということで現場でも「お芝居が…」とずっと不安そうにしていたけれど、きっと普段は私たちと同じ様な方だろうなと思っていたんです。案の定、蓋を開けたらそうだったので!


chay:そう。こんなに早く素になれたのは初めてかもと思うくらい、受け入れ態勢でいてくれたので。


三吉:準備は万全でしたね。


やしろ:そうだね。明日chay来るってよ!どんと来い!って感じで(笑)。


chay:みんなそれぞれテレビで見ていた印象と全然違った。


三吉&やしろ:違ったね〜。



―やしろさんはお笑い芸人、三吉さんはモデル、chayさんは歌手ということで、普段やっている職業でこの役に活かせたことはありますか?


三吉:静香においては歌うシーンはもちろん、踊るシーンが多くて。とくにポスターに載っているこの衣装でオフィスの中で踊るシーンは、踊った時に綺麗に広がるものになるように、わざわざ作っていただいたりしたんです。自分もモデルのお仕事とかをさせて頂いている時は姿勢や脚の広げ方、手の先までの見せ方、ランウェイをするときも指の先、脚の先まで見られていると思っていることが多いので、意識の持って行きかたみたいなのは活かされていたかなと思います。


やしろ:私は普段お仕事で、倖田來未さんの「キューティーハニー」を歌いながらみんなのところに行ってハイタッチするんですが、やっていてよかったなと。今回バスで歌うシーンではその経験がすごく活かされていて。たまに芦田愛菜ちゃんが出ちゃったりも(笑)。


三吉:倖田來未さんも結構怪しくて(笑)。


やしろ:出てた(笑)?


三吉:3人で路上ライブしているシーンで、貯金箱に「お金こちらにお願いしまーす!」と言っている時の「まーす」とか3割くらいでていて(笑)。


やしろさん・たまに出ちゃう部分もありましたね(笑)。


chay:私はデビュー前に路上ライブをずっとしていたので、路上ライブシーンはただただ懐かしくて素でやれたと思います。ライブでは「盛り上がって行きましょう!」みたいなことを大声で言ったりはするので、思い切りの良さ的なものはライブで培われたんじゃないかなと後から思いました。


―今回の作品は主人公が催眠術にかかっていましたが、みなさんはどんな催眠術にかかってみたいですか?


やしろ:私は静香ちゃんみたいに街中で踊りたい。あんな風に堂々と踊ったり、歌ったりしてみたいですね。


三吉:楽しそうだよね。


やしろ:めちゃくちゃ楽しいと思う。やってみたい。


三吉:私は英語がペラペラになる催眠術にかかりたいです。一生解けなくていい。でも突然解けたときの恐怖はあるよね(笑)。


やしろ:そうだね〜。


三吉:突然、単語が思い出せない。解けてきた…みたいな。


やしろ:催眠術師と一緒に旅行したらいいよ!


chay:もう催眠術師と結婚するしかないよ(笑)。私はジェットコースターに乗れるようになりたい。乗れる方を見ているとすごく楽しそうなので、乗ってみたいなと思います。


やしろ&三吉:楽しいよ~!(笑)



―みなさんはどんな学生でしたか?


chayさん・私ずっとふざけ倒していたな(笑)。


三吉;ふざけ倒してた?私は、学生の時の記憶が一番近いはずなんですけど、あんまりないというか。


chay:芸能系?


三吉:高校は芸能系!普通に普通の普通でした!特に目立ったこともせず、ただすごい人見知りだった!


やしろ:へー!


三吉:同級生にはそんな風に見えてなかったと思うけど、人見知りでしたね。


chay:私ずっと女子校で。


やしろ:私も女子校!


三吉:いいな〜!


やしろ:女子校って楽しいよね!すごく楽しかった。


chay:部活は?


やしろ:生徒会をやってた(笑)。


三吉:かっこいい。


chay:私陸上部で走り幅跳びやってた!


やしろ:すごいね。


三吉:私は中学まで吹奏楽部。


chay:吹奏楽部なのー?!意外!


三吉:サックスを吹いていました。


chay:まだ吹けるの?


三吉:まだ吹けるよ!


やしろ:サックスっぽい!


chay:かっこいいじゃん!


三吉:ほんとに?(笑)


やしろ:ぽいぽい!


―最後に映画の公開を楽しみにしている方にメッセージをお願いします。


三吉:この映画は観た方が最高にハッピーになれる映画だと思います。劇場で観ていただくときも、思わず歌いたくなったら歌ってほしいし、ちょっと踊りたくなったら周りの人目を気にせず、自分も登場人物になった気持ちで楽しんでほしいなと思います。ファミリーや友達、カップル、色んな方に観に来てもらいたいなと思います。


やしろ:8月って学生は夏休みですよね!


三吉:だから自由研究に書ける!


やしろ:とてもいいじゃないですか!


chay:自由研究、書ける?!


三吉:“催眠術とは?”というテーマは?


やしろ:それいいですね。


chay:映画、参考にはなりそう。


やしろ:“なんで人は踊りたくなるのか”とか、そういう課題に。


三吉:ついでに『ダンスウィズミー』がめちゃくちゃ面白かったというのを書いてもらえれば。


chay:最後に締めでね。


やしろ:こんなにハッピーになれる映画は今まで観たことがないと自信を持って言える作品です。デートでも良いし、お母さんやお父さんと観に行っても良いし。人情や友情だけでなく、笑うこと踊ることって良いなと感じられる映画なので、観て楽しいなと思ってくれたら嬉しいです。


chay:一度観たら、その日限りではなくて、ずっとハッピーな気持ちになれて頑張れる。そんな不思議な力を持った映画だと思うので、老若男女問わずたくさんの方に観ていただきたいです。




三吉彩花

1996年生まれ。埼玉県出身。
雑誌「Seventeen」の専属モデルを経て、現在ではモデルとしてだけでなく、女優としても活躍。主な出演作に『告白』(10)、『旅立ちの島唄〜十五の春~』(13)、『ONE PIECE FILM GOLD』(16/声の出演)、『いぬやしき』などがある。


やしろ優

1987年生まれ。神奈川県出身。
短大で保育士や幼稚園教員などの資格を取得した後、お笑い芸人を志してワタナベコメディスクールに入学。卒業後は2年間の下積みを経て、ワタナベエンターテイメントに所属。ものまねネタを得意をしており“芦田愛菜”“倖田來未”などバラエティに富んだレパートリーを持つ。


chay

1990年生まれ。東京都出身。
12年に「はじめての気持ち」でCDデビュー。13年には「テラスハウス」に出演。15年には「あなたに恋をしてみました」がドラマ「デート~恋とはどんなものかしら~」の主題歌となり、50万ダウンロードを突破するほどの大ヒット。本作が女優初挑戦。



静香は子供の頃からミュージカルが大の苦手。しかし、とあるきっかけで音楽が聞こえるとミュージカルスターのように歌い踊り出すカラダになってしまう!スマホの音や日常に溢れる音楽に反応し所かまわず歌い踊りだすせいで、順風満帆な人生がハチャメチャに。恋も仕事も失った静香は、原因を探すため日本中を奔走する!しかしその先には、裏がありそうなクセ者たちとの出会いと、さらなるトラブルが!果たして静香は無事に元のカラダに戻れるのか!?旅の終わりに彼女が見つけた大切なものとは...?


『ダンスウィズミー』8月16日(金)全国ロードショー

募集概要 【サイン&チェキプレゼント】映画『ダンスウィズミー』に出演する、三吉彩花さん、やしろ優さん、chayさんにJKメンバーがインタビュー!
応募条件 マイナビティーンズに登録している13~19歳の女の子
募集人数 2名様
応募期間 2019年9月15日(日)まで
応募形態 モニター
当選について 当落は、9月下旬にマイページにてお知らせ致します。
   

このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 答えてサクッとポイントゲット!モニターアンケート募集中
  • JOL原宿
  • JK編集部とは

Ranking