チャレンジ

【サイン&チェキプレゼント】超実写版『ライオン・キング』特集2:日本版オフィシャルソングを歌う、RIRIさんにJKメンバーがインタビュー!

このエントリーをはてなブックマークに追加

   

8月9日(金)に公開される、超実写版『ライオン・キング』特集!



特集の第二弾は、超実写版『ライオン・キング』日本版オフィシャルソングを歌う、RIRIさんにJKメンバーがインタビューしてきました!


撮影/三橋優美子


―『ライオン・キング』日本版オフィシャルソングに抜擢された時の心境はいかがでしたか?


昔からディズニー作品を良く観ていて、いつかアーティストとしてディズニー作品に携われることができたら嬉しいなと思っていたので、今回のお話を聞いた時は本当に嬉しくて飛び跳ねました!


―今回LAに渡航してジョン・ファヴロー監督やシンバ役を演じるドナルド・グローヴァーさんの前で「サークル・オブ・ライフ」を披露されたとの事でしたが、RIRIさんにとって「サークル・オブ・ライフ」とはどんな曲ですか?


アニメーション版『ライオン・キング』を改めて観させて頂いたときに、生と死、愛の強さ、大地の壮大さなどを感じました。そして本作で描かれる「サークル・オブ・ライフ」は、ひとりひとりが大切な輝く存在で、それが愛で繋がっていくということが感じられる曲です。私はそれを歌で表現できたらいいなと思っています。


―本作をご覧になった感想を教えてください。


本当にリアルに描かれていて、アニメーション版よりもさらに壮大でドラマチックでしたし、さらに作品の深みが増したように思いました。自分も今いろんな夢を追いかけていますが、そんな自分と重なるところもたくさんありましたし、学べることもあったので、みんなにも『ライオン・キング』超実写版を観てほしいなと思いました。



―一番印象に残っているシーンはどちらですか?


印象に残っているのは、「ハクナ・マタタ!」と言って、自分から逃げていたシンバが、“ありのままの自分”を見つけて成長していくシーンです。自分にも大きな夢があるのですが、それを叶える為に怖いなと思うことをやらなきゃいけなかったり、勇気を出さなきゃいけなかったりすることがたくさんあります。そんな時でも、負けることなく自分自身を大切にしながらも、突き進むシンバの姿はすごく美しいなと感じたので、そのシーンが一番好きです。


―『ライオン・キング』の中で一番好きなキャラクターは?


やっぱりシンバです!やんちゃで好奇心旺盛なところが本当に大好き!


―『ライオン・キング』ではシンバの成長が描かれていますが、その成長過程で自分と重なる部分はありましたか?


私にはグラミー賞を獲るという目標があります。グラミー賞を獲ることは、普通に考えたら本当に難しくて大変なことだと分かっているのですが、どんなに大きい夢や目標でもそこに突き進んでいくことがすごく大切だと思っています。色んな試練や困難がある中でも負けちゃいけないと思えるのは夢があるからこそだと思うので。王国を追われたシンバが “ありのままの自分”や“王としての使命”を発見して、突き進んでいくところは、夢に向かって頑張るところと重なりました。



―シンバにとってのティモンとプンバァのように、自分を前向きにさせてくれる人はいますか?


家族はもちろん、友達にも自分が落ち込んでいる時に支えになってくれる人がいます。いつか恩返しをしたいなと思っています。自分にとってすごく支えになっているので、そういう人が自分にいるということはすごく大切だなと思います。


―歌手になりたいと思ったきっかけはなんですか?


母が洋楽好きだったので、小さい頃から家で洋楽が流れていました。その環境で育っていくうちに「歌手になりたい!音楽に携わることをしたい!」と思うようになりました。


―歌手という夢を叶えるために努力したこと何かありますか?


今も頑張っている途中なのですが、歌手になるために歌の練習はもちろん頑張りました。歌手になるということは夢への第一歩で、その先にもっともっと頑張らなきゃいけないことがたくさんあって。今も日々、学びながら頑張っています。



―歌手になられた今、RIRIさんの夢はなんですか?


目標はグラミー賞を獲ること。色んな目標を達成した上で、どんな大きな夢でも挑戦する大切さを色々な人に伝えられるような、アーティストになれたら嬉しいなと思っています。


―マイナビティーンズの読者は女子高生がメインなのでお聞きしたいのですが、RIRIさんはどんな女子高生でしたか?


私は真面目な女子高生だったと思います。学校のみんなと毎日楽しく過ごしていました。


―夢に向かって頑張る10代の女の子に向けてメッセージをお願いします。


夢や目標に突き進むことってすごく勇気がいるし、それなりに試練や困難があると思います。その試練や困難は、夢を叶えるために起きていることだと思うので、そこで無理だと思わず、もう一歩突き進んでほしい。そうすると必ずそれぞれ輝ける存在になれると思います。そんな人が増えたら、すごく素敵な世界になると思うので、自分らしさを忘れずにどんなことがあっても突き進んでいってほしいなと思います。この『ライオン・キング』そんな大切なメッセージを伝えてくれる作品ですし、シンバがサバンナの王になることを目指したように、自分もこれから大きな夢や目標を叶えていかなくちゃいけないなと思っているので、みんなと一緒に夢を叶えていきたいです。



RIRI

1999年生まれ。

世界で活躍するアーティストを目標とし、16歳からLAで数々のプロデューサーと制作を始める。インディーズ期に発売した「RUSH」が各ストリーミングサービスの注目新人にピックアップされ、iTunesチャートで1位を記録。1st AL「RIRI」を携え、2018年2月メジャーデビュー。新人としては異例となる全国47局パワープレイ等に選出され、リリース記念ライブも完売。2019年1月~2月自身初となる全国8か所のツアーを開催。4月には、2019年 資生堂『アネッサ』CMソング「Summertime」を“RIRI, KEIJU, 小袋成彬”名義にて先行配信、5月には「Summertime EP」をリリースした。


命あふれるサバンナの王国プライドランド。未来の王<シンバ>は、ある“悲劇”により父<ムファサ>を失い、王位を狙う闇に生きるライオン<スカー>の企みにより王国を追放されてしまう。新たな世界で彼は仲間と出会い、“自分が生まれてきた意味、使命とは何か”を知っていく。王となる自らの運命に立ち向かうために―。


\JKが選ぶ/

『ライオン・キング』の音楽の魅力


今回RIRIさんが歌う「サークル・オブ・ライフ」をはじめ、数々の名曲が揃ったアニメーション版『ライオン・キング』のサウンドトラックは、ディズニー史上最高のCD売上げを記録した作品。その音楽はこの“超実写版”「ライオン・キング」でさらにパワーアップ!「ハクナ・マタタ」や「王様になりたい」、「愛を感じて」などの音楽が聴けることはもちろん、「愛を感じて」では、ドナルド・グローヴァーやビヨンセという、音楽界を代表するアーティストの素敵な歌声を聴くことができます!
一足先に作品を観た、JKライターがお気に入りの音楽を紹介♪


「ハクナ・マタタ」

「『大丈夫』『心配ない』という意味の“ハクナ・マタタ”ポップなこの曲を歌う、シンバ、ティモン、プンヴァがとってもキュート♡ どんな辛いことがあっても、この曲を聞けばきっと誰もが前向きになれるパワーのある一曲」(あいか)


「サークル・オブ・ライフ」

「『ライオン・キング』の壮大な世界観にピッタリ。誰もが一人では生きていけないこと、繋がりの大切さを感じることができる曲。劇中の曲の中で一番好きな曲!」(あみ)



『ライオン・キング』8月9日(金)全国公開
© 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

募集概要 【サイン&チェキプレゼント】超実写版『ライオン・キング』特集2:日本版オフィシャルソングを歌う、RIRIさんにJKメンバーがインタビュー!
応募条件 マイナビティーンズに登録している13~19歳の女の子
募集人数 2名様
応募期間 2019年9月6日(金)まで
応募形態 モニター
当選について 当落は、9月中旬にマイページにてお知らせ致します。
   

このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 答えてサクッとポイントゲット!モニターアンケート募集中
  • JOL原宿
  • JK編集部とは

Ranking