チャレンジ

【サイン&チェキプレゼント】超実写版『ライオン・キング』特集1:主人公・シンバの声を担当される賀来賢人さんにJKメンバーがインタビュー!

このエントリーをはてなブックマークに追加

   

8月9日(金)に公開される、超実写版『ライオン・キング』特集!



特集の第一弾は、主人公・シンバの声を担当される賀来賢人さんにJKメンバーがインタビューしてきました!


撮影/今井裕治


―主人公シンバの吹き替えに抜擢された時の感想を教えてください。


オーディションで決まったんです。僕自身も声優をやった事がなかったのですが、元々アニメーション版の『ライオン・キング』が好きで、自分の友達に「ライオン・キング」のミュージカルをやっていた人がいたということもあり、思い入れはすごく強かったです。なので「受かればいいな、でも受からないだろうな」と思っていたんです。そしたらマネージャーから「受かりました」と連絡が来て。本当に嬉しくて、色んな人に決まったことを言いたくてしょうがなかったのですが、情報解禁まで絶対に言えないので、必死に我慢していました(笑)。



―賀来さんから見てシンバの魅力はどんなところだと思いますか?


小さい頃は、王様の子でわがままでわんぱくで無茶をする、行動力のある優しい男の子でしたが、自分のせいで親父が死んだと思い、プライドランドから逃げ出します。その後ティモンとプンバァに出会い、どんどん成長していくんです。色々なことを経て、最後には王の顔になっている。今回の映画でも、その成長過程が描かれているので、男として憧れる部分があり感情移入しやすいところが魅力だと思います。



―シンバを演じるにあたって、役作りでこだわった点などありますか?


監督に気をてらわず、変に声を作ったりせずに真っ直ぐやって欲しいと言われたので、そこは意識しました。声優が初めてということもあったので、分からないことが多かったのですが、自分なりに映像を見ながら感情移入して、フィーリングと直感でお芝居をしました。



―今回吹き替えに初挑戦ということですが、声をあてるのが人間ではなく動物という点で苦労したところはありますか?


動物も難しいのですが、人間の吹き替えの方が難しいような気がします。人のお芝居を見ちゃうと思うので。今回は“超実写版”ということでしたがアニメーションにも近かった分、そういう点では自分の中でのシンバが出来たんじゃないかなと思います。
難しかったところでいうと、ひとセリフだけ「ガオー」と鳴くシーンがあって(笑)。自分の中にライオンの引き出しがなかったですし、「ガオー!」と言ったこともなかったので難しかったですね。


―本作に描かれる〈サークル・オブ・ライフ〉には一人一人が独立した存在でありながらも、実はお互いに繋がっているというメッセージが込められているということですが、賀来さんがお仕事や生活の中で“人との繋がり”を一番意識するときはどんなときですか?


やっぱり家族や友人と一緒にいるときかな。自分に辛いことがあったり、逆に誰かに辛いことがあったりした時に助けたいと思うかどうか、支えたいと思うかどうか。この間僕の30歳の誕生日だったのですが、自分の大好きな人達にサプライズで誕生日を祝ってもらったんです。その時は本当に周りに恵まれているんだなと心から思いました。なので、そういう人たちの存在を感じるときですかね。



―本作はアニメーションでもなく実写でもない超実写版の『ライオン・キング』が描かれているということですが、その映像美を見た時の感想を教えてください。


じつはまだ完成した作品を観られていないんですよ。予告編を観たのですが、それだけでも今まで見たことない映像というか、全部CGだと分かってはいるのですが「どうやって撮ってんの?サバンナに行きました?」と思うくらいクオリティの高い映像でした。セリフがなくて、動物たちが歩いたり走ったりする絵が1分くらい続くシーンがあって、映像が凄すぎて見入っちゃいました。そこはアニメーションの『ライオン・キング』とはまた違った、超実写版の『ライオン・キング』の良さが出ているなと思いました。


―本作ではシンバが王になるために奮闘する姿が描かれていますが、そんなシンバのように自分の夢を叶えるために一番大事なことはなんですか?


深い質問ですね...。やっぱりやりたいことを続けることじゃないですかね。あとは僕の場合は「出来ないわけない」と思ったり、自分を勝手に盛り上げて自分は無敵だと思い込んだりすること。何事もマインドだと思うので。自分でそういうモチベーションに持っていくことが多いです。



―先程アニメーションの『ライオン・キング』を見たことがあると仰ってましたが、ご自身と作品との思い出が何かあれば教えてください。


小さい頃はもちろん観ていましたし、自分の友達が『ライオン・キング』のミュージカルに出ていて、ヤングシンバを演じていたんです。その最終公演を見に行って、その後の集まりにも参加させてもらって『ハクナ・マタタ』を歌ったりもしていたので、勝手に僕は縁があると思っています。ライオンも好きですし、ディズニー映画の中で1位、2位を争うくらい好きな作品だったので思い入れは深いです。



―夢に向かって頑張る10代の女の子に向けてメッセージをお願いします。


自分のやりたいことがもしあったら、そこに向かって突き進む行動力。もし夢がなかったら、色んな人に会って話したり、色んなものを見たりして、自分の中にインプットをすることが大事だと思います。やっぱり人間ひとりじゃ生きていけないと思うので、自分の知識とストックを増やして、色んな人から助けてもらいながら目標に向かって突き進むことが大切かなと思います。



★応募方法★


1.マイナビティーンズの公式Twitterをフォロー

https://twitter.com/mynavi_teens

2.下記のツイートをRTしてね!


3.マイナビティーンズの公式Instagramをフォロー

https://www.instagram.com/mynaviteens/


4.下記の投稿に「いいね!」を押してね!

5.ページの下部にある「申し込む」から応募。



以上で応募完了★



賀来賢人
1989年生まれ。東京都出身。07 年、映画『神童』で俳優デビュー。09 年『銀色の雨』
で映画初主演を果たす。主な代表作に、NHK 連続テレビ小説「花子とアン」(14)、 TBS 「 N のために」(14)、 TX 「永遠の 0 」(15)、 NHK 大河ドラマ「花燃ゆ」(15)、 NTV 「スーパーサラリーマン左江内氏」(17)、『ちはやふる結び 』(18)など。今後も、 WOWOW オリジナルドラマ「アフロ田中」(19 /主演)、舞台「恋のヴェネチア狂騒曲」(19)、犬童一心監督『最高の人生の見つけ方』(19)、入江悠監督『 AI 崩壊』(20)など多数の出演作が控えている。



命あふれるサバンナの王国プライドランド。未来の王<シンバ>は、ある“悲劇”により父<ムファサ>を失い、王位を狙う闇に生きるライオン<スカー>の企みにより王国を追放されてしまう。新たな世界で彼は仲間と出会い、“自分が生まれてきた意味、使命とは何か”を知っていく。王となる自らの運命に立ち向かうために―。


\JKが語る/
シンバの魅力

今回賀来さんが演じる主人公のシンバは、サバンナを治める偉大な王ムファサを父に、”未来の王“として生まれます。やんちゃで好奇心旺盛な彼は、一日でもはやく王になりたいと奮闘しますが、なかなかその一歩を踏み出せない・・そんなシンバがある悲劇により、王国を追われたことで、新たに出会う仲間や経験を通して”成長“してきます。困難に立ち向かいながらも、その一歩を踏み出そうとする健気なシンバの魅力を、JKライターが紹介!



無邪気で可愛いだけじゃない!


「子供の頃は無邪気で好奇心旺盛でめちゃめちゃ可愛いのに、成長していくうちにたくま
しくてなっていく姿はとってもカッコいい!(あいか)」


見ているこっちまで勇気をもらえる!


「可愛くて素直。何事にも諦めずに挑戦する姿は、観ているだけで勇気づけられて、私も
頑張ろうと共感できる。途中逃げてしまったり、すべてがカッコいい訳ではないけれど、
最後には自分のためにみんなの為に頑張る姿は本当に素敵(あみ)」


『ライオン・キング』8月9日(金)全国公開

© 2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

募集概要 【サイン&チェキプレゼント】超実写版『ライオン・キング』特集1:主人公・シンバの声を担当される賀来賢人さんにJKメンバーがインタビュー!
応募条件 マイナビティーンズに登録している13~19歳の女の子
募集人数 2名様
応募期間 2019年8月29日(木)まで
応募形態 モニター
当選について 当落は、9月上旬にマイページにてお知らせ致します。
   

このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 答えてサクッとポイントゲット!モニターアンケート募集中
  • JOL原宿
  • JK編集部とは

Ranking