チャレンジ

【サイン&チェキプレゼント】映画『Diner ダイナー』に出演する、玉城ティナさんにJKメンバーがインタビュー!

このエントリーをはてなブックマークに追加

   

映画『Diner ダイナー』に出演する、玉城ティナさんにJKメンバーがインタビューしてきました!



撮影/米玉利朋子


-蜷川実花監督の最新作のヒロインとして関わった心境をお聞かせくだい。


蜷川監督の作品のヒロインは、その時代の女の子を表しているなと私は思っていたので、2019年の新しい映画のヒロインに私を選んで頂けてすごく光栄でした。歴代の方々がいる中で、そこに加わることは覚悟のいることだと思いますが、単純に嬉しかったです。


-原作のカナコというキャラクターと映画のカナコは大胆にデフォルメされていると思うのですが、原作を読んで役作りに活かした点はありますか?


今回の映画版『Diner ダイナー』は、原作の良さを引き継ぎつつも、新しく再構築したものだと思っていたので。カナコの雰囲気や強さは引き継ぎながらも、自分なりに台本を読んで新しく役作りをしました。
「そこでそういうことを言うんだ!?」と驚く発言をしたり、挑戦的な態度をとったりするのは、映画にも通じていると思いますし、今までにないヒロイン像だなと思いました。


-オオバカナコ役を演じるにあたって、準備されたことはありましたか?


答えは全て脚本の中にあると思ったので、何回も脚本を読み返しました。藤原さん演じるボンベロの圧がすごくて、叩きつけられたり、押し付けられたり、吊られたりしていたので、そこに対する覚悟はしていました。蜷川さんが私となら心中してもいいと言ってくださっていたので、私も殺されてもいいぐらいの気持ちで頑張りました(笑)。



-色鮮やかで終始目が離せない作品でした。完成された作品をご覧になった感想を教えてください。


最初『Diner ダイナー』の世界に足を踏み入れた時は、なんて非日常な世界に入ってしまったのだろうと思っていたのですが、撮影が進むにつれて段々と日常になっていって。慣れてきたなと思った時には撮影が終わって、少し寂しかったのを覚えています。スクリーンで完成された『Diner ダイナー』を観た時は、自分がここにいたというのが信じられないくらいの世界観で、「こういうふうに写っていたんだ」と思いましたし、蜷川さんの今までとは少し違う新しい世界に参加できて嬉しいなと思いました。


-殺し屋専用のダイナーということで、どのキャラクターも強烈でしたが、玉城さんが一番好きなキャラクター、印象に残っているキャラクターはなんですか?


どれも忘れられないくらいの強烈なキャラクターで、撮影方法もいろんなやり方があったので、見ていてとても面白かったです。メイクや衣装もそのキャラクターをしっかり表していて、どれも皆さんに合っているなと思いました。とくに本郷奏多さん演じるキッドは、あの危ない感じで本当に存在するんじゃないかと思うくらいマッチしていました。武田真治さんは撮影前に隣のスタジオから「ふんっふんっ」と筋肉を鍛えている声が聞こえてきて、毎回筋肉をパンプアップしてから撮影に挑まれていていたので、すごく印象に残っています。
好きなキャラクターはボンベロです。衣装やメイクは一番シンプルなのですが、藤原さんの力でボンベロになっていたので、カナコとしても私としても圧倒されました。


-今作に出演するにあたり、殺し屋に共感されたことはありましたか?


自分が殺し屋で誰かを狙っているということは、誰かに狙われているということじゃないですか。なので、そんな危険な思いしてまで誰かをという気持ちにはならないです。だから殺し屋に共感はできない(笑)。でも役では挑戦してみたいです。是非、次回は殺し屋で(笑)。


-今作は“蜷川監督の世界観”が一つの見どころかと思うのですが、実際に蜷川監督の世界観が作られているのを見て思うことはありましたか?


色々なプロフェッショナルの方がこの映画のために力を合わせているというのが感じられて、私も気が抜けないなと改めて思いました。


-ウェイトレスをされていましたが、玉城さんは実際にウェイトレスができそうですか?


私には無理です(笑)。重いものを持つことができないですし、絶対にこぼしてしまうと思います(笑)。電話番やレジだけならギリギリできるかな…。ウェイトレスだとご迷惑をかけてしまうかなと(笑)。


-料理というのも1つキーワードとしてありましたが、玉城さんはご自身で料理をされますか?


たまにします。


-得意料理はありますか?


ないです(笑)。ネットで探して、その通りに作っています(笑)。


-どんな料理を作られることが多いですか?


和食が多いです。パスタを作ろうとすると、茹で時間の調整が難しくふにゃふにゃになっちゃうんです(笑)。和食の煮込み料理の方が私は楽なので、煮物やお魚料理を作る方が多いです。


-最近、よくできたなと思える料理はありますか?


新玉ねぎがあったので、新玉ねぎの料理をたくさん作りました。お味噌汁に入れても美味しいし、豚肉で巻いて焼いて、マスタードで酸味つけて、さっぱりと食べました(笑)。



—カナコが悩んでいる自分の居場所や存在、“本当の自分とは”という彼女の悩みをどう感じられましたか?


みんな悩んだ時期があったと思うんです。誰しも悩む問題だと思いますし、私もそういう風に思うことがあるので、全く分からないとは思わなかったです。そう悩む気持ちも自然なことだと思うので、その気持ちに寄り添っていました。


-玉城さん自身はここが私の居場所なんだという実感や、この現場で感じたことはありましたか?


『Diner/ダイナー』の現場では、カナコの気持ちは割と作りやすかったです。全員殺し屋の中でカナコだけが唯一普通の人間で、今作の豪華キャスト陣の中に放り込まれた演技経験の浅い私自身がカナコと似たような心境だったので、そこで得られるものも多かったです。



★応募方法★


1.マイナビティーンズの公式Twitterをフォロー

https://twitter.com/mynavi_teens

2.下記のツイートをRTしてね!

3.マイナビティーンズの公式Instagramをフォロー

https://www.instagram.com/mynaviteens/

4.下記の投稿に「いいね!」を押してね!

5.ページの下部にある「申し込む」から応募。


以上で応募完了★



玉城ティナ
1997年生まれ。沖縄県出身。
「ミスiD2013」で初代グランプリに輝き、14歳で「ViVi」最年少専属モデルとなる。主な出演作に『オオカミ少女と黒王子』(16)、『貞子vs伽椰子』(16)、『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』(16)、『暗黒女子』(17)、『PとJK』(17)、『わたしに✕✕しなさい!』(18)、『ういらぶ。』(18)、『チワワちゃん』(19)などがある。今後は秋に『地獄少女』の公開が控えている。



ようこそ、殺し屋専用の食堂<ダイナー>へ――
そこは、命がゴミのように扱われる、殺し屋専用の食堂<ダイナー>。店主は、元殺し屋で天才シェフのボンベロ。「俺は、ここの王だ。砂糖の一粒までが俺に従う。」日給30万の怪しいアルバイトに手を出したオオバカナコは、ウェイトレスとしてそこに売られた。次々と店にやってくる殺し屋たち。オーダーは極上の料理か、殺し合いか…店主、ウェイトレス、殺し屋たち。新たな殺し合いが今、始まる――!


『Diner ダイナー』7月5日(金)ダイナー開店!

藤原竜也 玉城ティナ
窪田正孝 本郷奏多/武田真治 斎藤 工 佐藤江梨子 金子ノブアキ小栗旬/土屋アンナ/真矢ミキ/奥田瑛二
原作:平山夢明『ダイナー』(ポプラ社「ポプラ文庫」) 脚本:後藤ひろひと 杉山嘉一 蜷川実花 音楽:大沢伸一 監督:蜷川実花

©2019 「Diner ダイナー」製作委員会 ©2019 蜷川実花/映画「Diner ダイナー」製作委員会

公式サイト:diner-movie.jp

募集概要 【サイン&チェキプレゼント】映画『Diner ダイナー』に出演する、玉城ティナさんにJKメンバーがインタビュー!
応募条件 マイナビティーンズに登録している13~19歳の女の子
募集人数 1名様
応募期間 2019年8月4日(日)まで
応募形態 モニター
当選について 当落は、8月中旬にマイページにてお知らせ致します。
   

このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 答えてサクッとポイントゲット!モニターアンケート募集中
  • JOL原宿
  • JK編集部とは

Ranking