チャレンジ

【サイン&チェキプレゼント】映画『今日も嫌がらせ弁当』に出演する、佐藤寛太さんにJKメンバーがインタビュー!

このエントリーをはてなブックマークに追加

   

映画『今日も嫌がらせ弁当』に出演する、佐藤寛太さんにJKメンバーがインタビューしてきました!


撮影/米玉利朋子


-完成された作品をご覧になった感想を教えてください。


家族の愛に溢れている作品だなと思いました。今回、八丈島で撮影したのですが、最初のワンシーンからあの島でなければ撮れなかっただろうなと思えるくらい素晴らしい風景で、すごく素敵だなと思いました。


-今回、作品内で太鼓を演奏していましたが、練習は大変でしたか?


すごく大変でした。和太鼓をやったことはあったのですが、八丈太鼓は横向きに台座に立てて叩く特殊な太鼓だったので、難しかったです。劇中で一緒に太鼓を叩いている島民の方々と一緒に練習をさせて頂きました。


-本作の双葉のように佐藤さん自身、反抗期はありましたか?また、女子と男子では違うと思うのですが双葉を見て過去の自分と重なる部分はありましたか?


反抗期はなかったと思います。小学生の時に親や人の言うことをあまり聞かないことはありましたけど(笑)。思春期ではなかったので…。反抗期なくスクスク育ちました(笑)。



-学生の頃はお弁当でしたか?


中学校まで給食でしたが、野球部に所属していたので、土日に部活がある時はお弁当でしたし、高校の頃は毎日お弁当でしたね。


-印象に残っているお弁当やエピソードはありますか?


お弁当の中にマヨネーズが入っていた時に、お弁当の中でマヨネーズが溶けてしまったのか、全てのおかずにマヨネーズがついていて(笑)。何度もお母さんにそのままマヨネーズを入れるのを「やめて」と言っていたのですが、そのまま入れられていたのを覚えていますね(笑)。
お弁当にマヨネーズを入れる時は、チューブのようなものに入れないと大変なことになりますよ(笑)。


-劇中では双葉が達雄にキャラ弁を作っていましたが、佐藤さんは女の子からキャラ弁を貰ったら嬉しいですか?


キャラ弁だと食べる時にリアクションに困りそうですよね(笑)。「すごい!」と驚くとは思いますが、どこから食べていいのか分からなくなりそう...(笑)。でもお弁当を作ってもらえるのは嬉しいです!オムライスが大好きなので、オムライスのお弁当を作ってもらいたいです。


-撮影中の印象に残っているエピソードはありますか?


海の近くで太鼓を並べて練習したことです。都内だと外で太鼓を叩くことが難しいと思うのですが、八丈島では海の近くで練習ができて、それがすごく青春っぽくて印象に残っています。



-双葉のようにお母さんに反抗的な態度をとってしまって、その時何も思ってなくても今思い返すと後悔している事はありますか?


ないです。“申し訳ない”と思ったら、きちんと「ごめん」と伝えるタイプなので、後悔を残すことはないですね。


-今回共演された芳根京子さんの印象を教えてください。


話しやすくて良い方で、同い年ということもあって、すごく仲良くなりました。今回、友達役で出ていた山谷花純ちゃんと、別の作品で共演したことがあったので、3人で話すことが多かったです。


-本作はどんな方に観てもらいたいですか?


家族で観て欲しいなと思います。作品を観て、親は親で思うこと、子供は子供で思うことがあると思うので。親と映画を観に行く機会は中々ないとは思うのですが、この作品は家族で観ても感動できるし楽しめると思うので、ぜひ観て欲しいなと思います。


-双葉のような反抗的な態度をとってしまう人や素直になれない人に向けてのアドバイスをお願いします。


難しいですね(笑)。でも“素直になれない”というのも個性なので、そのままでいいと思います。そういう人がいて世の中が成り立っているので、それに引け目を感じることはないかなと思います。



-今回学生役を演じられていましたが、佐藤さんは学生時代どんな学生生活を送られていましたか?


中学生の時は部活をやっていましたが、高校に入ってからは帰宅部だったので放課後は自由に楽しんでいました。学校の近くに海があったので、放課後はみんなで海に集まって、花火をしたりバーベキューをしたりしていました。街で遊ぶよりも、そういう遊び方の方が多かったと思います。みなさんも高校生や中学生の時に、アウトドアを経験しておいて損は無いと思います。一度経験するとハマって、浜辺で花火とバーベキューがルーティンになるんじゃないかなと(笑)。これはオススメです。


-もし今学生時代に戻れたらやりたい事はありますか?


ひと通り学校生活を楽しんだ高校3年生からこのお仕事を始めたので、そんなに後悔していることはないですね。ただ高校最後の体育祭に出られなかったので、それには出たかったなとは思います。今地元に戻って同級生と話していても、その話が出るので戻れたら出たいですね。


-佐藤さんから見たこの映画の魅力は何ですか?


厚かましいほどに、そして、当の本人以上の熱量で我が子に注がれている母親の愛情を感じられる作品だと思います。どの世代の方もこの作品を観ると「お母さんに会いたいな」と思うでしょうし、母親の愛は偉大だなと感じられるのがこの映画の魅力だと思います。


-夢に向かって頑張る10代の女の子に向けてメッセージお願いします。


自分が興味を持ったことに対する熱量は、自分にしか分からないことだと思います。それを周りの人が本気で受け取ってくれなかったとしても、自分が本当にやりたいのであれば1人でも頑張ること。自分のやりたい方向を向いて頑張っていけば、何かしら結果に繋がることがあると思います。



★応募方法★


1.マイナビティーンズの公式Twitterをフォロー

https://twitter.com/mynavi_teens


2.下記のツイートをRTしてね!


3.マイナビティーンズの公式Instagramをフォロー

https://www.instagram.com/mynaviteens/


4.下記の投稿に「いいね!」を押してね!


5.ページの下部にある「申し込む」から応募。


以上で応募完了★



佐藤寛太
1996年生まれ。福岡県出身。
2015年より劇団EXILEメンバーとして活躍。映画『HiGH&LOW THE MOVIE』(16)に出演し、『イタズラなKiss THE MOVIE』シリーズ(16)で初主演を務める。その後もドラマ「駐在刑事」(18)、『走れ!T校バスケット部』(18)、『家族のはなし』(18)、『jam』(18)、ドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」(19)などに出演。今後は秋に主演映画『いのちスケッチ』の公開が控えている。また、7/12(金)・13(土)23:15からテレビ朝日「ラッパーに噛まれたらラッパーになるドラマ」が放送になる。



シングルマザーのかおりは、自然と人情が豊かな八丈島で、次女の双葉と暮らしている。可愛い娘が高校生となり反抗期に突入、話しかけても返事すらしない。かおりは娘の嫌がる“キャラ弁”を作り続けて逆襲するが、やがてそのお弁当は、母から娘への大切なメッセージへと変わっていく。
娘もまた「ウザい」とぼやきながらも、何かを受け取るように一口も残さず食べ続ける。




『今日も嫌がらせ弁当』6月28日全国ロードショー

出演:篠原涼子 芳根京子 松井玲奈 佐藤寛太 / 佐藤隆太
原作:「今日も嫌がらせ弁当」ttkk(Kaori)(三才ブックス刊)
主題歌:フレンズ「楽しもう」(ソニー・ミュージックレーベルズ)

©2019「今日も嫌がらせ弁当」製作委員会

募集概要 【サイン&チェキプレゼント】映画『今日も嫌がらせ弁当』に出演する、佐藤寛太さんにJKメンバーがインタビュー!
応募条件 マイナビティーンズに登録している13~19歳の女の子
募集人数 1名様
応募期間 2019年7月21日(日)まで
応募形態 モニター
当選について 当落は、7月下旬にマイページにてお知らせ致します。
   

このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 答えてサクッとポイントゲット!モニターアンケート募集中
  • JOL原宿
  • JK編集部とは

Ranking