チャレンジ

【サイン&チェキプレゼント】『きみと、波にのれたら』で声優を務める、伊藤健太郎さんにJKメンバーがインタビュー!

このエントリーをはてなブックマークに追加

   

『きみと、波にのれたら』で川村山葵(かわむらわさび)の声を担当する、伊藤健太郎さんにJKメンバーがインタビューしてきました!



撮影/米玉利朋子


―今回声優を経験されるのは2回目だと思うのですが、今作で山葵の声を担当された感想を教えて下さい。


僕は普段、体を動かしたり、道具を使ったりしてお芝居をしているので、声だけで演じるというのはやっぱり難しさを感じました。ですが、元々アニメを観るのが好きなので、実際にできあがった映像を初めて観た時はすごく感動しました。自分の声が流れているということに恥ずかしさもありましたが(笑)。普段とは少し違う仕事をさせてもらえて、新鮮さからくる喜びもありますし、声優の仕事は楽しくて大好きです。


―今回、伊藤さんが演じた川村山葵という役で、特に注目して欲しいポイントなどありますか?


山葵は結構親しみやすいキャラクターだと思うんです。すごく特徴のあるキャラクターというよりも、みんなが親しみやすい普通の男の子。僕はそこが山葵の一番の魅力かなと思ったので、そこは意識してやりました。山葵を見て、「ああ、こういう人いるな」と思いながら観てもらえたらいいなと思います。



―ちなみに山葵を演じられて、自分と似ているところや羨ましいなと感じたところはありましたか?


似ている部分はないんですよね。人間って弱い部分を隠そうとするじゃないですか、僕もそうなんですけど。でも、山葵はいい意味で全部をさらけ出せる男の子なので、そういうところは羨ましいというか、かっこいいな、強いなと思うんです。自信の無い部分があるから、下手したらただのダメなやつに見られることもあるけど、女々しくは見せたくなかったので、核の部分ですごく熱いものを持っているというところがブレないように意識しました。


―本作で一番心に残るシーンがありましたら教えてください。


印象に残ったシーンは色々あるのですが、個人的には冒頭の港とひな子が一緒に歌っているシーン。あそこは観ていて「なんだよこれ、羨ましいな!(笑)」と思いました。一緒に歌って、ワチャワチャして、笑って歌えなくなったりして、それがめちゃくちゃ楽しそうで。あそこはすごくギュンギュンしました。あのシーンがあれだけ楽しそうだからこそ、そのあとに起こることが胸に刺さるものがあって。この物語の鍵となる部分でもあるので、冒頭のあのシーンは好きですね。



―山葵は新人消防士ということもあって、頑張っているのになかなか上手くいかない役だと思います。伊藤さん自身がお仕事をしていてちょっと上手くいかないなという時、どのように乗り越えますか?


綺麗事かもしれないですけど、失敗してもあんまり僕はネガティブに考えていなくて。役者仲間にもよくいるんですけど、悩んだりするのがどこか気持ち良かったりするんです。逆に悩みがなくなった途端につまらなくなってしまう。悩みがあればあるほど、ガソリンになって馬力も上がるので、悩んだり苦しんだりすることはありますが、それがあるからどこか頑張れている自分もいるのかなと思います。


―それが成長の糧になっているということですか?


そうですね。それがなかったら、この仕事はやめちゃうと思います。
悩みたくないけれど、悩みたいみたいな。しんどいけれどそれがあるから頑張れているというか。



―港とひな子にとっての「Brand New Story」のように、伊藤さんにとっての思い出深い曲を教えてください。


僕SMAPが大好きだったんです。小さい頃からずっとSMAPを聞いていて、友達といるときもよくSMAPを流したりしていて。その中でも特に「オレンジ」が好きです。オレンジを聞くと、高校生の時にみんなでコンビニに行って、公園でカップラーメンを食べていたこととか、青春時代を思い出します。


―すごく青春を感じられる作品でした!伊藤さん自身の青春の思い出はありますか?


高校時代いつも一緒にいる仲のいいヤツらが4人くらいいたんですけど、毎回うちに泊まりに来て、みんなで朝に「やべー遅刻」とか言いながら学校に行ったり、放課後にみんなでラーメンを食べに行ったりしていました。青春ってなんだっけなと思い返した時、そういうしょうもない、なんでもないような事しか出てこないから、青春ってそういうものなんでしょうね。



―高校時代はバスケットボールもされていたんですよね?


そうですね、バスケも結構本気でやっていました。女バスと半分ずつ体育館を使って、女バスにかっこつけるために、練習中にいつもはやらないようなカッコいい技をやったりしていました。ミスったら恥ずかしいし、決まったらすごいドヤ顔するし(笑)。そういうことをして楽しんでいました。


―もしも今高校生に戻れるとしたら全く同じ生活を送りたいですか?


うーん、そうですね。もうちょっと青春っぽいことをしてもいいかなと思いますけど、結局同じことをしていると思います(笑)。


―最後に映画の公開を楽しみにしている方々にメッセージをお願いします。


世代、性別問わず、色々な方に楽しんで頂ける作品だと思います。なんか最近良いことないな、上手くいかないなと思っている人は背中を押してもらえると思うし、大切な人がいる人は、いま一緒にいる人をもっと大切に思うことが出来る作品だと思います。映画を観て、何年か経った後も皆さんの心の中に残っているような作品になればいいなと思うので、ぜひ劇場でご覧頂きたいです。




☆応募方法☆


1.マイナビティーンズの公式Twitterをフォロー


https://twitter.com/mynavi_teens

2.下記のツイートをRTしてね!


3.マイナビティーンズの公式Instagramをフォロー

https://www.instagram.com/mynaviteens/



4.下記の投稿に「いいね!」を押してね!


5.ページの下部にある「申し込む」から応募。



以上で応募完了★



伊藤健太郎

1997年生まれ。東京都出身。
2014年にドラマ「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」で役者デビュー。その後『犬猿』(18)、『ルームロンダリング』(18)、『コーヒーが冷めないうちに』(18)、『ういらぶ』(18)、「今日から俺は!!」など、ティーンに人気の作品に多数出演。今後は主演映画『惡の華』(2019年秋公開予定)が控えている。



-自信を持てずにいるすべての人へ-
小さな港町へ越してきたひな子。サーフィンが大好きで、波の上では怖いものなしだが自分の未来については自信を持てずにいた。ある火事騒動をきっかけに、消防士の港(みなと)と偶然出会い、恋に落ちる。
お互いがなくてはならない存在となった二人だが、港は溺れた人を助けようとして、海で命を落としてしまう。大好きな海が見られなくなるほど憔悴するひな子。そんなある日、ひな子が二人の思い出の歌を口ずさむと、水の中に港が現れる。
「ずっとひな子のこと助けるって約束したろ?」
死んだはずの港と再び会えたことを喜ぶひな子だが…。奇跡がもたらした二人の恋の行方は?そして、港が再び姿を見せた本当の目的とは?

『きみと、波にのれたら』6月21日(金)全国ロードショー


募集概要 【サイン&チェキプレゼント】『きみと、波にのれたら』で声優を務める、伊藤健太郎さんにJKメンバーがインタビュー!
応募条件 マイナビティーンズに登録している13~19歳の女の子
募集人数 1名様
応募期間 2019年7月18日(木)まで
応募形態 モニター
当選について 当落は、7月下旬にマイページにてお知らせ致します。
   

このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 答えてサクッとポイントゲット!モニターアンケート募集中
  • JOL原宿
  • JK編集部とは

Ranking