チャレンジ

【パラレルメモ帳プレゼント】映画『パラレルワールド・ラブストーリー』主演の玉森裕太さんにインタビュー!

このエントリーをはてなブックマークに追加

   

2019年5月31日(金)に全国公開される映画『パラレルワールド・ラブストーリー』の主演、玉森裕太さんに直撃インタビュー! 今まで演じた中でも、複雑で難しい役だったという撮影秘話や、友情・恋愛話まで(!?)、飾らない口調で答えて頂きました!



―今作は東野圭吾さんのベストセラー小説が原作ですが、以前から知っていましたか?


このお話をいただいてから、原作を読ませてもらいました。


―原作を読まれてどんな感想を持ちましたか?


実は1回読んだだけでは理解できなかったんですよ、内容が複雑で。世界が2つあるとか…。3回ぐらい何度も戻りながら読み返して、やっと全体を理解できるようになりました。


―そんな難しい話の主人公を、自分が演じるというのはどんな気持ちでしたか?


自分の記憶と違う世界があるって、これ以上ない恐怖だなと思いましたね。実際あったらどうしようとか、実はあるんじゃないかとか…。考え続けているうちに脳みそがファンタジーな世界に行っちゃいました。


―他に何かプレッシャーはありましたか?


役柄もそうですが、ベッドシーンなど今まで経験したことのない、新しい挑戦が多くて。そういう面での不安やプレッシャーもありました。



―どれぐらいで役をつかんだ感覚になりましたか?


うーん、自分的には最初から崇史になりきっているつもりではありましたし、監督からも明確にここから変わったと言われたわけでもないですし…。でもシーンごとに相談したり、かなり時間は割いていただきました。逆にどれぐらいか監督に聞いてみたいですね。


―2つの世界ごとにカメラマンや、助監督が変わっていたんですよね。


そうなんです。そのおかげで現場の雰囲気がガラリと変わったので、演じやすかったです。


―崇史を演じていて、どう感じられましたか?


崇史が羨ましいなって。例えば深い友情を持つ親友がいたり、それを壊してしまうほど好きな人を想う気持ちだったり…。自分じゃできないと思いました。


―玉森さんにとって親友はどんな存在ですか?


自分にも親友はいるのですが、友達と親友の違いってなんだろうと考えたときに、ケンカできるというのが1つ大事なことだなと。ケンカにまで至らない相手だと、どっちかが引いているか、それ以上のエネルギーを使いたくないってことじゃないですか。だから殴り合いまでいかなくても、ケンカできる人が僕にとっての親友ですね。


―実際に親友とケンカをしたことはありますか?


ありますよ、小学校のときですけど。「一緒に塾サボろうぜ」って言っていたんですけど、僕だけ母親にバレちゃって。「あんた、絶対に行きなさいよ!」って怒られて渋々行ったので、結果的に親友だけがサボったことになっちゃって。次の日「お前、約束しただろ!」「ごめん違うんだ」「何が違うんだ!」「お母さんに怒られたんだよ!」って。まあ、親友からしたら完全に僕の裏切りですよね(笑)。


―それはケンカになりますね(笑)。映画の中の親友、智彦役の染谷将太さんとは、どんな関係性だったんですか?


監督も交えて話し合いをした結果、親友はわざとらしく喋ってなくても、一緒にいるだけで、お互いを支え合えているというか、相手に対して尊敬しあえる関係じゃないかということになりまして。だから現場でも無理してお互いが喋りかけることもせず。それでも気まずい感じはなかったです。たぶん僕も染谷君も、そんなにガツガツしたタイプではないので。性格が似ている部分もあったのかもしれないけど、そこまで意識しなくても居心地は良かったです。


―そんな染谷さんと共演して、刺激を受けたところはありますか?


瞳がすごく印象的でした。例えば智彦が崇史の家に来て核心に迫るシーンでは、彼の瞳の中に哀しみと憎しみ、両方入り混じったなんとも言えない感情を含んでいて…。崇史としても傷つきましたし、役者として感銘を受けた部分ですね。


―そんな親友と三角関係になってしまいますが、玉森さんだったらどうしますか?


僕は諦めますね(笑)。ストーリーでは崇史が先に麻由子を好きになっていますけど、好きになるのと付き合っているのって違うかなって。こちら側の想いだけでは付き合うことはできないし…。もし付き合ってなかったら、その場合は相手の出方を見ますね。出方によって引くときは引く…ケースバイケースです(笑)。


―崇史は電車の中で、吉岡里帆さん演じる麻由子に一目惚れしましたが、玉森さんは一目惚れは肯定派ですか?


ありです! 一目惚れは悪いことじゃないと思う。電車の中っていうのもすごくロマンチックですよね。実際に自分の乗っていた電車を降りて、麻由子のいる電車に乗ったりしたじゃないですか、あれはすごくエネルギーがあっていいなって思いましたね。知らない人でも何度も見かけたりしたら、気になっちゃうかもしれない。



―その後、崇史は麻由子と同棲しますが、もし玉森さんと同棲したら彼女にはどんな特典がありますか?


うーん、特典か…。毎朝、不機嫌な僕が見られると思います(笑)。実はめちゃめちゃ低血圧で、朝が苦手なんです。だから怒ったりはしないけど、喋れないし、動きもすごくトロいし。たぶん“話しかけるなオーラ”を出している、ちょっとご機嫌ななめな僕をお見せできるかと。


―新たな一面が見られるんですね(笑)。他にも本作では観る人が混乱するしかけがいっぱいありますが、玉森さんは最近、混乱した出来事はありますか?


何かあったかな……あ、乾燥機。ウチの乾燥機なんですけど、2時間乾燥でバスタオルが3枚は乾ききらなくて、2枚だと乾く。“その差ってなんだろう?”って。間違えて3枚入れちゃったら2時間を無駄にしますからね〜。たった1枚の差ですごく不思議じゃないですか?


―機械も複雑なんですね(笑)。ところで、真実に向かっていく崇史がどんどん具合悪そうになってきて、観ている方もハラハラしたのですが、現実の世界では何か影響ありましたか?


いやいや、ないですよ。崇史のことをずっと考えていたら、自然とコケてきちゃって……。でも食欲がないわけでもないし、健康は保っていました。


―今作を演じ終えて、役者としての手応えはありましたか?


すごく大変でしたけど、やりがいは感じましたし、やっぱり崇史として違う人生を経験させてもらったのも、人間として大きくなれたなと思いました。いい現場でしたね。


―最後に、玉森さんは「パラレルワールド」って実在すると思いますか?


あるの、かも、しれない……(笑)


―もし実際にあったら、行ってみたいですか?


間違っても行かないです! もう1人の自分が何をしているかは気になるけど、知らないほうがいいと思います…、たぶん(笑)。




玉森裕太
1990年3月17日生まれ。東京都出身。2004年に「DREAM BOYS」で舞台初出演、09年「PLAYZONE’09~太陽からの手紙~」で舞台初主演を務める。11年、Kis-My-Ft2として「Everybody Go」でCDデビュー。歌、映画、ドラマ、バラエティ、舞台と幅広く活躍する。2011年、「美男ですね」で初のテレビドラマ主演、13年「信長のシェフ」で単独でのテレビドラマ初主演を果たす。主な出演映画に、『ごくせん THE MOVIE』、映画初主演作となった『レインツリーの国』がある。



累計発行部数150万部を超える東野圭吾の大ベストセラー小説「パラレルワールド・ラブストーリー」。映像化不可能と言われ続けてきた傑作ミステリーが、ついに待望の映画化!
ある日突然、崇史(玉森裕太)が迷い込んでしまった2つの世界。1つの世界は、愛する麻由子(吉岡里帆)と自分が恋人同士。しかし、もう1つの世界では麻由子が親友の智彦(染谷将太)の恋人に・・・。混乱する崇史の前に現れる、2つの世界をつなぐ【謎】の暗号。目が覚めるたびに変わる世界で、真実にたどり着けるのか?



☆応募方法☆


1.マイナビティーンズの公式Twitterをフォロー


https://twitter.com/mynavi_teens



2.下記のツイートをRTしてね!


3.マイナビティーンズの公式Instagramをフォロー

https://www.instagram.com/mynaviteens/



4.下記の投稿に「いいね!」を押してね!

この投稿をInstagramで見る

\5/31(金)公開/ 映画『パラレルワールド・ラブストーリー』に出演される、玉森裕太さんにインタビュー 『パラレルワールド・ラブストーリー』のオリジナルグッズが5名様に当たるチャレンジもあるからチェックしてね 応募はコチラ https://teens.mynavi.jp/challenge/detail/12034 #パラレルワールドラブストーリー #玉森裕太 #キスマイフットツー #キスマイ #kisMyFt2 #プレキャン #マイナビティーンズ #吉岡里帆 #染谷将太 プロフィール欄のURLからもサイトに飛べるよ ©2019「パラレルワールド・ラブストーリー」製作委員会 ©東野圭吾/講談社

マイナビティーンズさん(@mynaviteens)がシェアした投稿 -


5.ページの下部にある「申し込む」から応募。


以上で応募完了★


(ライター/橘川麻実)


出演:玉森裕太 吉岡里帆 染谷将太

筒井道隆 美村里江 清水尋也 水間ロン 石田ニコル / 田口トモロヲ

原作:東野圭吾「パラレルワールド・ラブストーリー」(講談社文庫)

監督:森義隆 脚本:一雫ライオン 音楽:安川午朗

主題歌:「嫉妬されるべき人生」宇多田ヒカル(Epic Records Japan)

企画・配給:松竹 ©2019「パラレルワールド・ラブストーリー」製作委員会©東野圭吾/講談社

公式サイト:parallelworld-lovestory.jp 公式Twitter: @paralove_movie


『パラレルワールド・ラブストーリー』5月31日(金)頭フル回転で挑め!

募集概要 【パラレルメモ帳プレゼント】映画『パラレルワールド・ラブストーリー』主演の玉森裕太さんにインタビュー!
応募条件 マイナビティーンズに登録している13~19歳の女の子
募集人数 5名様
応募期間 2019年6月30日(日)まで
応募形態 モニター
当選について 当落は、7月上旬にマイページにてお知らせ致します。
   

このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 答えてサクッとポイントゲット!モニターアンケート募集中
  • JOL原宿
  • JK編集部とは

Ranking