チャレンジ

【サイン&チェキプレゼント】映画『さよならくちびる』に出演している成田凌さんにJKメンバーがインタビュー♡

このエントリーをはてなブックマークに追加

   

映画『さよならくちびる』に出演している成田凌さんにJKメンバーがインタビュー♡

 

 

 

 撮影/松下知之

 

―完成された本作をご覧になっていかがでしたか?

撮影していた時と撮影が終わって完成されたのを観て、いい意味で感覚が違いました。僕が出演していないところも結構あったし、完成されたのを観て“こういう映像だったんだ!”とか“こういうストーリーの形に収まったんだ”とか客観的にみれて新たな発見もありました。あとは音楽が素敵だなと思いました。

 

 

―シマを演じられた際に気をつけていたことや、努力したことなどはございますか?

 

ギターを演奏するのが初めてだったので、撮影に入る前に結構練習をしました。あと実際、僕は25歳で門脇さんより年下なんですが、レオ(小松菜奈)とハル(門脇麦)の二人より年上の設定だったので、そこは意識しました。二人もそういう風に接してくれていたので、とても助かりました。

 

 

―劇中で印象に残っているシーンや、好きなシーンを教えてください。

 

好きなシーンはやっぱりライブのところかな。でも、森みたいなところでレオとシマが会話をしているシーンがあるんですが、レオが切り株の上に立っていて、そのシーンは画的にもすごくきれいで印象に残っています。すごく撮影も気持ちよかったです。結構虫にも刺されましたが。(笑)あと、3人でご飯を食べるシーンがあるんですが、三人がちょうどおなかが空いていて、リハーサルの時からガツガツ食べていたんです。本番で何テイクもするので、本当にみんなが苦しくなって「ヤバい!ヤバい!」と言ってましたね!(笑)そのあと門脇さんに胃薬もらいました。(笑)

 

 

 

 

 

―共演された小松菜奈さん、門脇麦さんの印象を教えてください。

 

門脇さんとは3回目なので、お互いに空気感とかもわかっていてやりやすかったです。小松さんは本当に明るくて、現場の空気も小松さんのおかげで明るくて、尊敬します。

 

 

―本作が青春をテーマにされていますが、成田さんの忘れられない青春時代の思い出はなんですか?

 

学生だけが青春じゃないということが本作でも感じ取れると思うんですけど、青春といわれるとやっぱり思い浮かぶのは高校時代です。小学校から高校までやっていたサッカーを引退して、とりあえず友達とはしゃごうと思って、行事を大切にして全力で遊んでいました。(笑)多分僕の高校時代まではそこまでSNSが深くなかったから、みんなに発信するということも特になく、ただ自分たちが楽しむ時間を友達と共有してっていう感じだったので、思い返すととても楽しかったですね。

 

 

 

 

 

―主題歌は秦基博さんで挿入歌があいみょんさんがご担当されていますが、楽曲を聴いてみていかがでしたか?

 

 最初は秦さんが作った楽曲は秦さんが歌っているもの、あいみょんさんが作った楽曲はあいみょんさんが歌っているものを聴きましたが、それはもう完成されていて、こうやって音楽が生まれていくんだなと、とても素敵な楽曲だと思いました。その楽曲を実際にハルレオとして二人が歌っているところを僕が演じるシマが、ギターやタンバリンでサポートして、さらに完成されていくんだなぁと。たとえば秦さんが担当した楽曲「さよならくちびる」はハルが書いた設定なので、やっぱり思いが込められているし、セリフのように歌を唄っているので、ラストライブのシーンでのパフォーマンスはすごく感動しました。何回も何回もみんなで練習をしてるけど、上手いだけじゃない良さみたいなものがとても感じられるかと思います。

 

 

―俳優のほかモデルなどでもご活躍をされていますが、ご自身のファッションで普段気をつけていることはございますか?

 

楽なファッションが好きで、普段からも楽なものが多いですね。ちょっとしたこだわりかもしれないけど、普段スニーカーはあまり履かないかも。あとは流行りに流されない!(笑)

 

 

 

 

 

―成田さんは学生時代にのめり込んでいたことや、頑張っていたことはございますか?

 

サッカーもそうですが、いかにみんなの笑いを取るかというのをずっと考えてましたね。(笑)みんなでいる時も友達と二人で遊んでる時も、ずっと友達とふざけていたりしてました。笑っていたかったし、友達を笑わせていたかったです。小学生の時はコントとか作ってやってました!(笑)

 

 

―最後に、映画を楽しみにしている方にメッセージをお願いします。

 

本当に楽しみにしていてほしいです。僕が演じたシマは一度夢を完全にあきらめて、そこからもう一度やり直して幸せを掴んだりしているから、毎日が最高だと思いたいけど、今より先でもっと最高になることを目標にして”青春“として楽しむこともいいなと思えると思います。それぞれの生き方があって、それぞれの愛のカタチがあって、いろんな希望を持てる映画になっています。あと何よりハルレオの二人とても魅力的なので観てほしいです!(笑)

 

 

 

☆応募方法☆

 

1.マイナビティーンズの公式Twitterをフォロー


https://twitter.com/mynavi_teens

 


2.下記のツイートをRTしてね!

 

 

3.マイナビティーンズの公式Instagramをフォロー

https://www.instagram.com/mynaviteens/


4.下記の投稿に「いいね!」を押してね!

 

5.ページの下部にある「申し込む」から応募。


以上で応募完了★

 

 

 

成田凌

1993年生まれ。埼玉県出身。

2013年雑誌「MEN'SNON-NO」の専属モデルに。2014年にテレビドラマ「FLASHBACK」(主演)で俳優デビュー。その後も映画「キセキ -あの日のソビト」(17)、「スマホを落としただけなのに」(18)、「翔んで埼玉」(18)、ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(16)、「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- 3rd season」(17)、「連続テレビ小説 わろてんか」(17)など数々の話題人気作に出演。また映画「カツベン!」(2019年12月公開予定)「窮鼠はチーズの夢を見る」(2020年公開予定)の公開が控えている。

 

 

インディーズで人気の女性ギター・デュオ「ハルレオ」のレオ(小松菜奈)とハル(門脇麦)。付き人シマ(成田凌)が参加していくことで徐々に関係をこじらせていく。やがて3人が出した答えは“解散”。全国ツアーの道中、歌詞にしか書けないハルの真実と、歌声でしか出せないレオの想い、隠していたシマの本音も露わになり―。それぞれの想いがつまった曲「さよならくちびる」は、3人の世界をつき動かしていく――。

 

 

2019年5月31日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー!

 

監督・脚本・原案:塩田明彦

キャスト:小松菜奈 門脇麦 成田凌

篠山輝信 松本まりか 新谷ゆづみ 日髙麻鈴 青柳尊哉 松浦祐也 篠原ゆき子 マキタスポーツ

うた by ハルレオ 主題歌 Produced by 秦 基博 / 挿入歌 作詞作曲 あいみょん

製作幹事・配給:ギャガ 制作プロダクション:マッチポイント

©2019「さよならくちびる」製作委員会

募集概要 【サイン&チェキプレゼント】映画『さよならくちびる』に出演している成田凌さんにJKメンバーがインタビュー♡
応募条件 マイナビティーンズに登録している13~19歳の女の子
募集人数 2名様
応募期間 2019年6月28日(金)まで
応募形態 モニター
当選について 当落は、7月上旬にマイページにてお知らせいたします。
   

このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 答えてサクッとポイントゲット!モニターアンケート募集中
  • JOL原宿
  • JK編集部とは

Ranking