チャレンジ

【サイン&チェキプレゼント】劇場版『名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)』でゲスト声優を務めている河北麻友子さんにJKメンバーがインタビュー♡

このエントリーをはてなブックマークに追加

   

劇場版『名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)』でゲスト声優を務めている河北麻友子さんにJKメンバーがインタビューしてきました!

 

 

 

 

撮影/米玉利朋子

 

―声優としてご出演が決まった際のお気持ち、また自分の声が吹き込まれた作品をご覧になった感想を教えてください。

 

『名探偵コナン』は皆さんが知っているアニメなので、作品に参加できることがとても嬉しい気持ちもありましたが、緊張感とプレッシャーもすごかったです。完成した作品をみて、私の名前がエンドロールに入っていたり、担当した役のレイチェルをスクリーン上でみた時はすごく感動しました。"本当に『名探偵コナン』の作品に参加したんだ!"という実感がやっとそこでわきました。とてもうれしかったです。

 

 

―声の吹き替えで苦労したことはありましたか?

 

声ですべてを演じないといけないところが難しく、一番難しかったのは、ハッとして息をのむシーンなど"言葉のないところ"での表現がすごく難しくて、それを全部声で伝えなきゃいけない難しさはありました。

 

 

―レオン・ロー役の山崎育三郎さんの印象を教えてください。

 

実際に一緒にお仕事する前は、やっぱりすごくミュージカルの印象が強く、声も素敵な印象だったので、声を使うという共通点で"声優"はすごく向いてらっしゃるんだろうなぁと思っていました。実際の作品を観たときもすごく役にハマっていて、声もすっごくかっこいいし色っぽさが出てたので、さすがだと思いました!

 

 

 

 

 

―劇中で印象に残っているシーンや、好きなシーンを教えてください。

 

今回はシリーズとして初めて海外が舞台になっている作品で、シンガポールの街並みもリアリティがあって、私たちが知っているシンガポールが変化していくシーンは印象に残っています。あと、個人的に好きなシーンはレオン・ローが怪盗キッドや京極真と直接対決するんですけど、そのシーンがとてもかっこよくて気に入ってます。

 

―オファーを受ける前、『名探偵コナン』という作品にどのような印象を持っていましたか?

 

同じ印象を持っている方がほとんどだと思うんですが、『誰もが知ってる大好きな人気作品』という印象でした。今回のストーリーの舞台がシンガポールなので、新しい試みで楽しみだなと思いました。

 

 

―映画の舞台がシンガポールで、河北さんはTVのお仕事でもいろんな国に行かれたと思いますが、一番印象に残っている国や、行ってみたい国はどこですか?

 

行ったことのある国だとイタリアのベニスという場所が好きです。お仕事で出川さんとも海外に行く機会が多いんでが、出川さんも海外で一番好きなところがベニスなんです。今一番行きたい国だとギリシャです。ギリシャは行ったことがなくて、街並みが素敵なので実際に行ってみたいと思っています。

 

 

 

 

 

―モデルとしてもご活躍されていますが、普段のファッションやメイクでこだわっているポイントはありますか?

 

TPOですかね。その時のファッションにメイクを合わせますし、例えば、今着ているファッションも舞台挨拶という特別なタイミングなので、普段より華やかに仕上げたり、キラキラしてるヘッドアクセをつけたりとか、気分や環境によって変えたりはします。あとはトータルバランスも大事かなと思います。すごく派手な服に派手なメイクだと足し算しすぎるので、ちょっとメイクは抑えめにするとかバランスをとるようにしてます。

 

 

―河北さんの美の秘訣を教えてください!

 

いっぱい笑うことです!女の子だけじゃなくて男性もそうですけど笑ってるのが一番可愛いし素敵だと思うのでたくさん笑うことが大切かなと思います。

 

 

―マイナビティーンズの読者は10代女子がメインなのでお聞きしたいのですが、河北さんはどんな女子高生でしたか?

 

そんなに自慢できるような高校生ではなかったです。(笑)高校生の時にしかできないこといっぱい皆さんにも経験してほしいし、私もそんな感じだったのでいっぱい遊びました。勉強も大事ですけど、勉強は後からもついてくるので、今はいっぱい遊んでほしいなと思います。

 

 

―最後に、夢に向かって頑張っている10代に向けてメッセージをお願いします!

 

自分が楽しいと思うことをやっていってほしいと思います。私も今の仕事がすごく大好きで、全ての仕事に自分の熱意を全力で注げられるし、楽しく過ごせています。いまはいろんな職業があっていろんなチャンスがいっぱい転がっていると思います。自分が好きなことをやって自分に合わないなと思ったら、次のステップに行って、試行錯誤しながら楽しく毎日を過ごしてほしいなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

河北麻友子

2003年『第9回全日本国民的美少女コンテスト』でグランプリとマルチメディア賞のW受賞。2005年テレビドラマ『世界組TV』で主演デビュー。その後『クロコーチ』(13)『大河ドラマ 八重の桜』(13)『白鳥麗子でございます!』(16)などに出演。バラエティーでも『ヒルナンデス!』『世界の果てまでイッテQ!』『BeauTV〜VoCE』などレギュラー出演中。また、モデルとしても活躍しており、多方面で活動している。

 

 

 

 

怪盗キッド、絶体絶命―

牙を剥く、最強の空手家・京極真

“眠れる獅子”の巨大な闇が、目を醒ます

 

 

19世紀末に海賊船と共にシンガポール近海に沈んだとされる、世界最大のブルーサファイア“紺青の拳”。現地の富豪が回収を目論み、表舞台にその姿を現した時、マリーナベイ・サンズ近郊にて殺人事件が発生。現場には、怪盗キッドの血塗られた予告状が残されていた―-。

一方、シンガポールで開催される空手トーナメントを観戦する為、蘭と園子は現地を訪れていた。パスポートを持っていないので海外渡航できないコナンは留守番のはずだったが、彼を利用しようとするキッドの奇術的な方法により、強制的にシンガポールへ連れてこられてしまう。キッドに従わなければ日本に帰ることすらできないコナンは、メガネ、腕時計、服などすべて奪われ変装することに。その正体に気付いていない蘭に名前を聞かれ、とっさにアーサー・ヒライ(!?)と名乗る。やがて、キッドはある邸宅の地下金庫にブルーサファイアが眠っているという情報を得る。いとも簡単に侵入成功したと思われたが、危険すぎる罠がキッドを待っていた。立ちはだかったのは、400戦無敗の最強の空手家・京極真。キッドの命運は…!?そして、不吉な何かを予兆するかのように、シンガポールの象徴・マーライオンから真紅に染まった水が放出される!

 

 

かつて海底に葬られた伝説の秘宝が

時を経て、“獅子の国”に蠢く巨大な闇を呼び覚ます!

 

 

劇場版『名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)』

2019年4月12日(金)より全国東宝系にて公開中

(C)2019青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

 

原作:青山剛昌 「名探偵コナン」(小学館「週刊少年サンデー」連載中)

監督:永岡智佳 脚本:大倉崇裕 音楽:大野克夫

 

<声の出演>

高山みなみ(江戸川コナン) 山崎和佳奈(毛利蘭) 小山力也(毛利小五郎) 山口勝平(怪盗キッド)

募集概要 【サイン&チェキプレゼント】劇場版『名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)』でゲスト声優を務めている河北麻友子さんにJKメンバーがインタビュー♡
応募条件 マイナビティーンズに登録している13~19歳の女の子
募集人数 2名様
応募期間 2019年5月19日(日)まで
応募形態 モニター
当選について 当落は、6月上旬にマイページにてお知らせ致します。
   

このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 答えてサクッとポイントゲット!モニターアンケート募集中
  • JOL原宿
  • ティーンズラボ

Ranking