チャレンジ

【サイン&チェキプレゼント】映画『L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』に出演している上白石萌音さん、杉野遥亮さん、横浜流星さんにJKメンバーがインタビュー♡

このエントリーをはてなブックマークに追加

   

映画『L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』に出演している上白石萌音さん、杉野遥亮さん、横浜流星さんにJKメンバーがインタビューしてきました!

 

 

 

 

 

 

撮影/今井裕治

 

―完成された作品をご覧になった感想を教えてください!

 

上白石萌音(以下・上白石):私は本当に恥ずかしくて。(笑)自分が恋愛している姿なんて普通は見ないので、キュンキュンしている表情とか見るのが恥ずかしくて、終わったあとは体中がすごく熱かったです。(笑)

 

横浜流星(以下・横浜):同じく(笑)。この映画って女性のあこがれが詰まっている胸キュンが多い作品で、

僕が今22歳で高校生の姿に戻って演じて、一瞬「何やってんだ、自分!」って我に返って凄く恥ずかしくなったりもしましたね。杉野くんがかっこよくて、萌音ちゃんが可愛い映画になってます。(笑)

 

杉野遥亮(以下・杉野):僕が高校生の時、一人暮らしとか同居に憧れていて、その部分は中高生にとっての憧れを再現出来たんじゃないかと思うので、映画をご覧になったみなさんがどんな反応をするか楽しみな映画になったとおもました。

 

 

 

 

 

 

 

 

―演じられた中で一番キュンとしたシーンはございますか?

 

杉野:一緒に料理したシーンは個人的にも憧れていたので、いつか自分が結婚した時の想像の手助けになったというか。(笑)こういう関係性ってうらやましいなぁと思って演じていました。

 

横浜:プリンのシーンで僕が演じる玲苑がヒロインの葵に「俺の良いところを100個言ってみろ!」と言うのですが、健気に葵が一生懸命答えているところがすごく可愛いなぁと思いました。こんな健気な子いたらいいなぁって。(笑)

 

上白石: 柊聖と玲苑の 2人がバスケをしているところを葵が見ているシーンがあって、「なんて青春なんだ!」って思いました。シーンとしてもかっこよかったですし、2人とも撮影前からバスケの練習もすごくしていたのも知っていたので、とてもキラキラしていて、その姿を応援してるシーンは本当に自分と葵が重なりました。自然と「頑張れー!」って応援していたし、胸キュンシーンの一つだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

―撮影中で印象に残っているエピソードがございましたら教えてください。

 

杉野:僕は文化祭のシーンですね。映画の美術スタッフさんが準備した撮影セットが、高校生の時に理想としていた文化祭のイメージのままあったので、体験できてとても興奮しました!撮影もとても楽しかったですし、欲をいえば出店もまわりたかった!

 

横浜:僕も!文化祭シーンは印象的だった!

 

上白石:私は杉野さんのうさぎの着ぐるみ姿が1番印象に残っていて、全ての衣装の中で1番似合っていたと思います!(笑)

 

横浜:本当に似合ってた!(笑)

 

上白石:杉野さんのために作られたんじゃないかと思うぐらい似合っていて、あのうさぎの姿をして切ない演技をするので、またたまらないっていう。(笑)初めて見たときは大興奮しました!「うさぎがきたー!」って。(笑)

 

横浜:身長が高いから尚更だよね。(笑)

 

杉野:ほめられているのかな。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

―最後に映画を楽しみにしている方々にメッセージをお願いいたします!

 

上白石:女子高生の皆さんには特に見てほしい作品です。もちろん胸キュンも感じてほしいのですが、劇中で将来の進路に悩んでいるシーンもあったりするので、何か決断をするときにそっと背中を押す言葉が1つでも感じ取っていただければいいなぁと思います。是非、お友達といっしょに見て胸キュンしてほしいです!

 

横浜:たくさんある胸キュンシーンにドキドキしてください!僕が「好きにさせてやる」って言っているので、玲苑を好きになって帰ってくれたら嬉しいです!(笑)

 

杉野:みんなの憧れや胸キュンの理想が結構詰まっていると思うし、それを映画館で体験できる作品になっていると思います。みなさんとこの作品を盛り上げていきましょう!

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

☆応募方法☆

1.マイナビティーンズの公式Twitterをフォロー

 

https://twitter.com/mynavi_teens

 

2.下記のツイートをRTしてね!

 

 

3.マイナビティーンズの公式Instagramをフォロー

 

https://www.instagram.com/mynaviteens/

 

 

 

4.下記の投稿に「いいね!」を押してね!

 

 

 

上白石萌音

1998年生まれ。鹿児島県出身。

2011年にドラマデビュー。映画『舞妓はレディ』(14)で映画初主演、劇場アニメーション『君の名は。』(16)でヒロイン・三葉役に起用、2016年に歌手デビューなど多岐にわたって活躍。その後も、映画『ちはやふる』(16-18)、『溺れるナイフ』(16)、ドラマ『陸王』(17)、『アリータ:バトル・エンジェル』(19/  吹替)など人気作品に出演している。今後は映画『スタートアップ・ガールズ』の公開や音楽劇『組曲虐殺』の公演が控えている。

 

杉野遥亮

1995年生まれ。千葉県出身。

2015年雑誌「FINEBOYS」専属モデルオーディションでグランプリを獲得し、専属モデルに。2017年に『キセキ ーあの日のソビトー』で俳優デビュー。その後も、映画『あのコの、トリコ。』(18)、ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』など様々な話題作品に出演している。今後はドラマ『ミストレス〜女たちの秘密〜』『花にけだもの〜Second Season〜』に出演。また映画『居眠り磐音』(5/17公開予定)の公開が控えている。

 

横浜流星

1996年生まれ。神奈川県出身。

2011年ドラマデビュー。『キセキ-あの日のソビト-』(17)に出演し話題に。『兄友』(18)『虹色デイズ』では主演をつとめ、昨年は4作に出演している。2019年には主演映画『愛唄 -約束のナクヒト-』、ドラマ『初めて恋をした日に読む話』では髪をピンクに染めた不良高校生・由利匡平役で出演。今後は映画『チア男子!!』(5/10公開予定)の公開が控えている。

 

 

ドキドキがとまらない、ひとつ屋根の下。ハラハラの3人同居は大嵐の予感 ――。

2人きりのラブ同居をはじめた柊聖。そんな2人の元に、柊聖のいとこ、玲苑が柊聖をアメリカに連れ戻しにやってくる。

葵のことは最初から「Stupid」呼ばわりの失礼なヤツ!柊聖の彼女として葵はスペックが低すぎると全く認めようとしない玲苑だが、葵と時間を過ごすにつれ、天然で人を思わず和ませる葵のことが気になるようになってしまい......。

そして、そんな玲苑の気持ちに気づいてしまう柊聖。生まれてはじめての嫉妬に戸惑いどうしていいかわからなくなってしまう。

不器用な三人の三角関係はどうなっていく!?

 

映画『L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』

3月21日(木・祝)公開!

©「2019 L♡DK」製作委員会

 

募集概要 【サイン&チェキプレゼント】映画『L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』に出演している上白石萌音さん、杉野遥亮さん、横浜流星さんにJKメンバーがインタビュー♡
応募条件 マイナビティーンズに登録している現役女子中高生
募集人数 2名様
応募期間 2019年4月14日(日)まで
応募形態 モニター
当選について 当落は、4月下旬にマイページにてお知らせいたします。
   

このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 答えてサクッとポイントゲット!モニターアンケート募集中
  • JOL原宿
  • JK編集部とは

Ranking