チャレンジ

映画『ピア~まちをつなぐもの~』完成披露試写会に10組20名様をご招待!

このエントリーをはてなブックマークに追加

   

~在宅医療に懸命に取り組む、若き医師と仲間ピアたち~命と希望の物語~

映画『ピア~まちをつなぐもの~』

4月26日(金)公開!



2017年から全国各地で1年以上にわたって劇場公開され、上映会も国内外で800回以上開催されている映画『ケアニン~あなたでよかった~』。その製作スタッフが再び集まり製作した、在宅医療と介護をテーマにした映画『ピア~まちをつなぐもの~』が完成しました。ストーリーは若手医師が悩みながらも懸命に在宅医療という高齢化社会の大きな課題に取り組んでいくという感動の物語です。


主人公のエリート医師から一転、小さな町医者を継ぐことになった雅人役には、『羊の木』(18)、NHK大河ドラマ「真田丸」(16)、TBS「逃げるは恥だか役に立つ」(16)、NTV「3年A組-今から皆さんは、人質です-」(19)など数多くの映画やドラマに出演する、今後注目の実力派俳優 細田善彦。またその雅人に対して、ことあるごとに意見がぶつかるケアマネジャーの夏海を演じるのは『ケアニン』、『愚行録』(17)、『コーヒーが冷めないうちに』(18)、TBS「コウノドリ」「チア☆ダン」(18)、CX系 「僕らは奇跡でできている」(18)等、映画やテレビで大活躍の松本若菜。さらに今作が映画初挑戦の川床明日香、映画『ケアニン』では主人公を演じた戸塚純貴に加え、水野真紀、升毅、尾美としのりなどベテラン俳優陣が彩りを添えます。そして本作品のメガホンをとるのは、園子温監督の助監督として数々の作品に参加し、近年ではNHK「PTAグランパ」(18)や『ゼニガタ』(18)が話題になった、綾部真弥監督。地域で生きるとは?在宅医療と介護、看取りを通して、働くことの意味、人と人、夫婦(家族)、地域との繋がりの尊さを描く。笑って泣けて、人生に前向きになれる、心温まる感動作がここに誕生しました。

映画の公開に先駆けて、3月19日(火)に完成披露試写会を開催!



マイナビティーンズから


■日程:3月19日(火)

■時間:開場:18:00 完成報告会見:18:30(上映開始:19:00)
■会場:日本消防会館(ニッショーホール)東京都港区虎ノ門2丁目9番16号
■登壇者(敬称略):細田善彦、松本若菜、水野真紀、川床明日香、升毅橘 和徳(主題歌アーティスト)綾部真弥(監督)

■招待人数:10組20名様


『最期の願いは、僕たちが支える』
若手医師が悩みながらも懸命に在宅医療という高齢化社会の大きな課題に取り組んでいく感動の物語。
病気で倒れた父親の医院を継ぐために、大学病院を辞めざるを得なくなった若手医師の高橋雅人(細田善彦)は、父・圭蔵(升毅)の要望で渋々訪問診療も始めることになる。しかし大学で先端医療の研究を志していた雅人にとって、地域の患者やその家族たちの医療には、なかなか関心を持てないでいた。
そんな中で訪問診療に行ったある患者家族との出会いによって、雅人の医師としての考え方が大きく変わっていくことになるのだった…。


<作品情報>
出演:細田善彦 
松本若菜 川床明日香 竹井亮介 三津谷亮 金子なな子 
田山由起 桜まゆみ 枝元萌 村上和成 中野マサアキ 大迫一平 加藤虎ノ介
戸塚純貴 尾美としのり 水野真紀 升毅 

監督:綾部真弥  企画・原作・プロデュース:山国秀幸  
脚本:藤村磨実也・山国秀幸  主題歌:橘和徳「この街で」(ユニバーサル ミュージック)
撮影:伊藤麻樹 照明:尾下栄治 録音:滝澤修 美術:横守剛 編集:岩切裕一 音楽:遠藤浩二
製作:映画「ピア」製作委員会 
©2019「ピア」製作委員会



映画『ピア~まちをつなぐもの~』4月26日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開予定

募集概要 映画『ピア~まちをつなぐもの~』完成披露試写会に10組20名様をご招待!
応募条件 マイナビティーンズに登録している13~19歳の女の子
募集人数 10組20名様
応募期間 2019年3月13日(水)まで
応募形態 モニター
開催日 2019年3月19日(火)
時間 開場:18:00 完成報告会見:18:30(上映開始:19:00)
当選について 当落は、3月中旬にマイページにてお知らせ致します。
会場 日本消防会館(ニッショーホール)
住所 東京都港区虎ノ門2丁目9番16号

GoogleMapで地図を見る

   

このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 答えてサクッとポイントゲット!モニターアンケート募集中
  • JOL原宿
  • JK編集部とは

Ranking