チャレンジ

【サイン&チェキプレゼント】ドラマ『平成ばしる』に主演している稲葉友さんにJKメンバーがインタビュー♡

このエントリーをはてなブックマークに追加

   

ドラマ『平成ばしる』に主演している稲葉友さんにJKメンバーがインタビューしてきました!

 

 

 

 

 

 

撮影/三橋優美子

 

 


―主演おめでとうございます!今作が民放初主演ということで、お話がきたときの気持ちを教えてください。

 

ありがとうございます!

今回は民放初主演で、より多くの人に作品が届く機会が多い民放で主演できるっていうありがたさと、主演って怖いところもあるなぁという思いもあるので、プレッシャーを感じていたんですけど、やっぱり現場にいると主演ってすごく楽しくて、一番いろんな人出演者と関われるんですよ。

現場にいる時間も長いし、役としてもいろんな人がこの人(主演)に関わってくるので現場に来るとすごくお芝居っていう意味でも楽しくて、やっぱりいいなと感じています。入る前は怖くて、入ったら楽しいって感じですね。

 

―普段、稲葉さんご自身は出演されている松重さん(本人役)側になると思いますが、今回はテレビ朝日のAP・猫宮を演じてみていかがでしたか?

 

APさんっていう職業って、新人ではないし程度お仕事をしてきて、そこからぶつかる壁を「猫宮」が年の瀬に全力でやっているっていう感覚ですね。テレビ局のアシスタントプロデューサーをやるというよりも、仕事っていうものにすごく全力で向き合うって感じです。

 

 

 

 

 

―今作の「ここを見てほしい!」など稲葉さんにとっての一押しのポイントやシーンがありましたら教えてください。

 

いい意味で変な世界観になっています。(笑)松重さんが松重さん本人として出てくるし、監督・脚本をした松居大悟さんが松居大悟ご本人でJ-WAVEの番組をそのままされているし、ドラマの楽曲を作ってくださった石崎ひゅーいさんもドラマ内で歌ってくださっているので、本人が本人役で出てるっていう奇妙な感じが見てて楽しめると思います!

まだドラマ全体のストーリーの軸が複数あって、色んな展開があちこちで起こっているけど、最後にキュッと収束してすごくほっこりする内容がぎゅっとなっているドラマですが、連ドラでもない1時間ドラマというところがポイントです。(笑)全部見どころだと思って見てもらえるとすごく嬉しいです!

 

 

―今作が、年越しそばが発端で大混乱になりますが、最近稲葉さんが大混乱したことやハプニングはございましたか?

 

大混乱というか、めまぐるしくて気持ちが追い付かない出来事はありますね。(笑)

生まれて1年数か月になる兄の甥っ子がいるんですけど、頻繁に会わないと赤ちゃんって急激に成長するので、2・3か月合わない期間があって、久々に会ったときに歩いてる甥っ子を見た時は気持ちが追い付かなかったです。「え!ちょっと待って。そんなに歩くの?聞いてない!聞いてない!」って。(笑)

 

 

 

 

 

 

―今作の監督・脚本を務めた松居大悟さんの印象を教えてください。

 

今回お仕事させてもらうのが2回目で、1回目の作品の時からから仲良くさせていただいています。

松居さんはすごく「人たらし」です!松居さんと仕事した人で松居さんのこと好きになる人も多くて、これからもずっと関わっていくんだろうなぁと思うような人を引き寄せる力がすごく強い人ですね。俺も松居さんがすごく好きで、いつでも松居さんから作品のお誘いがあったら出たいって思うし、そういう方と仕事ができてすごく嬉しいです。

でも、松居さんを褒めると絶対「うるさーい」って照れています。(笑)そして、「うるせーよ」しか言わなくなる。(笑)年上なんですけど、そういうところが愛くるしいです。

 

 

―年の瀬のドラマですが、稲葉さんは「こういう年越しをしたい!」というような理想的な過ごし方はありますか?

 

凄くのんびり過ごしたいです。

年末年始は割と撮影休みになることも多いので、幼馴染みの家に行ってだらだらしたりして気づいたら年越していたりするパターンとか、年末のカウントダウンのテレビ観て、カウントダウンを見て“はい!年越したー”ってなるパターンとか何個かあるんですけど、ゆっくりで穏やかであれば尚いい。(笑)

 

 

 

 

 

 

―もう今年が終わろうとしていますが、今年はどんな年でしたか?また来年はどういった年にしたいでしょうか?

 

いろんな作品に携わらせていただいて、今回の松居さんとのような作品での再会もあったし、別の作品では新しい出会いもいっぱいありました。素敵な方と作品を通してご一緒できるとすごく嬉しいから、今年も運がいいなと思いつつ、来年もまた色んなことに挑戦していきたいです。

あと、来年26歳になるので、個人的に徐々に大人になる準備をしていきます。高校の時は26歳って結構大人だと思っていたんですけど、年齢に近づくと全然実感がわかなくて。(笑)今は29歳ぐらいが大人かなぁと思って、いろいろとスマートにしていきたいですね。あとは健康のことを考えて人間ドックにいくとか。(笑)

 

―最後にドラマの放送を、待ちに待っている方にメッセージをお願いします。

 

年末12月って「師走」と書いて、本当にその通りでバタバタとしていて、いろんな行事が詰め込まれてる時期にすごくぴったりなドラマだと思います!時間も深夜なのでバタバタとして帰ってきて一息ついてから見られる時間帯なのでリアルタイムで是非見てほしいです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年12月31日。テレビ朝日では「東京らふストーリー」の収録が行われ、APの猫宮唯(稲葉友)は2本目の収録の特別ゲスト・松重豊(松重豊・本人)の出迎えへ。だが途中、スタッフ用に用意した年越しそばが足りないことに気付き、先にスーパーへ向かうことにする。

 同時刻、J-WAVEは生放送中の番組対応でスタッフがバタバタ。そんな中で、番組内で紹介するそばを運んでいた江國彩香(阿部純子)が転倒! そばを全てこぼしてしまい、慌てて代わりのそばを買いに走ることになる。しかしこの年末で、どこもそばだけが売り切れ…。諦めかけたその時、大量のそばをカゴに入れた猫宮が目の前を通り過ぎた。テレビ朝日のスタッフパスを付けていることに希望を見出した彩香は猫宮に「そばを一つ分けてください!」と頼むが、猫宮は冷たい対応。

「同業者なら分かるでしょ!?」「ラジオだったら音でなんとかなるでしょ!?」

言い争いをしている中、猫宮に着信が。予定時刻よりも早く来たゲストの松重豊がテレビ朝日の入り口に誰もいないため、六本木ヒルズの車寄せに移動してしまったというのだ。その場所が分からない猫宮が焦っていると、彩香が「近道、知ってるなぁ」とポツリ。2人は話し合いの結果、彩香が松重の迎えに、猫宮がJ-WAVEのスタジオにそばを届けに走るが…!?

 

 

 

稲葉友

1993年生まれ。神奈川県出身。

 

2010年のテレビドラマ「クローン ベイビー」で俳優デビュー。2011年の舞台『真田十勇士~ボクらが守りたかったもの~』では、舞台初出演にして主演をつとめた。その後も『仮面ライダードライブ』『ワンダフルワールドエンド』『HiGH&LOW』シリーズなどに出演。現在はJ-WAVE「ALL GOOD FRIDAY」にてパーソナリティーを務め、幅広く活躍している。2019年1月6日よりMBS、1月8日よりTBSにて放送スタートのドラマ『ゆうべはお楽しみでしたね』に出演するほか、映画『この道』が1月11日公開予定。

 

募集概要 【サイン&チェキプレゼント】ドラマ『平成ばしる』に主演している稲葉友さんにJKメンバーがインタビュー♡
応募条件 マイナビティーンズに登録している13~19歳の女の子
募集人数 2名様
応募期間 2019年1月25日(金)まで
応募形態 モニター
当選について 当落は、2月上旬にマイページにてお知らせ致します。
   

このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 答えてサクッとポイントゲット!モニターアンケート募集中
  • JOL原宿
  • JK編集部とは

Ranking