チャレンジ

映画『雪の華』のジャパンプレミアに5組10名様をご招待!

このエントリーをはてなブックマークに追加

   

世代や国を超えて愛される中島美嘉の名曲「雪の華」が、この冬、最高のラブストーリーに!



映画『雪の華』
2019年2月1日(金)全国ロードショー


主演は『ホットロード』以来5年ぶりの恋愛映画に出演する登坂広臣さんと、今最も注目される女優・中条あやみさん。監督を務めるのは『orange-オレンジ-』の橋本光二郎。脚本に「ひよっこ」の岡田惠和監督。そして音楽は、初めて劇伴フルスコアを手掛ける、世界的ヴァイオリニストの葉加瀬太郎。一流のキャスト・スタッフが勢揃いし、この冬、切なくも温かい最高のラブストーリーが誕生。


登坂さんが演じるのは、ガラス工芸家を目指すぶっきらぼうだけど真っ直ぐな青年・悠輔。


中条さんが演じるのは、余命宣告を受けながらも憧れ地〈フィンランド〉でオーロラを見ることを夢見るヒロイン・美雪。




本編の1/2を、冬と夏のフィンランドでの大型ロケで撮影された圧倒的に美しい映像で、期間限定の切ない恋を彩る心を溶かすロマンティック・ラブストーリー。


この度、映画の公開に先駆けて1月24日(木)に『雪の華』ジャパンプレミアを開催!



■日時: 1月24日(木)17時30分開場/18時15分開演
■場所: 東京ドームシティーホール
(住所:東京都文京区後楽1-3-61 東京ドームミーツポート)
■登壇者:登坂広臣、中条あやみ、高岡早紀、浜野謙太、田辺誠一、橋本光二郎監督 (予定)
■招待人数: 5組10名様
※当選者ご本人を含む2名様のご招待となります。
※ご本人確認のため、試写会場にて身分証明書のご提示をお願いする場合がございます。
※会場までの交通費はご負担ください。
※満員の際は消防法によりご入場をお断りいたします。予めご了承ください。
※開映後のご入場は固くお断りいたします。
※当日は会場にマスコミの取材が入る予定です。ご了承の上、ご来場ください。
※都合により、ゲストは予告なく変更、イベントが中止、日程変更となる場合があります。予めご了承ください。

マイナビティーンズから


プレゼントの応募はマイナビティーンズのLINE@で配信するURLから応募可能★

みんなマイナビティーンズをお友達登録していてね♥


↓↓お友達登録はコチラから↓↓

LINE→@mynaviteensでID検索してみてね♪

下のボタンクリックでも友達追加できます。


友だち追加数


たくさんの応募お待ちしてます♡


「余命1年、私の夢――恋がしたい。」

東京-フィンランドを舞台に描かれる、一生に一度、運命の恋。

幼い頃から病気がちで、ついに余命1年を宣告された美雪(中条あやみ)。

彼女の夢は2つ――1つは両親が出会った〈約束の地〉フィンランドでオーロラをみること。そしてもう1つは、最初で最後の恋をすること。

ある日、ひったくりにあった美雪はガラス工芸家をめざす青年・悠輔(登坂広臣)に助けられる。悠輔が男手ひとつで妹弟を育てていること、そして働く店が危機になっていると知った美雪は、

「私が出します、100万円。その代わり1ヶ月、私の恋人になってください」と持ちかける。何も知らないまま“期間限定”の恋に応じる悠輔だったが・・・。

かけがえのない出会いが、美雪に一生分の勇気をあたえて、悠輔の人生を鮮やかに彩っていく。東京と<約束の地>フィンランドを舞台に描かれ、切ない想いに涙が溢れる、初雪の降る日に出会った2人の、1年のラブストーリー。


映画『雪の華』2019年2月1日(金)全国ロードショー


<CAST&STAFF>

登坂広臣 中条あやみ

高岡早紀 浜野謙太 箭内夢菜/ 田辺誠一

主題歌:中島美嘉「雪の華」(ソニー・ミュージックレーベルズ)

監督:橋本光二郎 脚本:岡田惠和 音楽:葉加瀬太郎

製作:映画「雪の華」製作委員会 企画・制作プロダクション:エー・フィルムズ

配給:ワーナー・ブラザース映画 

©2019映画「雪の華」製作委員会

募集概要 映画『雪の華』のジャパンプレミアに5組10名様をご招待!
応募条件 マイナビティーンズに登録している13~19歳の女の子
募集人数 5組10名様
応募期間 2019年1月14日(月)まで
開催日 2019年1月24日(木)
時間 17:30開場/18:15開演
当選について 当落は、1月中旬にマイページにてお知らせ致します。
会場 東京ドームシティーホール
住所 東京都文京区後楽1-3-61 東京ドームミーツポート

GoogleMapで地図を見る

   

このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 答えてサクッとポイントゲット!モニターアンケート募集中
  • JOL原宿
  • JK編集部とは

Ranking