チャレンジ

【サイン&チェキプレゼント】映画『春待つ僕ら』に出演している、北村匠海さんと小関裕太さんにJKメンバーがインタビュー★

このエントリーをはてなブックマークに追加

   

映画『春待つ僕ら』に出演する、北村匠海さんと小関裕太さんにJKメンバーがインタビューしてきました!



撮影/三橋優美子


―青春を感じられて、わたしたちも高校生活をもっと楽しもうと改めて思える作品でした。お二人は完成された作品を見ていかがでしたか?


北村匠海(以下:北村):もっと学校生活を謳歌しておけば良かったなぁと。役者という職業柄、20歳になっても制服を着て青春気分を味わうこともできますが、リアルな学校生活をもっと楽しんでいれば良かったなと思いました。


小関裕太(以下:小関):劇中で部活終わりにみんな(美月、永久、恭介、竜二、瑠衣)が夜道を一緒に帰るシーンがすごく印象的でした。僕は学生時代、学校からそのまま撮影現場に行くことが多かったので、あんな風に友達といられる時間っていいなぁと映画を見ながら感じていました。現役の高校生の方はもちろん、高校を卒業した方も「懐かしいな」とか「こういう何気ない友達との時間っていいよね」と思える作品だと思います。


―北村さん演じる永久はストイックな性格で、小関さん演じる亜哉は積極的で前向きな性格でしたが、ご自身と似ている部分や全く違うなと思った部分はありましたか?


北村:永久は口数が少ないけれど、バスケに対してストイックで。そんな永久の周りには同じように頑張っている人達が集まっていて、すごく素敵だなと思いました。似ている点とは少し違うかもしれないですけど、今回の作品でも小関くんを初めとする素敵なキャストの方々と一緒にやることができたように、頑張っていれば同じように頑張っている人が自然と集まってくるものなのだなと感じました。


小関:亜哉ちゃんは積極的に見えて、実は頑張って積極的にしているのかなと思いました。というのも彼は自信がなかったから美月に嘘をついたままアメリカに行って、帰ってくるまでに本当の意味で強くなって自信を持てるようになろうと頑張っていたので。
僕自身もステージに立つときは、なるべく自信を持とうとするので、そういうところは通じるところがあるのかなと思います。周りにいる先輩方も意外と頑張っている部分があったりするのかなと思うと少し気が楽になって、そんな自分を認めてあげたいなと思いました。



―北村さんだったら亜哉、小関さんだったら永久のように、強力なライバルが現れたら立ち向かっていきますか?それとも諦めますか?


北村:恋愛だったら、僕は立ち向かうというよりも、コソコソと姑息な手を使って好きな相手にアピールするかな(笑)。


小関:じゃあ相手には動きを見せない?


北村:「別にライバルじゃないよ」感を出して、こっそり付き合っちゃう(笑)。


小関:みんなそうかもね(笑)。僕もそうです(笑)。でもスポーツとか見える勝負事は、立ち向かいたい。


北村:そうだね。


小関:負けず嫌い多いもんね?


北村:多いね。役者の世界はとくに“負けたくない”という気持ちを持っている人が多いかもしれない。負けじと頑張ると思います。


―“映画『春待つ僕ら』バスケットすごい映像6選”を観たのですが、みなさんすごいバスケが上手で驚きました。本番であんなプレーやシュートを決めるために努力したことはありますか?


小関:結構緊張するんですよ、あれ!


北村:すっごく緊張する。


小関:たくさん練習しているんだけど、本番できなかったらどうしようとか不安で。決まらないともう1回になっちゃうので。


北村:監督やスタッフさんからの無言のプレッシャーを感じつつ、芝居じゃないところで迷惑をかけたくないみたいな気持ちもあって。一発集中でやっていましたね。


小関:あとはやっぱ試合のシーンだと、ものすごい人数のお客さんがいる中で決めないといけない。決まらないとドンドン撮影が押してしまうというプレッシャーがあるから、“負けず嫌い”ではないですけど、きちんと決めたいなと思いながら頑張りました。


北村:本当の試合みたいで緊張しました。



―友達作りがすごく苦手な美月を見ていて、私も同じ高校生としてすごく共感できました。お二人は友達と仲良くなるためにされていることはありますか?


北村:僕は友達作りの上手い人の方が稀で、基本的にみんな人見知りだと思うんですよね。


小関:うん、そうかも。


北村:人間みんな人見知りだと思ったら、意外と気楽に喋れる気がする。


小関:逆にね!


北村:そう。だから僕はそれで人見知りを克服したんですけど。


小関:本当に(笑)?


北村:本当(笑)。ただね、テンションが低いから、興味が無いと思われがちで…(笑)。


小関:去年の夏、2、3年振りに会ったら初対面みたいな感じだったよ。


北村:本当(笑)?バスケの練習のときだよね?


小関:そうそう。たまたまバスケを練習している場所が同じで、「今度よろしく」というタイミングで会って。


北村:そう?でも人見知り克服したというか、昔の方がもっと酷かったのよ(笑)。


小関:そっか、10代の頃のたくちゃん知らないからか。


北村:昔は一人の方が楽だったから。でも、それをもう辞めようという期間に今は入って。


小関:今は結構、友人と過ごしているもんね。


北村:そう。ずっと友達といる。


小関:僕は、好きなものとか好きなことを共有できるとお互いやっぱテンションが上がると思うので、初めての人と会うときは、共通の知人の話とか何か話題を作ってから会うように自然としているかもしれないです。



―最後に美月のように一生懸命高校生活を頑張っている女子高生に向けてメッセージをお願いします。


北村:制服で遊びに行った方がいいと思います(笑)。


小関:確かに(笑)。


北村:楽しんだ者勝ちだと思う。きっと先生に「進路が~」とか「今の選択が自分の人生に~」とか周りから言われるかもしれないですけど。まだね、みなさん10代なので人生楽しんでほしい。僕もまだ20代ですけど。


小関:そうだね。


北村:僕の知り合いに70歳でカメラマンを始めた方がいて。


小関:え~!それはすごいね。


北村:それくらい人生って何が起こるか分からなくて。きっと、一回の選択でどうこうなる話でもないと思うので、楽しんだ者勝ちだと思います。勉強も遊びも楽しんでほしいです。


小関:僕は学校を卒業してから海外に行くことが多くて、四季があるのは日本特有だなと改めて思ったんです。なので、この『春待つ僕ら』を、春を待っている今のタイミングで観られるのは、すごく素敵なことだなと思いました。
冬が来れば春が来て、夏が来れば秋が来るように、季節は必ずまわってくるけれど、美月のように明日どうやって学校に行ったらいいのか分からなくなったり、次の季節が来るのが怖くなったりすることってきっと誰しもあると思うんです。
『春待つ僕ら』は次の季節や春を楽しみに思える映画だと思うので、ぜひ観てほしいです。そして映画を観て感じたワクワク感を忘れずに過ごしてもらえれば、きっと次の季節を楽しく迎えられると思います。



★応募方法★

1.マイナビティーンズの公式twitterをフォロー


2.下記のマイナビティーンズのツイートをRTしてね!


3.ページの『申し込む』ボタンから応募してね!
※応募する際に、ツイートをRTしたtwitterのアカウント名を必ず記入して下さい。



以上で応募完了♥




高校入学を機に”脱ぼっち”を目指す美月だが、何をやっても上手くいかない…。
そんな美月のバイト先に、校内で人気のバスケ男子4人が突然現れ、美月の平凡だった日常をひっかき回す…。
一見チャラいが実はバスケに真剣で、仲間を大事にする4人の素顔を知り、次第に心を許していく美月と、「大事なものがきっと見つかると思うよ」と美月を励ます永久。
お互いが気になり始めた時、美月は、幼なじみの亜哉と再会する。
高校バスケ界期待の選手に成長していた亜哉は「僕の気持ちは変わらないよ」と告白する。
全国大会で対戦する永久VS亜哉! 全てを賭けた勝負が始まる。
美月は複雑な気持ちを抱えつつ、一方で弱い自分を乗り越えるため、ある挑戦をするがー。



北村匠海
1997年生まれ。東京都出身。
2008年『DIVE』で映画初出演。2013年には、ダンスロックバンド「DISH//」のメンバー(Vo&Gt)としてメジャーデビュー。俳優として、その後も『陽だまりの彼女』(2013)、『信長協奏曲』『ディストラクション・ベイビーズ』(2016)、『君の膵臓をたべたい』『恋と嘘』『勝手にふるえてろ』(2017)、『OVER DRIVE』『スマホを落としただけなのに』に出演。2019年は『影踏み』(2019年公開)、『十二人の死にたい子どもたち』(1月25日公開)、『君は月夜に光り輝く』(3月15日公開)の公開が控えている。


小関裕太
1995年生まれ。東京都出身。
NHK『天才てれびくんMAX』(2006-8)で子役としてキャリアをスタート。舞台『ミュージカル・テニスの王子様』(2011-12)で注目を集め、以降も舞台『FROGS』(2013)、ドラマ「ごめんね青春!」(2014)、「ホテルコンシェルジュ」映画『Drawing Days』(2015)、『ドロメ』(2016)、『覆面系ノイズ』(2017)、NHK連続テレビ小説「半分、青い。」、映画『ちょっとまて野球部!』『曇天に笑う』『わたしに××しなさい!』(2018)などに出演している。今後は『サムライマラソン』(2019年2月22日公開)の公開が控えている。



映画『春待つ僕ら』12月14日(金)全国公開

©あなしん/講談社 ©2018 映画『春待つ僕ら』製作委員会

募集概要 【サイン&チェキプレゼント】映画『春待つ僕ら』に出演している、北村匠海さんと小関裕太さんにJKメンバーがインタビュー★
応募条件 マイナビティーンズに登録する13〜19歳の女の子
募集人数 2名様
応募期間 2019年1月15日(火)まで
応募形態 モニター
当選について 当落は、1月下旬にマイページにてお知らせ致します。
   

このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 答えてサクッとポイントゲット!モニターアンケート募集中
  • JOL原宿
  • JK編集部とは

Ranking