チャレンジ

【山本さんのサイン入りチェキプレゼント】映画『ニート・ニート・ニート』で主演を務める安井謙太郎さんと、本作に出演する山本涼介さん、森田美勇人さんにインタビュー!

このエントリーをはてなブックマークに追加

   

2018年11月23日(金・祝)に全国公開される映画『ニート・ニート・ニート』で主演を務める安井謙太郎さんと、本作に出演する山本涼介さん、森田美勇人さんにインタビュー! 楽しくも過酷な北海道ロケの様子や、演技について、映画の見どころなどを聞いてきたよ!3人のわちゃわちゃした雰囲気もあわせて楽しんでね♪



―最初に台本を読まれたときの感想を教えて下さい。


安井謙太郎(以下:安井):まずは単純に“無計画な旅”っていうのに惹かれましたね。ワクワク感があるというか。


山本涼介(以下:山本):ロードムービーは一度やってみたかったお話で。男3人が揃って楽しそうだなという印象でした。あとはタイトルが強烈だなと。“ニートが3つもついているけど、ニートにそんな種類ある!?”って。


森田美勇人(以下:森田):僕が今まで演じてきた役はキャラクターがしっかりあって、それをどう表現するかという取り組み方をしてきたのですが、今回はストーリーの中で主人公たちがどんどん成長していくので。その変化していく過程をどう表現していけばいいのかなとは思いました。


撮影/米玉利朋子(山本涼介分)


―監督とは役作りについて、どんな話をしましたか?


安井:監督からは「レンチは猫みたいな人間だよ」と言われて。漠然とした大きなイメージなのですが、それが逆にやりやすかったですね。



―どう解釈しましたか?


安井:あれだけ自由奔放に生きているのに、なぜか周りに人が集まってくる。そういう言葉にできない魅力が猫に近いのかなって。それでキーにしたのが笑顔。よく“屈託のない笑顔”って言いますよね。レンチは好き勝手に行動するんだけど、それを忘れさせるぐらいの“屈託のない笑顔”を意識して演じていました。


森田:僕の場合は逆で。「キノブーはレンチに対しても、月子に対しても、いろんな感情を抱いている。だからそういう細かい気持ちを大事にしていこう」と監督は言っていましたね。僕自身は引きこもったことがないので、どういう気持ちから引きこもりになったのか、人と接しない状況ってどんなだろう、などいろいろ考えましたね。あとは、日焼けしないように気をつけて…。


安井:撮影したのは去年の夏なんですけど、北海道が記録的な猛暑で。東京よりも暑くて、あっという間に日焼けするので大変でした。クロックスを履いていたのですが、穴の部分だけ焼けるっていう(笑)。


森田:なので、去年の夏はプライベートでも日焼けしないように気にしていたので、あまり楽しめなかったんです。その分、今年は海に行ったりして楽しみました。



―タカシはどんなことを意識して演じましたか?


山本:僕が監督に言われたのは「他の人と違う“間”で話してくれ」ということ。レンチとキノブーは陰と陽で、はっきり違うじゃないですか。タカシはちょうどその間にいるので、話す“間”にしても一呼吸おいて話すということを意識していました。あえて普通でいるというのが難しかったですね。



―それぞれ役と本人のキャラクターが似ているなと思ったのですが、お互いの役については、どう思いましたか?


森田:安井君とレンチは、引っ張っていくところが似ているなと思いました。


山本:そうだね。安井君が一番にスタッフさんと仲良くなって、僕らが「銭湯に行きたいな〜」とか話していると、安井君が代表して言ってくれて。助かりました。


森田:あとはレンチほどバカではないんですけど、おちゃめな部分はあります。すぐにぶつかったり……。撮影が休みのときに一緒に音楽フェスに行ったのですが、ちょっと目を離した隙に、膝から血を流していて…。


安井:なんか自分で思っているよりも、自分の身体が大きいみたいで(笑)。すぐにコケたり、ぶつかったりするんですよ。でも山本君もかなりマイペースで、そこがタカシと似ていたかな。あんまり話を聞いてない、みたいな(笑)。


山本:そうかな〜。美勇人さんは、キノブーに似ているというよりは、現場にいる間はずっとキノブーでいたよね。


安井:ずっと台本持っていたよね。僕らはロケバスに置きっぱなしだったから、ちょっと罪悪感あったな(笑)。



―北海道のロケで、大変なことはありましたか?


安井:さっきも話した通り、北海道が90年ぶりの猛暑で。爽やかに撮影できると思って行ったのに…、あの暑さには参りました。


森田:僕はあまり自然に触れてこなかったので、最初は虫がいるのがキツかったです。でも1ヶ月もいるうちに少しは慣れたかな〜。あとは野生のキタキツネに出会いました。




―北海道ならではの出会いですね! 美味しい食べ物にも出会いましたか?


山本:僕は日本酒です。北海道の各地で地酒を飲みながら、海の幸を堪能しました。


森田:地元の人が作ってくれたとろフレーク丼も美味しかった!


安井:あと毎日差し入れていただいた牛乳が本当に美味しくて。東京に戻ってからも買うほど気に入っています。



―楽しい様子が伝わってきます。ところで皆さんが映画の中で特に印象に残っているシーンや、注目してもらいたいシーンはどこですか?


安井:そうですね……僕は河原で焚き火をしながら、3人が本気でぶつかり合うシーンが印象に残っています。1つのカメラで追って撮っていて臨場感のある仕上がりになっていて、それに撮影も疲れがピークに達している極限状態で撮ったので、それもリンクしていて。あのシーンは映画の山場の1つだと思います。


山本:僕はみんなで車に飛び乗るところ。あれは青春だな〜って。


森田:それですぐシートベルトするところね(笑)。僕は自分が出ているシーンではないのですが、レンチが月子に過去を打ち明けるシーン。今までヘラヘラしていたレンチがカッコよく見えて。


安井:監督もあそこは唯一カッコよくやっていい、って言ってくれたからな(笑)。



―皆さんは旅を終えた4人がその後、どうなると思いますか?


安井:そこは難しいというか、ラストシーンにも関わってくるのであまり言えないのですが、監督はあえて余白を残したいと思って、ああいうシーンにしたんじゃないかなと。映画を観る人の心境によって、全くちがう未来が想像できるんです。


森田:まあキノブーに関して言えば、あの旅で社会に出られる勇気は持てたんじゃないかなと思います。


山本:3人の中では良い意味でタカシが一番変わってない。でもだからこそ、観た人がいろんな想像をしやすいかもしれないですね。



―この3人でまた旅をするとしたら、どこに行きたいですか?


山本:その話、撮影中にしたよね。


安井:監督が「グアムなら任せろ!」って。なんでグアム?と思ったけど、3人だったら海外がいいですね。この中では森田だけが海外一人旅の経験者なので。聞くところによると“water”の発音がカンペキらしいです(笑)。


森田:“ウォーター”って言っても全然通じなくて……。言葉が通じないと水も飲めないのか!と思って必死に他の人の発音を聞いて……(笑)。


山本:美勇人さんがいれば水だけは確実に飲めますね(笑)。

★応募方法★
1.マイナビティーンズの公式twitterをフォロー


2.下記のマイナビティーンズのツイートをRTしてね!

3.ページの『申し込む』ボタンから応募してね!
※応募する際に、ツイートをRTしたtwitterのアカウント名を必ず記入して下さい。




以上で応募完了♥



安井謙太郎(ジャニーズJr.)

1991年7⽉21⽇⽣まれ、神奈川県出⾝/⾝⻑168cm

主な出演映画:「劇場版BAD BOYS J -最後に守るもの-」(13年)、「ホーンテッド・キャンパス」(16年)本作「ニート・ニート・ニート」が3本⽬にして初主演作。毎週⼟曜、NHKラジオ第1「らじらー! サタデー」に出演中。


山本涼介

1995年5⽉15⽇⽣まれ、奈良県出⾝/⾝⻑185cm

EX系「仮⾯ライダーゴースト」仮⾯ライダースペクター:深海マコト役としてブレイク後、映画、ドラマ、舞台において幅広い役柄で活躍中。主な出演映画:「神さまの⾔うとおり」(14年)、「サムライフ」(15年)、「旅猫リポート」(18年)


森田美勇人(ジャニーズJr.)

1995年10⽉31⽇⽣まれ、東京都出⾝/⾝⻑180.5cm

主な出演映画:「劇場版BAD BOYS J -最後に守るもの-」(13年)



退屈な会社員生活にウンザリしていたタカシ(山本涼介)は、なんとなくという理由で辞表を提出。そこに高校時代の同級生、住所不定無職のレンチ(安井謙太郎)が現れ上司にグーパンチ! 「北海道いくべ!」と向かう先は同じく同級生の引きこもり、キノブー(森田美勇人)の家。嫌がるキノブーを連れて3人はとある場所へ……そこには美女がいるはずだったが!? 2010年角川文庫から出版された小説を原作に、3人のニートと謎の少女がハチャメチャな旅を繰り広げるロードムービー。


『ニート・ニート・ニート』11月23日(祝・金)全国ロードショー

©2018 三羽省吾・角川文庫/映画「ニート・ニート・ニート」製作委員会

(ライター:橘川麻実)

募集概要 【山本さんのサイン入りチェキプレゼント】映画『ニート・ニート・ニート』で主演を務める安井謙太郎さんと、本作に出演する山本涼介さん、森田美勇人さんにインタビュー!
応募条件 マイナビティーンズに登録している13~19歳の女の子
募集人数 2名様
応募期間 2018年12月23日(日)まで
応募形態 モニター
当選について 当落は、1月上旬にマイページにてお知らせ致します。
   

このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 答えてサクッとポイントゲット!モニターアンケート募集中
  • JOL原宿
  • JK編集部とは

Ranking