チャレンジ

【サイン&チェキプレゼント】映画『旅猫リポート』でナナの声の吹き替えをする、高畑充希さんにJKメンバーがインタビュー★

このエントリーをはてなブックマークに追加

   

映画『旅猫リポート』でナナの声の吹き替えをする、高畑充希さんにJKメンバーがインタビューしてきました。


撮影/三橋優美子


―今作で、実写の猫の声を担当すると聞いた時の心境はいかがでしたか?


人物やアニメーションの吹き替えはいくつかやらせて頂いたことがあったのですが、本物の猫の声はどんな風になるのか全く想像つかなかったです。どういう風に声を吹き込めばいいのかも全く分かりませんでした。でも生身の動物の声を吹き込むというのは中々ない機会だったので、チャレンジしてみようかなと思いました。



―自分の声が吹き込まれた作品をご覧になった感想を教えてください。


変な感じがしました。映画館でスピーカーから自分の声が聞こえてきて。普段、自分が出演している作品を観ていても未だに違和感がある中で、今作では猫に私の声があてられているので、最初はすごくムズムズする感じがしましたが、観ているうちに少しずつ慣れてきて、終盤ではちゃんと観られたかなという感じです。



―福士さん演じる悟と劇中でのナナを見たときの印象を教えて下さい。


終始ニコニコしてやわらかい印象の悟に、ナナのちょっと上から目線な感じが加わって、本当に2人が喋っているように見えました。ナナを可愛がりながら福士さんも撮影をしていたんだろうなと感じました。



―高畑さんから見たナナはどのような猫ですか?


ナナは自分に自信があって、芯が通っていて、すごくカッコよくて、ナナが人間だったとしてもすごく好きなタイプです。無理に人に合わせない感じがすごく魅力的だなと思いました。



―ナナの可愛いなと思ったポイントはありましたか?


ナナのずっと不機嫌な顔がめちゃくちゃ可愛いなと思いました。私は猫の絶対に媚びない愛嬌の無い感じがすごく好きなんです。今作でも猫のアップがすごく多いのですが、基本無表情なんです(笑)。それが人間にはない味をものすごく出していて、「本当はこういう風に思っているんじゃないかな?」とか観ながらも色んな想像を掻き立てられるところは、猫ならではだなと思いました。



―高畑さん自身は犬と猫だったら、自分はどっち系女子だと思いますか?


完全に猫系女子だと思います。



―ではナナの、のんびりとした気ままな感じは分かりましたか?


すごく分かります。マイペースで、あまりテンションが上下しないのは、自分と通じるものがあるなと思いました。



―ご自身のどういうところが猫っぽいなと思いますか?


あまり人懐っこくないところです。人は好きなのですが、交友関係も深く狭い方なので、近い存在になってからじゃないと甘えられないです。初対面の人に甘えることは絶対にできないですね。あとは自分の頭の中で考えている時間が長くて、「何を考えているか分からない」と言われることもあります。犬みたいに可愛らしくて、手を広げたら抱きついてくるような感じが自分にはないと思います。



―高畑さん自身が猫になるとしたら、家猫がいいですか?それとも野良がいいですか?


性格的には野良の方が自由でいいなと思うのですが、食事の心配がありそうですよね…。家猫だとちゃんと世話をしてもらえるから、ご飯を毎食約束された外猫がいいです(笑)。



―悟は、ナナやハチがいたから頑張れたこともあるだろうなと今作を観て思いました。高畑さんにはそのように頑張れる源のようなものはありますか?


ご飯です。何か大きい仕事が終わった時や、両親が東京に出てきた時に一緒に美味しいものを食べに行ったり、ちょっと疲れてきたなと思ったら美味しいものを取り寄せてみたり。普段の食事は質素なのですが、何かあったときに美味しいものを食べるということをご褒美にして、頑張ることは多いです。



―映画の見どころを教えてください。


私自身、ナナだけでなく、今作に出てくる猫や犬の表情にすごく魅了されましたし、「実際に動物たちはこうやって会話しているのかな?」とかちょっと思ったりもしました。動物が出てくる作品は多くあるとは思うのですが、今作ほど動物が人間と同じように意思を持って喋るような作品はないと思うので、動物俳優さんたちの表情にも注目して観てもらいたいなと思います。



―高畑さん自身が今後挑戦してみたいなと思うことは何かありますか?


そば打ちに挑戦してみたいです。仕事はもちろんプライベートも自分にとってすごく大事だなと思っています。温泉や写真展に行ったり、人と会ったり、そういう時間が自分にとってすごく大切なので、その流れでそば打ちをしてみたいなと思っています。



 

高畑充希

1991年生まれ。大阪府出身。

2005年に山口百恵トリービュート・ミュージカル「プレイバック part2~屋上の天使」オーディションで主役を獲得。07年から6年間「ピーターパン」の主演を務める。『ドルフィンブルーフジ、もういちど宙へ』(07)で映画デビュー。その後もNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」(16)、『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』(16)、『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』(17/声の出演)、『DESTUNY 鎌倉ものがたり』(17)などに出演。今後は、『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』(12/28公開)、『引っ越し大名!』(2019年公開)の公開が控えている。11月には、2019年カレンダーを発売予定(11/2発売予定)。



元野良猫のナナは、交通事故にあったところを心優しい猫好きの青年・悟に助けられ、5年間、飼い猫として幸せに暮らしてきた。とある事情でナナを手放さなくてはならなくなった悟は、新しい飼い主を探すため、ナナと一緒に、親友や初恋の人など、悟がこれまでの人生で出会った大切な人たちを訪ねる旅に出る。


それは図らずも悟の人生をふりかえる旅となる。強い絆で結ばれた一人と一匹のおかしく、切なく、あたたかい物語。旅の終わりに明かされる、悟の「秘密」とは――。



『旅猫リポート』10月26日(金)全国公開

©2018「旅猫リポート」製作委員会 ©有川浩/講談社

 

募集概要 【サイン&チェキプレゼント】映画『旅猫リポート』でナナの声の吹き替えをする、高畑充希さんにJKメンバーがインタビュー★
応募条件 マイナビティーンズに登録している、13〜19歳の女の子。
募集人数 2名様
応募期間 2018年11月26日(月)まで
応募形態 モニター
当選について 当落は、11月下旬にマイページにてお知らせ致します。
   

このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 答えてサクッとポイントゲット!モニターアンケート募集中
  • JOL原宿
  • JK編集部とは

Ranking