チャレンジ

【サイン&チェキプレゼント】映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』に出演している、千葉雄大さんにJKメンバーがインタビュー★

このエントリーをはてなブックマークに追加

   

映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』に出演する、千葉雄大さんにJKメンバーがインタビューしてきました!


撮影/米玉利朋子、スタイリング/寒河江健(Yolken)、ヘアメイク/堤紗也香



千葉さんの思う本作の見どころを教えて下さい。


音楽が軸の映画なので、劇中で流れる音楽が本当にカッコいいです。コメディのような面白いシーンはもちろん、話が進むにつれてグッとくるシーンもあり、感動もできる映画だと思います。



音楽が本当にカッコいいとのことでしたが、今回はHYDEさんやあいみょんさんが書き下ろした楽曲もありましたが、曲を聴かれていかがでしたか?

HYDEさんが作った曲とあいみょんさんが作った曲はどちらも素敵なのですが、それぞれ色が違うんです。その色の違いが、阿部さん演じるシンと吉岡さんが演じるふうかの違いと合致する感じがあって、良いなと思いました。



今回裏の顔をいくつも持っている、世界的ロックスター・シンのレコード会社担当である坂口という役を演じられていましたが、演じる上で工夫した点や苦労した点はありますか?


ハイテンションなシーンは思いっきりハイテンションに演じて、裏の顔を出すシーンではミステリアスに見えるように演じました。その都度、顔を変えて演じるというのは難しかったですが、やっていて面白かったです。




ちなみに撮影時の印象に残ったできごとはありましたか?


ナマズと戯れるシーンですね。撮影前は、ナマズを触ったこと無かったので「全然大丈夫です」と伝えていて、リハーサルなどではナマズの人形みたいもので練習していたんです。ただいざ本物のナマズと戯れるとなると匂いもすごくて、触り心地もヌメヌメしているし、劇中で「ギャー」と叫ぶところは、演技というよりも自然に出たものです(笑)。



印象に残っているシーンとか女子高生にオススメしたいシーンなどありますか?


阿部さん演じるシンにピザを顔にぶつけられるシーンです。そのシーンの撮影は一回で全て撮ったので、失敗が許されない舞台のような撮影でした。ピザを顔にぶつけられた後に、顔からピザを落とすのも大変だったので、その緊張感も面白くて、お客さんにもみんなの緊張感が伝わると面白いんじゃないかなと思います。



今回演じた坂口以外に他に演じてみたかったなという役はありますか?


今回演じた僕の役は、皆さんに比べると見た目は普通だったので、田中(哲司)さん演じる社長のような、落ち武者みたいな扮装など変わった見た目の役をやってみたかったです。



阿部さんの白塗り姿はとても印象的でしたが、阿部さん演じるシンに迫られてるシーンでの迫力はすごかったですか?


すごかったです(笑)。メイクができ上がる過程も見ていたので、髪の毛まで完璧で。でもちょっと羨ましかったです。自分もやりたいなと思いました(笑)。



今までに様々な役を演じられてきたと思うのですが、これから挑戦してみたい役はありますか?


今回の映画は面白い人がたくさんいたじゃないですか。そんな面白い中の一人になれるような役をやってみたいなと思います。コメディ好きなので。あと役作りで髪を染めたりすることはあっても、格好からガラッと自分を変える役はあまりやったことがないので、ガッツリとメイクやカツラをつけるような役をしてみたいです。



今期のドラマも10月からのドラマも出演されていてお忙しいと思いますが、お休みの日はどのように過ごしていますか?


お休みの日は友達と買い物に行ったり、ご飯食べに行ったりしています。最近は矢本悠馬くんと買い物に一緒に行きました。



ヒロインのふうかは歌手を夢見ていましたが、千葉さんの小さい頃の夢はなんでしたか? 


小さい頃は色んな夢がありました。宇宙飛行士やアナウンサー、考古学者とか。あとはデザイナーにも興味があった時期もありますが、どれも続かなかったですね(笑)。だから、今の役者の仕事が一番続いている夢だと思います。



マイナビティーンズ読者のメインは女子高生なのでお聞きしたいのですが、千葉さんはどんな高校生でしたか?


地味な高校生でした。友達にも積極的に話しかけられないような。仕事を始めた今は話せるようになりました。



もし今千葉さんが高校生に戻れるとしたらやりたいことはありますか?


行事ごとをあまり一生懸命やっていなかったので、文化祭や体育祭とか面倒くさいなと思っていたのですが、大人になって振り返ってみると学生のうちでしかできないことだったので、全力でやっておけば良かったなと思います。部活とかリア充と言われるようなこともやりたかったなと思います。




高校生の先輩として、高校生のうちにやっておいた方がいいことがあれば教えて下さい。



そのときに楽しいと思えることをやっておけば良いと思います(笑)。大人になるとできないこともあるので。あとは友達を大切にして下さい。



夢に向けて頑張る10代の女の子たちにメッセージお願いします。


きっと夢に向かって頑張るって、途中で挫けそうになることもあると思うのですが、続けた人しか分からないことがあると思うんです。それは夢が叶っても叶わなくても同じで、続けるということがすごく大事だなと。夢が叶わなかったとしても、ダメだったからそれで終わりではなくて、そこから何ができるかなと考えた時に、今まで経験してきたこととか夢に向かって頑張っていた過程で、どんどん枝分かれして、新たに興味が湧いてくるものから新しい夢ができてくると思います。なので、夢が叶わなくとも腐らずに頑張ってほしいなと思います。





★応募方法★
1.マイナビティーンズの公式twitterをフォロー


2.下記のマイナビティーンズのツイートをRTしてね!

3.ページの『申し込む』ボタンから応募してね!
※応募する際に、ツイートをRTしたtwitterのアカウント名を必ず記入して下さい。



以上で応募完了♥



 

千葉雄大

1989 3 9 日生まれ。宮城県出身。

2010 年、『天装戦隊ゴセイジャー』(テレビ朝日系)で俳優デビュー。ドラマ『きょうは会社休みます。』 (日本テレビ系)、『家売るオンナ』(日本テレビ系)など話題の作品に出演。映画では『アオハライド』、『黒崎くんの言いなりになんてならない』、『モヒカン故郷に帰る』、『殿、利息でござる!』『ReLIFE』『帝一の國』『兄に愛されすぎて困ってます』などに出演。今後は『スマホを落としただけなのに』(11/2公開)、『走れ!T校バスケット部』(11/3公開)などの公開が控える。10月からスタートする『プリティが多すぎる』(日本テレビ系)では主演を務め、2019年は、ドラマ「家売るオンナの逆襲」(日本テレビ系)、「家康、江戸を建てる 前編」(NHK)に出演。



2つの歌声が出会ったとき。ぶっちぎりのミラクルがおきる!!??

驚異の歌声をもつ世界的ロックスター・シンと声が小さすぎるストリートミュージシャン・ふうか。正反対の2人は偶然に出会い、ふうかはシンの歌声が『声帯ドーピング』によるものという秘密を知ってしまう!しかもシンの喉は『声帯ドーピング』のやりすぎで崩壊寸前!やがて、シンの最後の歌声をめぐって2人は謎の組織から追われるハメに。リミット迫る声の争奪戦 が今、はじまる!!!



『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』1012日(金)全国ロードショー

©2018「音量を上げろタコ!」製作委員会

募集概要 【サイン&チェキプレゼント】映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』に出演している、千葉雄大さんにJKメンバーがインタビュー★
応募条件 マイナビティーンズに登録している、13〜19歳の女の子。
募集人数 1名様
応募期間 2018年11月11日(日)まで
応募形態 モニター
当選について 当落は、11月下旬にマイページにてお知らせ致します。
   

このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 答えてサクッとポイントゲット!モニターアンケート募集中
  • JOL原宿
  • JK編集部とは

Ranking