チャレンジ

【サイン&チェキプレゼント】映画『累 -かさね-』にW主演される、土屋太鳳さん&芳根京子さんにJKメンバーがインタビュー!

このエントリーをはてなブックマークに追加

   

衝撃の映画『累 -かさね-』にW主演される、土屋太鳳さん&芳根京子さんにJKメンバーがインタビューしてきました。

撮影/米玉利朋子


―今作のオファーが来た時の心境を教えてください。


土屋太鳳(以下:土屋):『累』は、キスをすると顔と中身が入れ替わる話なのですが、入れ替わったり戻ったりがすごく多かったです。しかも入れ替わるタイミングが、ご飯を食べながらや喧嘩しながらなど、感情的なシーンでも入れ替わることが多かったので、他の入れ替わるお話とは少し違うなという印象を受けました。原作の『累』を好きな方がすごく多くて、私が演じるニナも美に誇りを持っている設定だったので、正直自分がやるにはすごく力不足だなと思いました。


芳根京子(以下:芳根):原作はたくさんの方に愛されている作品なので、あの世界観を壊さずに『累—かさね−』という実写映画を作り上げるということを、自分にできるのかという不安が初めはありました。自分にはすごく高すぎる壁で、やらせていただくか悩める立場ではないのですが、少し悩みました。でも原作や台本を読ませて頂いて、高すぎる壁だからこそ、これを乗り越えたらかっこいいなと思いましたし、逃げるのは違うなと思ったので、正直、胸を張って「やります」とは言えなかったけれど、今の自分のすべての力をかけてみたいと思い「やらせてください」とお伝えしました。



―初めて台本を読まれた時、お二人はニナと累にそれぞれどのような印象をもちましたか?


土屋:累は顔に傷があるという外から見ても分かるコンプレックスがあって、それによって今までたくさん嫌な思いをしてきたトラウマがある。ニナは見た目も美しく、傍から見ると幸せそうに見えますが、外から見えないだけで、ニナの中にもコンプレックスはたくさんある。台本を読んで、累の自分ではない誰かの顔になりたいという思いや、ニナの気持ちにも共感できるところがあったので、2人のことをすごく好きになりました。


芳根:一応、太鳳ちゃんがニナで、私が累という役割にはなっていたので、原作を読む時は、どうしても累目線になっていたのですが、初めは共感しづらくて。“顔に傷がある”というコンプレックスは、自分では経験したことがなかったので難しいなと思いました。でもコンプレックスの視野を広げた時に自分と重なる部分があったというか、「あの人の綺麗な顔が欲しい」とか「あの人の綺麗なスタイルが欲しい」と思うのはすごく自然な感情だなと思ったので、そう考えた時に累を近く感じられたんです。だからそういう累の感情を1つ1つ自分の感情と合わせていくうちに、撮影がすごく楽しみになりました。ただニナを演じるのは本当に難しいなと思いました。



土屋:ニナは分かりづらいから難しいよね。掘らないと分からないから。


芳根:累の過去に関しては劇中でも描かれていたのですが、ニナに関しては自分で探さないといけないなかったので、すごく難しかったですね。


土屋:分かりやすく自分はひどいことされてきたと言える人と、笑顔でいるけれど本当は色んなことがあって色んな思いをしてきたことを言えない人ってたくさんいると思うんです。台本を読んでいると、ニナはここで笑っているけれど、本当は心の中でこういうことを思っているのかなと想像しながら演じるのは本当に大変でした。


芳根:確かにニナは心に色んな気持ちを抱えていると思うので、奥まできちんとみないといけないなと思いました。もちろん累もそうですが。


土屋:抱えているものの重さは同じなんだけど、分かりやすいか分かりにくいかで表現するのが難しいよね。




―映画を観てお2人の演技に圧倒されました。1人2役そして2人1役の累とニナを演じるにあたって苦労した点などはありましたか?


土屋:累とニナは分かりやすく違うので、前半の入れ替わるスイッチはそんなに難しくはなかったと思います。でも話が進むにつれて難しくなってきました。


芳根:2人で2役をやっていて、太鳳ちゃんが1人で累やニナを演じているシーンを見ていないので、普段だったら自分の演じている役のシーンがちゃんと繋がっているのですが、ボコボコと自分の経験していない累とニナが存在しているので、私が演じる累の前のシーンで太鳳ちゃんは累の気持ちをどこまであげたのだろうと、考えた場面は多くありました。お互い探り合いながらだったので、そこは難しかったです。


土屋:感情の幅が違うので、想像をしてもやっぱり違いました。


芳根:そう。だからちゃんと引いて私達を見てくれている監督にものすごく頼りました。監督が言うから大丈夫だと思ったし、分からなかったら監督に聞くようにしていました。きちんと向き合ってくださる方なので、すごくありがたかったです。ふざけるときは思いっきりふざけてくださるので楽しい現場でしたね(笑)。



―もし劇中にでてきたような他人と入れ替われる口紅を持っていたら、お2人は使いますか?


土屋:使います。絶対使う!



―どんなときに使いますか?


土屋:私は田中裕子さんという女優さんにすごく憧れているんです。「まれ」で共演させていただいたのですが、田中さんの目の表情や感情の表し方がすごく好きだったので、田中さんになってお芝居をしてみたいです。




―顔を入れ替えるときは、本人に「顔を替えてもらってもいいですか?」と聞くのですか?


芳根:「田中さん、キスしていいですか?!」って、なかなかハードル高いですよ(笑)!なかなかのハードルですよね(笑)!


土屋:『裕子さん好き!チュ!』とかかな(笑)。



―芳根さんは口紅を使いますか?


芳根:私は使わないです。使ってはみたいのですが、一度使うと「もっともっと」となってしまいそうで怖いなと思うので、それならその快感を知らないまま生きていたいなと思います。今回の作品で累を通して自分がそういう経験をしたからかもしれないですが、もう既にお腹いっぱい感があります。でも、誰かと入れ替わってみたいなという気持ちは分かります。


土屋:そうだよね。欲が出ると怖いよね。


芳根:自分をしっかりと持っていればいいと思うんですよ。自分を持っている人であれば大丈夫だと思うけれど、多分私はひょろひょろ流されちゃうタイプだから、ダメだろうなぁって(笑)。



―土屋さんは芳根さん、芳根さんは土屋さんのお互いの印象を教えてください。


土屋:きょんちゃんはすごく儚げなイメージだったです。実際お会いしたら、すごくパワフルでエネルギーのある方だなと思いました。向き合ったときに自分の想像を遥かに超えた圧力でくるので、すごくステキな女優さんだなと思いました。例えるならスターマインという花火。最後にバーッとたくさん花火が打ち上がるような感覚に似ているなと思いました。


芳根:太鳳ちゃんとの作品を通しての共演は2回目なのですが、前回の作品では同じシーンが無かったんです。いつかご一緒してみたいとずっと思っていて、ご一緒できるとなったのが今回の2人で戦っていかないといけない作品だったので、勝手にご縁を感じていました。太鳳ちゃんは小柄なのに、すごくパワーがある女性だなと思います。ダンスシーンもあれは太鳳ちゃんじゃないとできなかっただろうし。一緒にこの作品をできて本当に良かった。太鳳ちゃんに出会えてよかったなと思っています。


土屋:嬉しい~。お肉食べに行こうね♡


芳根:行きましょう~♡



―今作では顔を交換されていましたが、土屋さんは芳根さんから、芳根さんから土屋さんに交換してもらえるとしたら交換してもらいたいものはありますか?


土屋:きょんちゃんの眼球と輪郭がすごく素敵だなと思うので交換してもらいたいです。でも交換するときょんちゃんが自分の顔になっちゃうんですよね。それは嫌なので、交換しなくていいです(笑)。


芳根:いいじゃないですか〜!


土屋:ダメだよ。苦労するよ(笑)。


芳根:私は太鳳ちゃんの顔になったら、何にも変装しないで「太鳳です」と胸を張って、渋谷のスクランブル交差点を歩きたいです(笑)。


土屋:きょんちゃんは今でもできるよ!


芳根:いやいや、私は歩いていても何もならないから。


土屋:帽子をかぶっているからだよ!帽子をとったら!


芳根:私は「芳根京子じゃん」と言われるくらいなので。「土屋太鳳だ!!」って言われたいです(笑)。


土屋:そうなるかな〜。なったらいいな。なりますように。不快な思いをさせませんように…。





★応募方法★

1.マイナビティーンズの公式twitterをフォロー


2.下記のマイナビティーンズのツイートをRTしてね!

3.ページの『申し込む』ボタンから応募してね!
※応募する際に、ツイートをRTしたtwitterのアカウント名を必ず記入して下さい。


以上で応募完了♥

伝説の女優を母に持つ淵累(ふち・かさね、芳根)は、天才的な演技力を持って生まれながらも、自らの醜い容貌に強いコンプレックスを抱いて生きてきた。一方、舞台女優・丹沢ニナ(土屋)は、美貌に恵まれながらも、女優として花開かずにいた。そんな2人が、キスをすると顔が入れ替わる不思議な口紅に導かれて出会ったとき、運命の歯車が動き出す。



土屋太鳳

1995年生まれ。東京都出身。

2008年に『トウキョウソナタ』で映画デビュー。その後も『るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編』(14)や『図書館戦争 THE LAST MISSION』(15)など多くの話題作に出演。NHK連続テレビ小説「まれ」ではヒロイン役を演じ、『orange –オレンジ-』(15)、『青空エール』(16)、『兄に愛されすぎて困ってます』『8年越しの花嫁』(17)、『となりの怪物くん』(18)では主演を務める。現在、ドラマ「チア☆ダン」に出演中。今後はTBS10月期日曜劇場「下町ロケット」、『春待つ僕ら』(12/14公開)の公開が控えている。

 

芳根京子

1997年生まれ。東京都出身。

2013年にフジテレビ系ドラマ「ラスト♡シンデレラ」で女優デビュー。2015年にはドラマ「表参道高校合唱部!」でドラマ初主演を務める。その後も『先輩と彼女』(15)、『64-ロクヨン-前編/後編』(16)に出演。2016年10月にはNHK 連続テレビ小説『べっぴんさん』でヒロイン坂東すみれ役を務める。現在、ドラマ「高嶺の花」に出演中。今後は『散り椿』(9/28公開)、『今日も嫌がらせ弁当』(2019年公開予定)の公開が控えている。



映画『累 -かさね-』9月7日(金)全国ロードショー

募集概要 【サイン&チェキプレゼント】映画『累 -かさね-』にW主演される、土屋太鳳さん&芳根京子さんにJKメンバーがインタビュー!
応募条件 マイナビティーンズに登録している13~19歳の女の子。
募集人数 2名様
応募期間 2018年10月10日(水)まで
応募形態 モニター
当選について 当落は、10月中旬にマイページにてお知らせ致します。
   

このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 答えてサクッとポイントゲット!モニターアンケート募集中
  • JOL原宿
  • JK編集部とは

Ranking