チャレンジ

【サイン入りチェキプレゼント】映画『ブラックパンサー』百田夏菜子ちゃんにJKメンバーがインタビュー!

このエントリーをはてなブックマークに追加

   

映画『ブラックパンサー』で、ブラックパンサーこと主人公ティ・チャラの妹・シュリの声を担当した、百田夏菜子ちゃんにJKメンバーがインタビューしてきました!

 

映画の話や10代女子へのメッセージなど、たっぷりとお話してもらったよ。

 

―世界中で大人気のマーベル作品であり、ブラックパンサーこと主人公ティ・チャラを支える妹・シュリという重要なキャラクターへの声優オファーがあった際のご感想をお聞かせください。

 

本当に嬉しくて、オーディション受けてみませんか?という話を頂いて、「絶対受けたい!」と思いました。そこからオーディションまでの間、凄いドキドキが止まらなかったし、「この仕事を絶対、私がやりたいな!」という思いが強かったです。

 

―自分の声が吹き込まれた作品をご覧になっていかがでしたか?

 

自分の声が吹き込まれている作品を初めて観たときに、本当にすごい作品の中に自分がいるということを初めて実感できました。声を収録したので作品に関わっているという事実を理解しているつもりだったのですが、実際にできあがった作品を観るとそのことがより実感できて嬉しかったですし、この仕事をしていてよかったなと改めて心から思うことができました。

―吹き替えをしたなかで印象に残っているシーンはどこですか?

好きなシーンはたくさんあるのですが、結構お兄ちゃんとシュリが言い合う、兄弟ならではの会話がすごく好きです。(兄に対して)「うるさい!」みたいな、国王と王女の気さくな会話がすごくやっていて楽しかったです。あと、シュリの天才科学者ならではの台詞が沢山出てくるシーンでもあったので印象に残っています。

―シュリは天真爛漫な性格ですが、ご自身とシュリの性格で共通点はありますか?

ちょっと暗いシーンでもシュリが来ると場が和み、明るくなると思うんです。私もこんなふうになりたいなと思いました。

私はあそこまで天真爛漫に(兄である国王ティ・チャラへ)つっこんでいけるのかと言われたら少しわからないですが、「元気」だとよく言っていただけるので、そういうところが似ているのではないかと思います。

 

―もしシュリのような天才科学者になったらどのようなものを開発したいですか?


全身を洗ってくれる機械!カプセルみたいなものの中に自分が入ると、車の洗車のように全身を一気に洗ってくれるものが欲しいです。体はボディソープで、顔は洗顔と場所によって丁寧に洗ってくれて、最後には化粧水までも塗ってくれて、「今日はオイルを塗って」と言えばオイルを全身に丁寧に塗ってくれるものがすごく欲しいです。

実際に「髪の毛を洗ってくれる機械が実は存在するんじゃないか」と思って調べたことがあります(笑)。いくらぐらいするのか気になって…。結果なかったんですけどね(笑)。
シュリちゃんだったら絶対に作れると思うので、開発したいなって思います。




―ブラックパンサーはシュリやナキアやオコエなど色々なひとに支えてもらって国王やヒーローとして戦っていました。百田さんもブラックパンサーのように支えてもらっているひとはいますか?


いっぱいいます。私、自分一人だったら何もできないくらいです。ステージ上だとメンバーに凄く支えてもらっていますし、家では家族に支えてもらっています。メイクさんやスタイリストさんに綺麗にしてもらっているからこそ表に出ることができています。色々な人に支えてもらえているから、このお仕事ができているということは常に感じています。









―先日、主人公を演じたチャドウィック・ボーズマンさんに御対面されたとのことでしたが、生のブラックパンサーはいかがでしたか?またその時どのようなお話をされましたか?


かっこよかったです。少ししかお話しできていないのですが、本当に気さくで、優しい方でした。インタビューをさせてもらったときに、「私が日本でシュリをやっています」と伝えると「日本にも僕の妹がいたなんて知らなかった」と言ってくださいました。カメラが回っていないときに、私が「毎日忙しいですか?」と拙い英語で聞いたのですが、そしたら「今はそうだね、忙しいね。でも君と会えて元気になれたよ」と言ってくださって本当に嬉しかったです。








―劇中のティ・チャラとシュリのやり取りをみて、本当に仲の良い素敵な兄弟だなと思いました。百田さんの実際のご兄弟のやりとりと似ているなというところはありましたか?


昔は喧嘩ばかりしていました。私、お兄ちゃんと弟がいるのですが、お兄ちゃんは私が駅までついたら駅に迎えに来てくれたりします。「私が来てよ!」と言っているというのもありますが(笑)。お兄ちゃんは、ももいろクロバーZメンバーのあーりんこと佐々木彩夏ちゃんのことがすごく好きなので、あーりんをだしに使って、「ライブの時にあーりんに会わせてあげたよね?」と言って迎えに来てもらったりしています(笑)。

今でも一緒に買い物に行くこともありますし仲良しではあるので、シュリとティ・チャラの会話を聞いていると、うちの兄弟の会話に似ているなという部分ももちろんあるなと思います。でもかっこよさは全然違いますね(笑)。





―夢に向かって頑張る10代の女の子に向けてメッセージをお願いします。


歳を重ねて思うのは、いくつになっても道は本当に広がっていて、やろうと思えば自分次第で何でもできるなということです。
10代の頃は本当に選択肢だらけだと思います。夢が“ある”“ない”に関わらず「やりたい!」と思ったことをやってみることで、何かに繋がったり、思ってもみない道がひらけたりすると思うので、やりたいと思うことは何でも挑戦してみてほしいなと思います。

 


百田夏菜子

1994年生まれ。静岡県出身。

ももいろクローバーZのリーダーであり、不動のセンター。キャッチフレーズは、「茶畑のシンデレラ」。イメージカラーは赤。 特技は、新体操、ダンス、バスケットボール。映画出演作として主演映画の『幕が上がる』(15)があり、テレビドラマ出演作として、NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」(NHK/16〜17)がある。昨年公開されたアニメ映画『かいけつゾロリZZのひみつ』(ゾロリーヌ役) で声優にも挑戦している。

 


若き国王ティ・チャラ、またの名を漆黒のヒーロー<ブラックパンサー>。

2つの顔を持つ彼の使命は、祖国である超文明国家ワカンダの“秘密” ──“ヴィブラニウム”を守ること。それは、世界を破壊するパワーを秘めた鉱石だった。突然の父の死によって王位を継いだティ・チャラは、人類の未来をも脅かすこの国の“秘密”を守る使命を負う事に。

だが――「私に、使命が果たせるのか…?」

 

 

『ブラックパンサー』3月1日(木)全国ロードショー

©Marvel Studios 2018

募集概要 【サイン入りチェキプレゼント】映画『ブラックパンサー』百田夏菜子ちゃんにJKメンバーがインタビュー!
応募条件 マイナビティーンズに登録している13~19歳の女の子
募集人数 2名様
応募期間 2018年4月2日(月)まで
応募形態 モニター
当選について 当落は、4月上旬にマイページにてお知らせ致します。
   

このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 答えてサクッとポイントゲット!モニターアンケート募集中
  • JOL原宿
  • JK編集部とは

Ranking