チャレンジ

【サイン入りチェキプレゼント】映画『氷菓』広瀬アリスさんにインタビュー!

このエントリーをはてなブックマークに追加

エンタメ

映画『氷菓』の主演を務めた広瀬アリスさんにマイナビティーンズJKメンバーがインタビュー。映画の魅力や学生時代の話までたくさん聞いてきたよ♪



撮影/米玉利朋子


-『氷菓』で、山﨑賢人さんと主演を務めることになった時の心境を教えてください。

賢人君とは17歳の頃から仕事でご一緒したことがありましたし、共演をするのも3回目だったので安心感がありました。人気作品の実写化ということで、一緒に頑張りたいなと思いました。

 

-演じられた千反田えると広瀬さんの共通点があれば教えてください。

好きなものや気になることに対して、夢中になり過ぎて周りが見えなくなることです。私は漫画が好きなので、漫画を読んでいる時や漫画の話をしている時は周りが見えなくなっちゃいます。それ以外は全然違いますね。

 

-今回まっすぐで純粋な千反田えるを演じられてみて、えるに憧れた部分はありましたか?

純粋でナチュラルなところがすごく可愛らしいと思います。お嬢様なのですがお嬢様っぽくないところや、どこか抜けていて可愛いらしいところが、女の子として魅力的だと思います。

 

-千反田えるは過去の謎を抱えて、折木君に解決してもらえましたが、広瀬さんが折木君に解決してもらいたい謎はありますか。

あります。例えば、私がピンクと思って見ているこの冊子は、本当に全員がピンクに見えているのか、小さい頃からそういうことをずっと考えているのが好きでした。「私から見たらピンクだけど、他の人から見たら実はこれはピンクじゃないのでは」とか思っていました。解決しようもないですが、解決してもらいたい謎ですね。

 

-同世代の役者さんが多い現場だったと思うのですが、現場の雰囲気はいかがでしたか?

山﨑君、天音君、藤子ちゃんのそれぞれと過去にも共演したことがあったし、3人もそれぞれ別の現場で一緒になったことがあって、元々全員知り合いだったので最初からワイワイやっていました。年齢もみんな近かったので、学生の頃に戻ったみたいに現場はすごく賑やかでした。

 

-劇中では古典部の部員えるを演じていましたが、広瀬さんは学生時代に何か部活に入っていましたか?

私は高校生の時は帰宅部でした。昔はバスケをやっていたのですが、お仕事を始めてからバスケをやめていたので、部活に憧れはありました。この作品で古典部という部活を知ったのですが、文化系の部活も素敵だなと思いました。正直古典部と聞くと地味な印象を受けがちなのですが、入ってみるときっと楽しいと思うので、高校時代に何か部活に入っておけばよかったなと大人になった今後悔しています。

-映画の公開が秋ということでお聞きしたいのですが、広瀬さんは今年の秋はどんな秋にしたいですか。

今年の秋は食欲の秋にしたいです。おいしいものたくさん食べたいです。今ちょうど朝ドラの撮影をしていて、大阪に行く機会が多いので、大阪のおいしいものをたくさん食べたいなと思います。

 

-今、何かハマっていることはありますか。

運動です。ジムにハマっていた時期は前にもあったのですが、行かなくなっちゃって(笑)。最近また通い始めたら楽しくなってきて、一人で走りに行ったり筋トレをしたりしています。この前ロンドンに行った時も、部屋で朝から筋トレや半身浴をしていました。今は汗をかくことがすごく気持ちいいです。

 

-お休みの日の過ごし方を教えてください。

お昼に起きて、ボーっとして、部屋を掃除して、ボーっとして、マンガ読んで、寝る。基本的に外にはあまり出ないです。ジムには仕事前や仕事後に行っているので、休みの日はインドアです。

 

-女子高生の先輩として高校生時代にやっておいた方がいいことがあれば、アドバイスをお願いします。

全力で遊ぶことです。学校では集中して授業を受けてもらい、それ以外の時間は遊んで下さい! 大人になると、仕事や時間に追われることが増えてくると思うんです。なので、今のうちにいっぱい遊ぶことが一番大事だと思います。私が10代の頃は仕事があったのであまり遊んだ記憶が無く、すごく後悔しているので、みんなはいっぱい遊んで、いっぱい失敗して、いっぱい人に怒られて、大人になるのが一番だと思います。

 

 

-夢に向かって頑張る10代の女の子たちに向けて、メッセージをお願いします。

失敗を恐れないで色んなことに挑戦して欲しいです。私は10代の頃、仕事で色んな失敗をして、たくさん怒られていたのですが、今となってはあの失敗がすごくいい経験で、今に活かせてると思います。今23歳になって、その頃の自分と同じようなことをしている妹に私が怒ることがあるのですが、怒りながらも「自分は大人になったな」「やっと自分がやったことを悪いと認められるようになったんだな」と思う機会が増えました。大人になってから、そんな見方もできるようになると思うので、今は色んなことに挑戦してたくさん怒られて下さい!

 

 

広瀬アリス

1994年生まれ。静岡県出身。

『死にぞこないの青』(2008)で女優デビュー。2009年に「ミスセブンティーン」でグランプリを受賞し、専属モデルとして活動。その後も多くの作品に出演。主な出演作として『スープ』(2012)、『銀の匙 Silver Spoon』、『FRARE~フレア~。』(2014)、『探偵ミタライの事件簿 星籠の海』『全員、片想い・サムシングブルー』『L-エル-』(2016)、『新宿スワンⅡ』(2017)がある。NHK連続テレビ小説「わろてんか」にも出演。来年2月3日には『巫女っちゃけん。』の公開も控えている。

 


映画『氷菓』11月3日(金・祝)全国公開

「やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことなら手短い。」をモットーとする“省エネ主義”の折木奉太郎は、姉の命令で部員ゼロ&廃部寸前の古典部に入部することに。そこに“一身上の都合”で入部してきたお嬢様・千反田える。「わたし、気になります!」となると誰にもとめられない、好奇心のかたまりのような少女だった。えるに巻き込まれ、奉太郎は眠っていた推理力で学園に潜む謎を次々と解き明かしていく。そんなある日、奉太郎はえるから、33年前に起きたある事件の謎を解き明かして欲しいと依頼される…。旧友、福部里志、伊原摩耶花も加わり、神山高校新生古典部として活動を開始した彼らは、事件の真相へと迫ってゆくー。

 


 

募集概要 【サイン入りチェキプレゼント】映画『氷菓』広瀬アリスさんにインタビュー!
応募条件 マイナビティーンズに登録している13~19歳の女の子
募集人数 1名様
応募期間 2017年12月3日(日)まで
応募形態 モニター
当選について 当落は、12月上旬にマイページにてお知らせ致します。

申し込む

   

このエントリーをはてなブックマークに追加




menuメニュー

specialスペシャル