チャレンジ

【サイン色紙&チェキプレゼント】映画『PとJK』高杉真宙さんにインタビュー☆

このエントリーをはてなブックマークに追加

   

映画『PとJK』で大神平助役を演じる高杉真宙さんにJKメンバーがインタビューしてきました!

 

 

完成された作品をご覧になっていかがでしたか?


今回、僕は撮影後の演技チェックをあまりしなかったので、自分がどんな風に演技をしているかというのが分からないままでドキドキしながら試写を観させて頂きました。監督とお会いして本読みをしたときに「もっと不良っぽくして」と言われてから、もっと不良っぽく見せるためにキャラクターを作って練習をしてから再度本読みに挑んでOKを頂いたということもあって、実際はどんな風になっているんだろうというのが想像つきませんでした。

 

仕上がった作品を観ると実際にきちんと不良になっていたので、監督ってすごいなと思いました(笑)。あとは自分が出演していない場面はどんな風になっているのかなと思いながら楽しんで試写を観ることができました。

 

 


複雑な家庭環境の中で育った不良少年という役でしたが、演じていて難しかった点はどのようなところですか?


複雑な家庭環境で育っている少年は泣く時にどんな風に泣くのかなと考えました。大神だけではないのですが、こういう少年は心を開いている人の前ではこのくらい泣くとか、開いていない人の前では泣かずに弱さを隠すとかバランスを考えました。複雑な環境で育っているからこそ、信用できる人できない人の区切りは他の人よりもすごくあると思うので、その部分は難しかったですね。

 

 


今回役作りで金髪にされていましたが、いかがでしたか?


金髪にするのは2回目だったので、1回目のときよりは見慣れているかなと思ったのですが、普通にびっくりしました(笑)。やっぱり見慣れなくて、大丈夫かなと思っていたのですが、現場に入って衣装着て演じているとだんだん見慣れてきました。でも、やっぱり毎朝鏡に映る金髪の自分には違和感がありました。普段の自分とは全く違うので面白かったです。

 

 


大神と高杉さんの共通点を教えてください。


無いですね(笑)。全く違うからこそすごく演じやすいところもありますし、なかなか共感できないから難しいところもあるのですが、今回は原作があるので大神の心情を知ることができました。自分が演じるキャラクターへの理解を深める作業が漫画でできるというのですごく演じやすかったです。なので、共通点が無くても深くキャラクター作り込むことができました。

 

 


同世代の方が多い現場だったと思うのですが、現場の雰囲気はどうでしたか?

 


僕が演じた大神はあまり学校に行っていない生徒だったので、最初はみなさんと一緒になることが少なかったのですが、文化祭のシーンからみんなと一緒のシーンが増えてだんだん仲良くなっていきました。すごく明るい現場でした。主演の亀梨さんや土屋さんはもちろん、特に西畑大吾くんが引っ張ってくれました。西畑くんとはすごく仲良くなれたので彼と話すことが多かったですね。

 

 


映画の見どころを教えてください。

 


警察官と女子高生の恋愛話で、女子高生の子が結婚するというだけで驚きなのですが、その上警察官と秘密の結婚という話はもっと想像ができないですよね。中々進まないムズムズする恋愛模様は見どころだと思います。あとは恋愛だけでなく友達との友情もすごく描かれている作品なので、ぜひ注目して観てほしいです。大神が土屋太鳳さん演じるカコと出会って成長していく過程を観て頂きたいです。

 

 

 


夢に向かって頑張る10代の女の子にメッセージをお願いします。

 


これから大学に進学する方や新社会人になる方、それぞれいると思うのですが、できる限りいろいろな方と話をして欲しいなと思います。その人が経験した話を聞いてシミュレーションできるというのはすごく大事なことだと思うので、そこから将来の選択肢や知識を増やして1歩ずつ夢に近付けていけたらいいのではと思います。ぜひいろんな人と出会って、視野を広げてみてください!

 

 

▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼

今回、高杉真宙さんのサイン色紙&チェキを2名様にプレゼント♥

▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼

 

 

 

【Profile】

高杉真宙

1996年生まれ。福岡県出身。

2009年に舞台「エブリ リトルシング’09」で俳優デビュー。映画では『カルテット!』(12)で初主演、『渇き。』(14)で第36回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞。今後は『ReLIFE リライフ』、『想影』、『逆光の頃』、『トリガール!』などが公開を控えている。

 

 

 


【STORY】

女子高生(JK)で恋愛初心者のカコは、ある日、警察官(Police)の功太と出会う。

カコは男らしい功太に惹かれ、ふたりの恋がスタートするかに思えたが、功太はカコが実は女子高生だと知り、戸惑う…。功太は職務上、女子高生とは軽々しく付き合うことはできない。そこで功太はいきなり「結婚しよう」とプロポーズ!!突然のことにカコはビックリしたが、うれしくて功太との結婚を決める。そしてふたりの内緒の結婚生活が始まった。楽しくてラブラブな新婚生活を夢見るカコは、大人な功太にドキドキさせられっぱなし。しかし、そんなハッピーなふたりを巻き込んだ大事件が発生…!果たしてふたりは、困難を乗り越え、本当の幸せをつかむことができるのか? 

 

 

 

 

映画『PとJK』3月25日(土)全国ロードショー

©2017 「PとJK」製作委員会

募集概要 【サイン色紙&チェキプレゼント】映画『PとJK』高杉真宙さんにインタビュー☆
応募条件 マイナビティーンズに登録している13~19歳の女の子
募集人数 2名様
応募期間 2017年4月24日(月)まで
応募形態 モニター
当選について 当落は、4月下旬にマイページにてお知らせいたします。
   

このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 答えてサクッとポイントゲット!モニターアンケート募集中
  • JOL原宿
  • JK編集部とは

Ranking