チャレンジ

【サイン色紙&チェキプレゼント】映画『PとJK』玉城ティナちゃんにインタビュー☆

このエントリーをはてなブックマークに追加

   

映画『PとJK』に出演、モデル・女優と多方面で活躍中の玉城ティナちゃんにマイナビティーンズのJKメンバーがインタビューしてきました。

 

 

 

 

作品をご覧になった感想教えてください。 


すごく夢のある物語でした。映像の綺麗さと散りばめられたキュンキュンポイントは、きっと原作のファンの方も喜んでくれるはずです。この作品を観ていて幸せな気持ちになりました。 

 

 

 


玉城さんが演じたミカドとご自身の共通点はありますか?

 

 

ミカドとの共通点は少ないですね。逆に共通点がないからこそ、ミカドだったらこうするかなと自分の頭の中で想像しながら役を演じていました。後はミカドみたいな友達が欲しいと観た人に思ってもらえるように意識しました。話し方は少し乱暴だったり、思ったことを何でも言ってしまったりするところもあるのですが、それも相手のことを思っているからこそだと思うので。ミカドにもぜひ注目して観てもらいたいです。 

 

 

 

 


同世代の共演者が多い現場だったのか思うのですが、撮影現場の雰囲気はいかがでしたか? 

 


和気あいあいとしていました。撮影期間中に大神(高杉真宙)くんの20歳の誕生日があって、みんなでお祝いをしました。私は最初人見知りをしてしまうのですが、撮影が始まると段々楽しくなってきて、みんな一体感がやっと出てきたころ撮影が終わって、寂しいなと思いながらクランクアップした覚えがあります。 

 

 

 

先ほど、高校生の頃の憧れの恋を伺ったのですが、玉城さんの高校生時代とはどんな高校生でしたか? 

 


ミカドのようににぎやかなタイプではなく、ひっそりと生活していました(笑)。休み時間ごとに購買に行って、菓子パンを1日3つぐらい食べていた覚えがあります。なんであんなに食べていたのか不思議です。 
あと授業中の50分間、よくずっと座っていることができたなと思います。学生って本当に大変ですよね。勉強してテストして、終わったと思ったらまた勉強して…って本当に思い出すだけで大変。私も高校を去年卒業したばかりなので、わりと最近の話ではあるんですけど、あっという間に終わってしまった3年間だったなという印象があるので、今学生のみなさんには学生生活を楽しんで欲しいなと思います。 

 

 

 

 

高校生の頃はどんな恋に憧れていましたか? 

 

 

『PとJK』のような少女漫画とか読むと、「いいな。私もこういう恋愛したい」と思っていましたね。少女漫画のような学生生活をおくることができたら、きっと楽しかっただろうなぁとは思いますね。漫画のように上手くはいかないと思いますけど、憧れていました。 

 

 


作品の見所を教えてください。 

 

 

警察官と女子高生の結婚という夢物語のような話の中に、すごくリアルな高校生の日常が描かれている部分に注目してもらいたいなと思います。函館で撮影をしたんですけど、景色や夜景が本当にキレイだったので、それも一緒に楽しんで見ていただけると良いなと思います。

 

 

 

 

モデルというお仕事をする上で気を付けていることはありますか? 

 


アウトプットしていくお仕事なので、自分の中が空にならないように、舞台や映画観たり、本を読んだり、どこかにご飯を食べに行ったりして、一つのところにずっと留まらないようにしています。ずっと留まっていると自分の中が空になっていくような感覚になるんです。なので、その都度自分の中に刺激を補給しています。内面的なものも写真に現れると思っているので、そういうところには気をつけています。 

 

 

 


最後に夢に向かって頑張る10代の女の子にメッセージお願いします。 

 

 

私も夢に向かって頑張る10代の1人ですが、世の中には映画や恋などその他にも色んなものが溢れていると思うんです。その溢れているものを見たり聞いたりしながら、自分を作っていくということがすごく大事だと思います。勉強や部活など学生ならではの大変なこともたくさんあると思いますが、自分の夢に対する思いを忘れずに夢に向かって頑張って欲しいなと思います。

 

 

 

 

 

▲▼▼▲▲▼

今回、玉城ティナさんのサイン色紙&チェキを2名様にプレゼント♥

▼▲▲▼▼▲

 

 

 

 

【Profile】

玉城ティナ

ファッション誌『ViVi』専属モデル。主な出演作として映画『天の茶助』(2015)、『貞子vs伽倻子』(2016)。連続ドラマ「ダークシステム 恋の王者決定戦」(2014)など。映画『サクラダリセット』(【前編】3月25日、【後編】5月13日)、「暗黒女子」(4月1日)の公開も控えている。

 

 

 

『PとJK』 3月25日(土)全国ロードショー

【STORY】

女子高生(JK)で恋愛初心者のカコは、ある日、警察官(Police)の功太と出会う。カコは男らしい功太に惹かれ、ふたりの恋がスタートするかに思えたが、功太はカコが実は女子高生だと知り、戸惑う…。功太は職務上、女子高生とは軽々しく付き合うことはできない。そこで功太はいきなり「結婚しよう」とプロポーズ!!突然のことにカコはビックリしたが、うれしくて功太との結婚を決める。そしてふたりの内緒の結婚生活が始まった。楽しくてラブラブな新婚生活を夢見るカコは、大人な功太にドキドキさせられっぱなし。しかし、そんなハッピーなふたりを巻き込んだ大事件が発生…!果たしてふたりは、困難を乗り越え、本当の幸せをつかむことができるのか?

募集概要 【サイン色紙&チェキプレゼント】映画『PとJK』玉城ティナちゃんにインタビュー☆
応募条件 マイナビティーンズに登録している13~19歳の女の子
募集人数 2名様
応募期間 2017年4月14日(金)まで
応募形態 モニター
   

このエントリーをはてなブックマークに追加



  • 答えてサクッとポイントゲット!モニターアンケート募集中
  • JOL原宿
  • JK編集部とは

Ranking